これを読めば洗い物を少なくできる!使う食器を減らす具体的な方法。

ベーコンエッグ

「洗い物がたくさんあって、毎日毎日めんどうくさい」

「洗う食器を減らす事ができれば楽なのに」

と、思ったことはありませんか?

食事に使う食器を減らす事ができれば、洗い物を少なくする事ができます。

そこで、私が洗い物を少なくする為に日頃からやっている事を、書いてみようと思います。

なるべく皿を使わない

フライパンでベーコンエッグを作ったら、皿には盛り付けずにそのまま食べてしまいます。

この時、ご飯もフライパンによそう事で皿を使わずに済みます。

ベーコンエッグは毎朝食べる事にしているので、朝の洗い物がラクにできています。

インスタントラーメンで丼ぶりを使わない

袋のインスタントラーメンを食べる時、スープの量を減らせれば使う器を小さくすることができます。

更に、使うスープを減らす事で塩分量も少なくできます。

また、袋ラーメンを半分にして食べれば、めんの量が減るので更に器を小さくできます。

一度の摂取カロリーが減らせるのもポイントの1つです。

一つの器で一通り食べる

夕食の時は、

  1. みそ汁などのスープ類を飲む。
  2. 次に、野菜サラダを食べる。
  3. その後、煮物などのおかずに手を付ける。
  4. 魚や肉、タマゴなどのたんぱく質類を食べる
  5. 最後にご飯やパンといった炭水化物類を摂る

と、いった具合に食事をしています。

途中で汚れが気になる場合はその都度、水で軽く洗い流します。

使うコップは一つだけ

私は一つのマグカップで様々な飲み物を飲んでいます。

朝にトマトジュースを飲んだ後、軽くゆすいでから牛乳を入れて温め、コーヒーを入れて飲んでいます。

食後はうがいをする為に緑茶を入れて飲んでいます。

ペットボトルのジュースを飲む時も、マグカップで済ませてしまいます。

アルコールを飲む習慣はありませんが、飲むとしたらマグカップで済ませていると思います。

食器を使わない食べ物

バナナ

皮を取れば、そのまま食べる事ができるので重宝しています。

レタス

ちぎって水洗いをすれば、そのまま食べる事が出来ます。

ソーセージ

ソーセージはそのまま食べても問題の無い食材です。

電子レンジで15秒ほど温めると、おいしく食べる事ができます。

ただし、この場合は小皿に乗せて温めなければなりませんが。

電子レンジに直接置いて温める手もありますが、油が少し飛び散りますので、使い終わったら掃除が必要になります。

残りご飯

使いかけのしゃもじがあれば、手にのせてそのまま食べれば茶碗は要りません。

もしくは、手をしっかり洗ったうえで、素手で食べるのもアリです。

まとめ

いかがでしたか?

この方法はあくまで自己流なので、至らない点もあるかと思います。

少しでも洗い物を減らすヒントにしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする