風呂場の掃除を楽するには、毎日のちょっとした心がけから

シャワーの流水

毎日風呂に入っていれば、少しずつ風呂場は汚れていきます。

ぬめり・水アカ汚れ・黒カビを放っておくと、嫌な感触・見た目の悪さ・臭いなどが出てくるので、しっかり掃除をする必要がありますが、掃除は少しでも楽にしたいもの。

このエントリでは、私が日頃から考え実践している風呂場の物の配置や、入浴前後のひと工夫について書いてみました。

入浴時の心がけ

シャワーを使う時は弱めの水流に設定して低い姿勢で使うようにすると、水滴があちこちに飛び散るのを防ぐ事が出来ます。

風呂に入浴前後に蓋を使う時も、冷たい温度の水で軽く洗っておくと、ぬめりを軽減できるので洗う癖をつけておきたい。

ついでに、シャワーを壁や風呂場の隅にも当てておく事で、浴室内のカビやぬめりの防止に努めます。

風呂場に置く物は少なく

シャンプーボトルに水が当たると汚れやぬめりの元なので、置き場所に注意すると同時に本数も出来れば減らせるようにしたい。

石鹸も置く所を決めるのが結構難しく、入浴時にいつも流水が当たって、溶け出して固まったりしてしまう事も。

私は今のところ石鹸を使って洗顔をしていますが、無くなったらボディーソープで済ませる事で、石鹸の使用自体を止めるつもりです。

洗面器は1つあれば十分ですし、風呂場用のイスもあれば身体を洗いやすいものの、無くてもそれ程問題は無いので使っていません。

以前までは風呂場にイスを置いていましたが、あまり使う事無く汚れやカビの温床になるだけだったので、使うのを止めて捨てました。

風呂掃除の道具や雑巾がけの洗剤、バケツなどの道具は風呂場に置いておくと、湿気や臭いの元となって不衛生なので、風呂場に置くのはオススメできません。

他に置き場所が無い場合は、風呂場に置くしかないかもしれませんが、その時はバケツの水をこまめに取替え、バケツの裏もゆすぐようにして、少しでも汚れを取っておきましょう。

風呂場から出る前に

最後に風呂に入った人は、風呂を出た時に室内の熱気を取り去って、壁に飛び散った石けん泡や剥がれた皮脂を、冷水のシャワーで軽く洗い流すのが理想。

少なくとも、風呂の熱気だけは逃がすようにして、ぬるいお湯が蒸発しないようにして湿気の発生を抑えましょう。

お湯や石けんカスはカビやぬめりの原因になるので、放置したまま月日が経つと、頑固な汚れとなって掃除がしにくくなってしまいます。

風呂がまのふたに関しても、日ごろからお手入れをしておかないと、ぬるぬるして気持ち悪い思いをする羽目に。

風呂の残り湯はすぐに抜けば、湿気の発生を抑えられそうですが、翌日洗濯で使うのであれば朝まで抜けないし、抜いたとしても流し残しの水が蒸発しやすく、湿気が逃げにくくなるので中々難しい。

昼間も出来れば換気

風呂の水を夜に抜かなかった場合は、朝に浴室のドアを開けると生温かい湿気が漂ってくるので、なるべく換気扇や窓を開けて浴室の空気を入れ替えます。

風呂の残り湯を使うならこの時に洗濯機に移しておいて、使わない水はすぐに流してしまうと良い。

残り湯を水拭き掃除の為に使うのも良いが、あちこち掃除をするのでなければ、節水効果は少なくて意味が無いかも。

窓を開けたまま忘れてしまうと防犯上マズイので、出掛ける前の戸締りを確認する時に、風呂の窓もチェックしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする