チェーン店か?個人店か?自転車がパンクや故障をした時、修理を頼むならば…

自転車修理店

自転車がパンクをしてしまった場合、大抵は自転車のお店に修理をしてもらうでしょう。

そういったお店がたくさんある場合、どのお店を選べばいいのか悩む事もあるでしょう。

そこで、パンクの修理が出来る自転車店の特徴から、どんな店を選べば良いのか、私の体験を交えながら書いてみたいと思います。

全国チェーン店

全国チェーンの利点は、どこに店があるのかはっきりしているのと、修理が安定している事でしょうか。

平日の場合、日中はあまり混んでいませんが、夕方は割と混んでいる為、修理に時間がかかる事があります。

休日は流石にお客が多いのか、場合によっては修理が完了するのが、数時間後になってしまう事もありました。

朝早くならそれ程混んではいませんが、パンクをするタイミングが決まっている訳では無いので、なかなか辛いものがあります。

個人店

私の経験上、店の外観はあまり当てにならず、良し悪しは実際に利用しないと分かりません。

改装したばかりの自転車店でパンクの修理を頼んだら、作業に不備があったのか、またパンクしてしまいました。

逆に、個人的に満足度が高かったお店は、看板が無ければ自転車店だと分からない程、古くて地味なお店でした。

その時のパンク原因はタイヤの摩耗だったので、日本製のタイヤに交換する事を薦められました。

質が良い分、安物のタイヤよりも高かったのですが、4年経った今でも持ちこたえています。

一方、後ろのタイヤは4年の間に2回交換しましたから、結果的に良い買い物だったと言えるでしょう。

別のケースでは、個人店の定休日とパンクしたタイミングが、被ってしまった事がありましたが、その時は別の個人店を紹介されたので助かった事もあります。

ホームセンター

経験上、修理の予約が多くて時間がかかったり、今日はできませんと言われて修理をせずに帰った事があります。

ショッピングモールに入っているテナントの店なら、修理をしてもらった事がありますが、ホームセンター直営の店では修理をしてもらった事がありません。

パンクの修理の腕に関しては、修理をしてもらった事が無いので良くわかりませんが、修理を断られた時の印象は良くありませんでした。

まとめ

  • チェーン店は修理に定評があるが、混んでいると時間がかかる
  • 個人店は腕前や定休日等によって、評価がバラバラ
  • 予約順で修理の店では、当日中に修理できない事も

どんなに空気圧やタイヤの劣化に気を付けても、異物が刺さればパンクしてしまうので、自分で修理が出来ない限りは、自転車修理店に頼らざるおえません。

パンクの予防だけでなく、自転車店のある場所や修理のクチコミ等、できるだけ情報を集めて備えておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする