自転車で止むおえず歩道を走る羽目に。そんな時に心得ておきたい事

自転車レーンの案内

自転車で街中を走る時には、原則として車道の左側を通行する事がルール化されています。

これにはいくつか例外があってその内の1つが、”止むおえない場合には歩道を通行しても良い”という救済措置です。

確かに自転車で車道を通行し続けるのは困難で、様々な危険要因を避ける為にも歩道を通らなければやってられない場面に出くわします。

そんな時に考えておきたい事が、”歩道を自転車で安全に通りつつ、歩行者をいたずらに恐れさせない”為にはどうすれば良いのか、でこのエントリでは歩道を自転車で通る時の心得について書いてみました。

自転車で車道を走るのは辛い

自転車で車道を走り続けるには、常に危険と隣り合わせであると肝に命じる必要があります。

車道を通るなら自動車と並走する事になるので、接触の危険が付きまといますし、交差点が近づけば乗用車が左折と右折のレーンに分かれるので、道幅が狭くなっている事が多いです。

そうなると一旦歩道に上がらざる終えませんし、交差点を過ぎればまた車道側を通行するという、なんともチグハグな自転車走行をする羽目に。

主要な国道ともなれば、そもそも車道を自転車で走るのがあまりに危険なので、歩道を走らざる終えません。

実際に、私が交通量の多い幹線道路の車道を無理に通ろうとしたら、後続の乗用車に思いっきりクラクッションを鳴らされました。

こうなると歩道を通るしかない訳ですが、これがまた狭い道で歩行者や向かいから来る自転車とすれ違うのがやっと、という何とも微妙な道路でありました…。

大きめの道路だったり新しく整備された道であれば、余裕を持った自転車通行も可能になりますが、そういった道路はまだまだ少ないです。

私の住んでいる自治体を例に挙げると、車道に自転車レーンを設置はされていないし、そもそも道幅に余裕が無い事が多くて、今後に期待が持てそうにありません。

一方、隣の市では所々ではあるものの、自転車レーンの設置がされている場所も増えているので、自治体や場所によって対応はまちまちなのでしょうね。

歩道を通る時に気を付けたい事

まず大事なのが自他ともに怪我をしない事。

日頃ウォーキングをしていると、歩行者の合間をかなりのスピードで通り抜ける自転車を見かけますが、こんな事ではもしもの時に大惨事になります。

止むおえず歩道を通るのですから、そこはスピードを落として通り抜ければいいだけの話で、急いでいるから・面倒くさいからというのは言い訳になりません。

”自転車は原則、車道を通る”というルール以上に大事なのが、”互いに怪我をせずに、気分良く道路を通れる”ようにする事だと思います。

たとえ自転車で歩道を通る事になっても、謙虚な気持ちで歩行者に進路を譲る気持ちさえ持っていれば、なんら問題は無いのです。

自転車に乗っていても地面に足を付けながら少しずつ進む、歩行者の数が多いのなら一旦自転車から降りる、歩行者の波が途切れそうなら一時待機する等、自転車で歩道を通る時の対策はいくらでもあります。

安全第一で自転車に乗るためには、スピードに囚われない事と謙譲の心が必要であり、それは歩道を通る時にも変わる事は無いのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする