ブログを始めた事で、自身に起こった変化や思い知った事

地平線の日没

今年も終わりが近づいています。

今年が良い年でだったかは微妙な所ですが、新しい事にいくつかチャレンジした年ではありました。

そのひとつがこのブログを始めた事で、難しい事が多くて大変ではありましたが、一定の学びはあったと思われます。

2017年の総括として、ブログを始めたきっかけや心境の変化などをまとめてみました。

生活を見直すきっかけになった

このブログで書いた事の中には、実際にやっている事から中途半端に済ませている物、もうやらなくなった事など様々です。

ブログに書いた事がきっかけで、習慣に出来ていなかったのがネットで書いたからと、習慣化の後押しとなった事もあります。

すでに出来ている事でも、まだ改善の余地が無いかと、改めて考える意識が働くようになりました。

逆にブログでいろいろ書いたのに、あまりやらなくなってしまった物もあります。

生活を改善していく事を考えている内に、「そもそも要らないんじゃないか?」と思い立ったからです。

例を挙げるならば自転車についてで、この1年は本当に自転車に乗らなくなりました。

今年自転車に乗った日数は合計で20日もありませんし、最後に乗ったのが50日くらい前です。

ブログでは自転車の整備や、安全について書いたのですが、

「自転車に乗らなければ面倒な事も無くなる」

と思い立って、なるべく自転車に頼らない生活をやってみる事にしたからです。

全く自転車に乗らない訳では無いので、久しぶりに自転車で出掛けた時の心構えとして、今後もブログにエントリをアップするかもしれませんが。

ネットでの発信を経験した

私はネットで足跡、つまり書き込みをした経験がほとんどありません。

10代の頃に少しだけ、ゲーム関係の掲示板に書き込んだりしましたが、今にして思うと随分無礼な事を書き込んでいたのを時々思い出します。

その反省もあってか、10年以上はネットで自分の意見を残す事も無く過ごしていました。

それでもゲームの攻略関係や、自分が気になった方のツイッターを拝見していました、いわゆる”ROMる”というヤツですね。

そんな様々な情報に触れていった最中、これからの時代はネットで発信していくのが重要だと感じて、自分もブログをやってみる事にしたのです。

自分の文章レベルが身に染みた

あまり活字の本を読まないがゆえに、どのような言葉を連ねれば良いのか分からず、文章にまとめあげるのが辛かった。

読書の習慣が無くて学生時代も遥か昔となれば、それも致し方ないとは思っていましたが、これ程レベルが低いとは予想外でした。

少し話は逸れますが、パソコンで文章を書く事もほとんどやってこなかったので、タイピングもかなり遅くて正確性にも欠けています。

文章力の向上やタイピングの質とスピードの改善が、今後の課題のひとつとなるでしょう。

ブログのネタがあっても、それを文章に起こすのが難しかったり、書くネタがそもそも無い! となった時期もあり、更新が滞った時期も作ってしまいました。

ブログをちゃんと続けていく為にも、もう少しこなれた文章をスラスラ書けるようになりたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする