断捨離

断捨離

ゴミ箱は家じゅうにはいらない。ゴミの日用の物が1つあればOK

ゴミ箱は大きい物が一つあれば、他のゴミ箱はいらないかも。ゴミ箱が多いと、ゴミ出しや各ゴミ箱の衛生管理が面倒になります。私は面倒くさがりなので、部屋にゴミ箱を置くのをやめました。どのように止めていったかをご紹介します。
断捨離

汚部屋を急に片付けるのは難しいけど、最低限やっておきたい事

汚部屋が急に片付けられないのは分かるけど、それでも最低限やっておくべき事があります。部屋での急な火災や不快な思いをしない為には、何をすれば良いかを書きました。
断捨離

部屋を片付けるその前に。どんな利点が片付けで生まれるか考えよう

部屋の片付けでどんな効果を求めているのか、しっかり目的意識を持たないと片付けリバウンドが待っています。考えられる目的や私の経験談をまとめてみましたので、よろしければご覧ください。
断捨離

片付けてからが断捨離の本番。リバウンドしない簡単な考え方

せっかく物を捨てて片付けても、リバウンドして部屋を散らかしては意味がありません。一時的に片付けよりも、コツコツと小さな捨てる努力を。筆者のリバウンド例も載せました。
断捨離

CDを捨てられないマインドに陥る原因や、その克服法を書いてみた

cdはなかなか片付けられない厄介な物の1つで、物に溢れた部屋の一角を彩る事は珍しくありません。溜まったcdを片付けるのは手間で、私も苦労させられたものです。
断捨離

片づけをストレス無く済ませたいなら、売る事は考えない方が良いかも

「もう要らないけど高かったし、片付けずに売るに行こうかな」その気持ちは分かるけれど、お金に換える事を考えすぎると、いつまで経っても片付けられないかも?
断捨離

断捨離はちょっとずつやらないと、物への執着を捨てられないかも

断捨離と聞くと物を捨てまくるイメージがあるかもしれませんが、断捨離を短期間でやると上手くいかない可能性があります。断捨離で一番の狙いは物を捨てる行為では無いからです。
断捨離

数百冊の本を徹底的に捨てて、本に対する執着を断捨離した話

以前は本が部屋にたくさんありましたが、今は本への執着を断捨離出来たので、本は数十冊あるだけです。ここに至るまでには、数々のステップを踏む必要があって、かなり大変でした。
断捨離

「断捨離」という言葉に込められた意味について整理してみる

断捨離は国語辞典には載っていない言葉です。この言葉の一文字一文字には、「物を断つ・物を捨てる・捨てた物から心を離す」といった意味が込められています。しかし、断捨離を意味ある物にする為には、更に一歩進んだ意識を持つ事が大切だと考えています。
断捨離

断捨離を成功させるには、物に対する価値観に向き合う事が大切

断捨離のノウハウやテクニックはいろいろありますが、一番大事なのは自分の価値観に徹底的に向き合い、浮かび上がった問題を少しずつ改善していく事です。私も最初は漠然と物を捨てていましたが、それだけでは不十分でした。それに気付いてからは、自分の価値観に向き合いながら片付けるようになりました。