CDを捨てられないマインドに陥る原因や、その克服法を書いてみた

コンパクトディスクの裏側

私は部屋に物が溢れて捨てられない、というよりは捨てる気が無かった頃、CDをたくさん所有していました。

買い物中毒だった事もありますが、遠くのお店に出向いていた事もあり、また来る労力を考えると今買ってしまった方が良い、と言うマインドに陥っていたのです。

後に部屋の片付けを決心する事になるのですが、CDを捨てる覚悟を決められない理由や、処分作業をはかどらせる思考法を書いてみました。

CDを捨てるのは難しい?

CDは一枚一枚のサイズが小さいので、部屋を片付ける時に優先順位が低くなりがちです。

まだ再生が可能で使えるとなれば、もったいなく感じて捨てられない、と言うのも分かります。

私の場合も、部屋の片付けを決断した段階では、CDを処分する意識を持っておらず、途中から捨てるようにはなりましたが、まだ完全には捨て切れていません。

ほとんど捨てられた本やゲームに比べると、私にとってディスクメディアはやっかいなシロモノのようです。

市場の価格が安い物は捨てる!

私がすでに捨てたCDのほとんどは、店頭やネット通販で安く売られている物が多いので、もし後悔しても取り戻せるからと思い切って捨てた物ばかりです。

実際に買い戻すと余計な費用が発生するので、時間やお金がもったいない気もしますが、捨てて後悔してしまう事は稀です。

私のケースでは買い戻した例がほとんど無く、捨てる作業もはかどるようになったので、思い入れが無くて値段も付かないCDはさっさと処分して、中途半端な所有欲もろとも捨て去る事をおススメします。

【実践例】ディスクメディアの処分法

何でこんなもの喜び勇んで買ったんだろう…といった物を捨てるのは簡単でしょうから、迷いなく捨てても問題ありません。

捨てるのが惜しいと感じるCDはなかなか捨てられない物ですが、今までロクに再生していないならやっぱり要らない可能性が高いでしょう。

  • 久々に聞いてみたら、心が躍った!
  • あまりの感動に鼻水が出ちゃった!

といった物でなければ、残しておいてもガラクタ置き場の住民に甘んじるだけです。

それでも曲をキープしておきたいのなら、パソコンにデータを取り込んでCDを捨てる手もありますが、オリジナルのディスクを残さない事を考えると、著作権的におススメできません。

データのダウンロード配信といったサービスもありますから、CDメディアでの所有にこだわらないなら、導入してみる価値はあります。

著作権保護といった観点を考えるなら、CDを捨てる際にも一工夫が必要で、再生出来ない状態にしてゴミ捨て場に持っていくのが望ましいでしょう。

私の場合は、古くなった爪切りを使ってヒビを入れた後、要らないプラスチックケースに入れて捨てますが、CDに入れたヒビで指を切らないように気を付けます。

ケースと言えば、ディスクを収めるトールケースも数が多いと重くてかさばる物なので、CDだけ残して入れていたケースだけ捨てる手もあります。

この場合は不織布のCDファイル等、別にケースを用意する必要があるので残すディスクが多いと、却って煩わしい思いをする事になるのでほどほどに残しましょう。

私は所有してきたCDの半数以上を捨ててきましたが、まだ捨てられていないディスクはケースファイルに眠っているので、これをいかに減らすかが私の今後の課題です。

お気に入りのCDは厳選しよう

そもそも自分はどうしたいんだっけ? と思う所から、自分の価値観と向き合う時間が始まりるので、まずは自分を揺さぶる曲は何か、しっかりと厳選する必要があります。

中途半端に楽曲へ興味があって何となく買い物をしていると、CDは溜まってしまう物ですから自分のお気に入りは何か、日頃から考えておきたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする