片づけをストレス無く済ませたいなら、売る事は考えない方が良いかも

ネット取引のイメージ図

物を片付ける時にぶち当たる壁は、物を捨てられない事もあるでしょうが、高く売れないか迷いが出る事。

高かったし当時は欲しくて仕方なかった…そんな物を捨てる決心はなかなか出来ませんよね。

私も売る事を検討して、必要以上に労力を費やしていましたが、途中で考え方を切り替えて乗り切りました。

買い取りで陥りがちなマインドについてや、それを捨て去る決意をした経緯をエントリにしました。

要らない物は売った方が得?

昔に比べれば大型のリサイクルショップが多いので、物を買い取るサービスは世の中に浸透しています。

とはいえ、慈善事業でやっている訳でも無いので、こちらの思惑通りに買取が成立する事は難しい。

苦労して店頭に持っていったのに、買取金額が小銭で済まされたなんて光景は、テレビの片付け企画でよく見られる風景です。

ネット買取やら出張サービスで物を売る事も出来ますが、ネット買取は箱詰め作業があり、出張サービスは散らかった自宅を晒す事になるので、気軽には出来ません。

選択肢が多いのは魅力的ではありますが、要らぬ迷いが出ていつまでも片付けられない呪縛を生む物です。

売る事に囚われると、片付けがはかどらない

要らない物なのだから、元の値段が幾らだろうと無用の長物、さっさと捨ててしまえ! という決心鈍らせてしまう、中古店への買い取り依頼。

買う時に高かった物を捨てるのはもったいない、せめて幾らかお金に換えられないか…と誰しも考えてしまうものです。

しかし! このようなマインドに陥ってしまうと、たちまち片付けがはかどらなくなって、要らぬ欲が片付けリバウンドを引き起こす事に。

【実体験】ネットの買取リストと睨めっこ…投げ出した

私も片付け始めた時には、買取をやっているお店に持ち込んでいましたが、途中でやらなくなりました。

私が片付けたいと思っていた物は、本やゲーム類だったのですが、特に本は重くてお店に持っていくのも一苦労。

その上たいした買い取り金額にならないので、バカバカしくてやっていられません。

店内では、「1冊からでもOK!」という趣旨の音声放送が流されますが、真に受けて売りに来なくてもいいんじゃないかと思いました。

ゲームは本に比べればサイズや重量も少ないので、荷物自体は軽いもんですが、問題は取扱い店舗が少ない事。

一応、某有名古本チェーン店でもゲームは取り扱っていますが、新しいゲームでもないと大抵二束三文で買い叩かれ、本と大して変わらない買取金額となってしまいます。

高く売れそうな店は少ない上に遠い事が多く、ネットで買取リストを見つけて照合するのは大変です。

下調べを済ませて持っていくも、実際の買取金額はリストよりも減額される、というオチを何度も経験していく内に、ゲームソフトの買取もやめました。

確かに数千円で売れれば結構な金額ですが、そういった物はゲームでも少ないし、本ならまずありえません。

ヤフーのオークション? amazonのマーケットプレイス?

これらのサービスは確実に売れる見込みが無い上に、更なる手間がかかるので、基本的に却下でしょう。

少しでもお金になる物を捨ててしまうのはもったいないかもしれませんが、お店に行くまでの労力と雀の涙ほどの金額になる可能性が高いのを考えると、片付けの気力にも悪影響だと思います。

要らない物のほとんどは捨てた方が早い

少ない量であれば売りに行く手間を小さく出来るので、買取金額の高さと持っていく労力を検討しつつ、店で売るのは悪くないと思います。

やりすぎると売れるから良いかと、無駄な買い物をする事に繋がるので、高価買取が見込めない物はさっさと捨ててしまいましょう。

そういった物は需要が無いから安い訳で、仮に捨てた後悔をしたとしても、取り戻すのは簡単で数も少ないはずです。

物の処分を終えた後に買い物をした時、

「物を処分するのは大変だったな、本当に自分が欲しい物か、良く考えよう」

といった心構えを備わっていきますから、片付けた後の事も考えながら、要らない物を処分してみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする