押しボタン付きの信号は、通行車が無くともボタンを押して渡るべきか

海外の押しボタン信号

押しボタン信号に出くわした時、アナタならどうしますか?

流石に車の交通が激しければボタンを押して渡るでしょうが、車がまばらだったりいない場合は、押ずに渡った経験があるのでは無いでしょうか?

私もルールに対する意識の薄さや、車の流れを止める申し訳なさから、赤信号で渡ってしまった事もありましたが、今ではちゃんと押しボタンを使うようにしています。

私が、ボタンを押さずに赤で渡ると何が問題になるのか、私なりの考えを書いてみましたので、よろしければご覧ください。

危険は無くとも、ボタンを押して渡ろう

赤信号でも車に引かれる危険が無ければ、渡っても事故にはならないでしょうが、その考えが後に悪影響を及ぼすかもしれません。

ちょっとしたルールを破ってしまうと、それが積もり積もって大きなルール違反も、軽い気持ちで破る事に繋がりかねないからです。

たとえ車がそこそこ通っていたとしても、車の流れを断つのは悪いからと、押しボタンを押さずに渡ってしまう行為に抵抗が無くなると、もしもの時に大変です。

また、それを見た他の人が自分の信号無視に釣られるのは、あまり気分の良い物では無いし、人を危険行為に扇動してしまう事にも繋がります。

自分が”赤信号でも安全なら渡る、危険なら渡らない”という方針を、他の人もやっているとは限らないので、

”あの人もやっているから…”

という考えを助長させるのは気が引けます。

”子供が真似するから”とか”良い手本にならなきゃ”とかカッコつけている訳では無く、相手の年齢や性別に関係無く、真似させてしまう可能性はあります。

押しボタン式の信号はそんなに長くは無いので、車の流れを数分単位で止める訳ではありません。

ルールを守る癖を付ける為にも、たとえ車が走って無かったとしても、ボタンを押して信号を渡るべきです。

ウォーキングの一場面

私もウォーキングのコースによっては、ボタン付きの横断歩道に出くわす事があるので、ちょっと考えさせられる場面ではあります。

時間帯が夕方な事もあって、ドライバーの皆さんは家路を急いでるでしょうから、確かに押しボタン信号で水を差すのは気が引けます。

あの車が通り過ぎればしばらく車が来ないな、といった場面であれば、少し待ってからボタンを押していますが、そうでなければ躊躇する必要は無いのです。

乗用車のドライバーも、

  • 押しボタン信号で止められなくてラッキー

と思っている人ばかりでは無い(多分)と思うので、気に病む事なく安全に、横断歩道を渡らせてもらいましょう。

私は普段、車に乗らないので断言は出来ませんが、ドらバーの気持ちになって考えると、歩行者に前方を横切られるとびっくりしてしまうと思います。

心の隙を無くして事故防止

近年、交通事故は減っていると言われますが、それでも数千件に及びます。

自分がその内に数えられない為には、ちょっとしたルールでも守るようにして、危険行為をしないようなマインドを形成する必要があります。

車がいないから、大丈夫そうだから…と言わずに、押しボタン信号をしっかり押して、安全に横断歩道を渡るようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする