レシピ通りに料理ができないのは、当然と言えば当然かも

外国の料理本

レシピ通りに料理を作っているのに、なかなか上手く出来ない経験は無いでしょうか?

  • レシピの写真みたいな出来上がりにならない
  • ちゃんと味付けは守っているのに、あまり美味しくない

料理を美味しく作りたくてレシピ通りにやってみたのに、上手く出来ないと落ち込んでしまいますよね。

私も自分の好物を自力で作りたかったので、レシピを参考にしていましたが上手く出来ませんでしたが、それなりの物を作れるようになりました。

私がどうして上手く作れるようになったのか、そもそもレシピの役割とは何なのか、についてエントリにしました。

料理のノウハウは数多くあるが…

昔に比べれば、パソコンやスマホが普及していますし、テレビや書籍でもレシピのノウハウは蓄積されているはず。

でも、それだけ料理のレシピが手軽に見れるようになっても、料理が得意な人が多くなった印象はありません。

レシピ通り出来ないのは当たり前?

そもそもレシピは料理の再現法を載せているのでは無く、レシピは参考程度に考えて料理をして下さいね、と言う意味合いなのかもしれません。

レシピと同様の材料を揃えるのはそんなに難しくありませんが、その他の料理の条件を整えるのは、結構難しい事かもしれないからです。

コンロの火力一つ取っても、強火や弱火の火力が全く同じとはならないでしょうし、使う鍋類だって素材や形が異なれば、結果も多少変わるかもしれないからです。

レシピの筆者は出来るだけ初心者に分かりやすくレシピを作成していると思いますが、言語化しきれない部分を書いていない可能性もあり、なかなか難しい問題です。

レシピ通りにモツ煮込みを作れなかった私

私は自分でモツ煮込みを作りたくて、家にあったレシピ本を参考にして作ってみました。

これが全然上手くいかなくて、レシピの分量を参考に味を調整しても、納得のいく美味しさには程遠い物でした。

何度かやっても同じような失敗をしていたので、思い切ってレシピの内容を自己流にアレンジする事にしました。

それでも上手くいかない時期はありましたが、自分なりにコツをつかんでいくに従って、納得のいく味にする事が出来ました。

結局レシピで参考になったのは、料理の流れをだいたい真似たくらいで、味付けの調味料を極端な分量にしない、程度の参考にしかなりませんでした。

レシピは参考程度に、試行錯誤を繰り返そう

料理が苦手な原因は、レシピを忠実に守りすぎているのと、初めから上手くやろうとして出来ないから、料理が嫌になってしまうのだと思います。

結局レシピ通りに作るのは難易度が高く、誰でも出来るような事では無いと思うので、レシピは参考までに料理をした方が良いのかもしれません。

自分なりに試行錯誤をしながら料理をしていくのが、料理が上手くなるコツだと思うので、些細な失敗を恐れずに取り組んでみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする