歯医者の検診は面倒くさいし忘れちゃうけど、それでも行った方が良い

歯の医療器具

虫歯を予防するには定期健診が重要とは言われますが、なかなか行く時間が取れなかったり、歯医者を遠ざけて行かない事が多いもの。

それでも定期健診は大事だと思いますので、検診のメリットや虫歯発見以外に重要な事など、歯医者の検診に関する事をエントリにしました。

虫歯治療後、定期検診を薦められる

虫歯の治療が終わった時には、数か月後や半年後に歯の検診をする事を打診されます。

でも、治療が終わった安心感や解放感、時間経過による油断によって、再び歯医者を訪れるようにするのは、なかなか難しい事だと思います。

結局、虫歯を新たに作ってしまい、また歯医者に通い詰める事になる、なんてのはありがちなパターンですね。

やっぱり検診に行く習慣を付けた方が良い

また、虫歯治療の辛さを味わう位なら、やはり定期健診に行った方が、虫歯予防の為にはベストだと思います。

虫歯は初期の段階では自覚症状があまり出ないので、痛くなり始めた時には結構重度の虫歯となっています。

虫歯になってしまっても定期健診に行っていれば、治療が簡単な初期の段階で虫歯を治す事が出来ます。

検診に行かず、また虫歯になった事、数回

かくいう私も、虫歯治療後は定期検診を受けた事がほとんど無いので、虫歯はいつもそこそこの進行度でした。

とはいえ、自覚症状の無い場合がほとんどで、学校の検診で虫歯を診断されて歯医者を訪れる、というのがいつものパターンでした。

社会人になってからも、歯が欠けてきたから慌てて歯医者に行き、欠けた歯以外にも虫歯があって同時に治療する、といった感じです。

親知らずが断続的に欠け続けても放置したし、大分深い虫歯もそのままにしていた為、後で神経を取る羽目になった事も。

これ程までに何度も歯の治療をしていると、流石に自分の落ち度に懲り懲りしてきたので、これからは治療後の定期検診はちゃんと受けるつもりです。

定期的に検診へ行く事で、歯のケアが正しいか知ろう

虫歯治療で大事なのは歯医者に行っている間だけでなく、治療後に新たな虫歯を作らないようにする事です。

検診の目的は虫歯があるかどうかを知ると同時に、治療後から検診までの歯に対するケアが正しいか、しっかり知る為にあるという訳です。

治療が終わっても油断せずに、しっかりと歯のケアについて取り組んでいきたいものですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする