ダイエットしたい。どんな運動をするべきか…と悩んでいる方に読んで欲しい

道路と靴のつま先

ダイエットの効率を高めたいなら、適度な運動をする事が不可欠といえますが、運動にもいろいろな方法があり、

  • ジョギング
  • サイクリング
  • ウォーキング

等が代表的な物として挙げられますが、私がおススメするのは実際にも行っている、ウォーキングです。

ジョギングやサイクリングも、ダイエットの方法としては悪くは無いのですが、私自身にはあまり合わない方法でした。

このエントリではそれぞれの方法が持つ、メリットやデメリットについてまとめてみました。

 公道でジョギングをするのは大変

歩道を走り続ける場合は歩行者への配慮が必要ですし、歩道と車道が別々になっていない場所では、乗用車との兼ね合いも考える必要がでてきます。

ノンストップで走り続けるのは、安全の確保を偶然に頼らざるおえなくなるので、この点においても注意が必要になります。

止まる事なく走る事にこだわる必要はありませんが、一度止まると再び走り始めるのが辛い事もあり、それなら最初からウォーキングをした方が良いと感じました。

歩道が広くてずっと続いている道があるとか、近所の公園にマラソンコースが整備してある等、ジョギングに適した条件が揃っているなら、やってみるのも良いでしょう。

 自転車はいろいろと面倒くさい

サイクリングは時間単位のカロリー消費が一番多いのですが、ダイエットやトレーニングの目的だけで自転車に乗るのは、あまり効率が良くないと思います。

自転車の状態に気を配る必要がありますし、自転車が通るのに適していない道路も多いので、安全を確保し続ける手間が多くなります。

普段、使わない筋肉を鍛えられるメリットがあるものの、逆に言えば日常生活で使わない部分を鍛えても、暮らしに役に立つ事は無いと思います。

買い物のついでとか、通勤・通学で習慣化しやすい等、シナジー(相乗効果)が高められそうなら、悪くは無い方法だと思います。

ウォーキングは手軽に始められる

体力が無くてもジョギングよりは始めやすくて続けやすいですし、サイクリングと違って自転車の整備や安全確保の手間が少なくて済みます。

ダイエットの為に日頃の運動を習慣にするなら、雨の日が続いたとしても、習慣化の為にある程度はやっておく必要があります。

雨の日に、ジョギングやサイクリングをするのは無理がありますが、ウォーキングを差しながら行うのは多少の注意は必要ですが、それほど難しい事ではありません。

デメリットとしては、走りや自転車に比べて運動効果に劣る為、ダイエットの成果がなかなか出ないと焦らずに、根気よく続ける必要があります。

まとめ

私はウォーキングでダイエット出来ましたが、サイクリングやジョギングは続けるのが難しかっただけで、絶対におススメできない訳でもありません。

どの運動にもメリット・デメリットが存在し、これこそがダイエットにベストな運動だ! と断言する事は出来ません。

自分の生活スタイルや環境に合った方法を見つける事が、運動を無理なく習慣に出来て、ダイエットにつながる近道だと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする