0カロリーの飲料を飲まなくてもダイエットは出来たし、中途半端な飲み物だった記憶しかない

数字の0 イラスト

ダイエットに励んでいた時の話ですが、炭酸飲料やおやつを減らしている時に、0カロリーのジュースを飲んだ事がありますが、飲み続ける事はありませんでした。

普通のジュースを飲んでいても減量自体は出来たので、0カロリーの飲料がダイエットに役に立つとは限らず、むしろ悪影響まであるんじゃないかと考えています。

0カロリー飲料の欠点は

単純に美味しくない

0カロリーのジュース類では人工甘味料が使用されており、通常の清涼飲料水で多く使われている、果糖ブドウ糖液糖は使われていません。

その為か、味は普通のジュース類に比べて甘みがほとんど無いので、0カロリーの飲料はあまり美味しい物ではありません。

私としては、本来の味が楽しめないのであればジュースを飲む意味がありませんし、甘みが無い分お安くなっている訳でもないので、メリットがどこにも感じられません。

ピザやチキン等、ちょっとしたご馳走と一緒に0カロリーの物を飲めば、総合的なカロリーは抑えられそうですが、それではささやかな贅沢が楽しめませんし、健康に気を付けるのであればミルクを飲むなど、不足がちな栄養素を補う事を考えた方が良いと思います。

量が多くて飲み切れない

0カロリーの物は容量が多い物がたくさんあり、350ml缶・500mlペットボトル・1500mlの大容量の物と種類が多いです。

仮に口に合わない味だった場合は、残りを飲み切るのはかなりの苦行となって、どうして買っちゃったんだろ、と後悔する事に。

個人の感想としては、ぜんぜん美味しくないからこれ以上は飲みたくないのに、まだこんなに残っている…どうしようか、と悩んでいた記憶しかありません。

結局、飲み切れずに捨ててしまう事もあり、売れ残って安くなった物(人気が無いから?)を数本を買ってしまった時は、結果的に損をした気分になりました。

正直な話、0カロリーのジュースを飲むくらいなら、量の調節や調達が簡単に出来る、水道水を飲んだ方が良いと思っています。

カロリーオフでも中途半端

物によっては0カロリーではないけど、普通のジュースよりもカロリーを抑えている物があるのですが、これも美味しいと感じた事は無く、不満が残った記憶しかありません。

下手にカロリーを調整した物を飲むくらいなら、最初から普通のジュースを飲んだ方が満足度が高いので、無駄にストレスを溜める事も無いでしょう。

健康に気を使うなら量や回数を減らせば良いですし、「カロリーを抑えているジュースを飲んでいるから」と、別の高カロリーの物に対する意識が、薄れてしまう恐れがあります。

そうなっては、何の為にカロリーを抑えたジュースを飲んでいるのか、目的を見失ってしまいますから、安易な考えでカロリー調整飲料に手を出すのはよくないと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする