毎日の洗い物をラクにしたい人へ!シンクの環境を改善する方法

流し台 シンク

洗い物は毎日欠かすことができない事ですが、いろいろな悩みが出てくると思います。

  • 洗い物で溢れかえったシンクは見るだけでうんざり。
  • 実際に洗い物をしてみると狭くて狭くてしょうがない。
  • 洗い場に立つといつも変なにおいがする。

そんな悩みを解決するべく、私がやってみた事を書いてみたいと思います。

洗い桶はいらない

洗い桶がなければそれだけシンクのスペースが広くなります。洗い物の時に手や皿をぶつけることも無くなります。

桶はこまめに洗わないと、すぐにぬるぬるしたり黒ずんだりします。傷もつきやすいのでしっかり管理しないと、すぐに不衛生な洗い桶になってしまいます。

実体験として、使い終わった食器をついつい中に置いてしまい、調味料や油のプールにしてしまったので使うのをやめました。

それらの汚れはカビや細菌にとっては最高のエサになってしまいます。

三角コーナーを置かない

三角コーナーを使わない事で、洗い桶ほどではありませんがスペースの確保になります。

三角コーナーは料理の時に出た野菜の皮や芯などを、一時的に集めて水分を取るのが本来の使い方です。

しかし、手洗いや食器を洗っているうちに三角コーナーも濡れてしまって、野菜の水切りがうまくできない事があります。

悪い例として、時間が立って食べれなくなったものを水切りに使い、そのまま放ったらかしにして臭いの原因を作ってしまいました。

似たような事として、食べ終わった魚の骨やら皮を捨てしまった事もあります。

ゴミ箱にそのまま捨てればいいだけの話なのですが、シンクに食器を置く事を優先してしまい、その流れで三角コーナーに捨ててしまったのです。

結局、面倒くさがらずに直接ゴミ箱に捨てたほうが手間もかかりません。

上記のような理由で、私は三角コーナーを使うのをやめました。

たまねぎ 切った

排水溝はこまめに管理

朝起きたら水道を使う前に、排水溝のゴミを捨てると効率がいいです。水切りが夜の間にある程度できているからです。

あまりため込んでしまうと水が流れにくくなりますし、長時間放置してしまうと細菌が繁殖し、においの元となってしまいます。

洗い物がでたらすぐに洗う

せっかくシンクのスペースが広くなったのに、洗い物をため込んでしまっては意味がありません。

料理が終わったら調理道具は、すぐに洗うようにするといいかもしれません。食事後に使い終わった食器といっしょに洗うのは骨が折れるからです。

それほど汚れていない食器から洗った方が、気分的に楽ではかどります。

汚れがひどいものを水につけておく場合も、1時間以上つけておかないように気をつけます。

それ以上のつけおきは細菌が繁殖してしまって逆効果だからです。

まとめ

  • スペースを確保するために余計と思った物を減らす。
  • 排水口のごみはこまめに捨てて、においを抑える。
  • 洗い物が出たらなるべくすぐに洗う。

洗い物は毎日出るからこそ、少しでもストレスを減らせるような環境づくりをしたいものです。

私の知識が少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする