初心者の方に見てもらいたい、洗い物がラクになる効率の良いやり方

キッチンのシンク

自宅で食事をすれば、洗い物は必ず出る物ですよね?

毎日やらなければならない事だからこそ、少しでも楽にしたいもの。

そこで、私がいつもやっている、洗い物のやり方を書いてみようと思います。

下準備

水切りカゴの整理

洗い物を始める前に、水切りカゴの中を空にしておきます。

洗い物をしたのに、水切りカゴのスペースが無いのは困りますから。

汚れを出来るだけとっておく

お皿についたソースや油汚れは、いらない紙や布で拭き取ると良いです。

拭き取らずに水につけてしまうと、油が水をはじくので、あまり意味が無くなってしまいます。

新聞紙はインクが移ってしまうので、おススメできません。

納豆の粘りは、水につけただけでは落ちないので、手でこすって落とします。

卵を溶いたボウルなども、使い終わったらすぐに洗い流しておきます。

黄身が固まってしまうと、水につけても効果が薄いからです。

調理器具について

調理器具は使い終わったら、すぐに洗った方が良いです。

食事の後に、使い終わった食器と一緒に洗うのはすごく疲れますし、水切りカゴも混雑します。

特に、油汚れは冷めると固まってしまうので、洗いにくくなってしまいます。

使い終わったら、すぐに油を拭き取る癖をつけておくと良いです。

漬け置きについて

長時間の漬け置きは、雑菌繁殖の原因になるので、長くても一時間程度にしておきます。

小物を最初に洗う

最初に箸などの小物を洗います。

後回しにすると、他のお皿を洗っている間に散らばってしまいます。

汚れが少ない物から洗う

汚れが少ないものは、楽に洗えるので作業がはかどります。

その時は、汚れがひどい物に流水が当たるようにすると、汚れを削ることができます。

その時は、皿を落として割らないように注意します。

重たい皿は後回し

重たい皿はスポンジでこするのも一苦労で、水で洗う時も重たくてしんどいです。

洗う途中で落としてしまうと、他の皿を割ってしまう可能性があるので、なるべくシンクの低い位置で洗いたいです

先に他のお皿を片付けてから洗うのが一番だと思います。

最後に汚れがひどいものを洗う。

下準備で油汚れを取り、他のお皿を洗った時の流水を当てる事で、汚れが削れて洗いやすくなっています。

皿を割らない為には

上記でも少し書きましたが、お皿を洗う時はあまり持ち上げないようにしましょう。

なるべくシンクの底からお皿を上げないようにすると、落としてしまっても割れにくくなります。

要するに、高い場所から落とさなければ良いわけです。

ただ、シンクの高さによっては腰を痛める可能性があるので、注意しないといけません。

ちなみに、私の家のシンクは高さが合ってないので、少々やっかいです…。

まとめ

  1. 水切りカゴを整える
  2. 汚れをふき取っておく
  3. 箸などの小物から洗う
  4. 次に汚れの少ない物を洗う
  5. 最後に汚れのひどい物を洗う

以上が、私なりの手順となります。

後は、手が滑って皿を落としても平気なように、なるべく低い位置で洗うのがコツです。

私の知識や経験が、少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする