無計画に物を入れすぎてはダメ!冷凍庫の意外な落とし穴

物がたくさんの冷蔵庫

冷凍庫は冷蔵庫とは違って、物を隙間なく詰めた方が、冷気が逃げにくいので良いとされています。

しかし、無計画に物を入れすぎると、冷凍庫が使いづらくなってしまいます。

使いづらくなる原因と、使いやすくするための方法を書いてみました。

冷凍庫に入れすぎると…

中のものが把握しづらい

物をたくさん詰め込んでおいた方が、冷気がこもりやすくて良いと言われます。

ただし、どこに物があるのかはっきりしておかないと、物を探している間に冷気が逃げてしまいます。

もたもたしていると…

冷凍庫の開け閉めをするたびに冷凍した物が、少しだけ溶けて再び凍る事で、少しずつ品質が悪くなっていきます。

出し入れに時間をかけると、それだけ品質が落ちていきます。

冷凍した残りごはんや、冷凍肉は結局捨ててしまう事に。

私の経験として、2、3週間アイスクリームを保存した結果、氷の結晶がついて、アイスの風味が落ちてしまいました。

長期保存の落とし穴

家庭用の冷凍庫による保管は永久ではなく、1か月程度が限界です。

よって、忘れ去られた物は食べる事も出来ず、捨てる事になってしまいます。

年末の大掃除などで冷凍庫の整理をした時、奥から変わり果てた何かが出てくる事も…。

冷凍室の場所によっては

冷凍室が上にある場合は入れる物が多いと、開けた時に中の物が落下する恐れがあります。

私の場合、開けた瞬間にカップのアイスクリームが、飛び出してきた経験があります。

引き出し式の冷凍庫の場合は、上記のような問題は無いのですが、物が多い場合は底にあるものが見辛くなります。

物をギリギリまで入れた場合、引き出しに物が引っかかって、開け辛くなってしまう事も。

冷凍庫を整理する方法

買いすぎに注意する

トレー肉を2、3パックまとめて買って、余ったら冷凍すればお得、といった物は良く考えて買わないと、結果的に損をしてしまいます。

アイスも安いからと言って、何種類も買わないようにします。

結局、何があったか忘れて、そのまま風味が落ちてしまう事も。

アイスクリームは賞味期限が無いとはいえ、保存期間によっては、あっさり商品寿命を迎えてしまいます。

私の経験として、半額セールでまとめ買いをしたものの、最後の何個かは氷の結晶がついていて、風味が落ちた物を食べるハメになってしまいました。

入れ方を工夫する

すぐに探している物が見つけられて、すぐに取り出せるように配置を工夫します。

冷凍食品の袋や、アイスクリームの入れ物によっては、難しい事もありますが。

中をすっきりさせる

冷蔵庫と同様、冷凍庫の中もすっきりさせる事で、手早く中のものを取り出せます。

ただし、少しでも出し入れに手間取っていると、冷気がどんどん逃げてしまいます。

隙間を埋める

プラスチックの容器などで隙間を埋めると、入れる物が少なくても冷気が逃げにくくなります。

プラスチックには耐用温度がありますので、一応確認しておきます。

アイスの空き箱などを一時的に利用したり、ビニールのカーテンを取りつける手もあります。

まとめ

  • 無計画に物を入れると取り出しにくくなる
  • 出し入れに手間取ると冷気は逃げてしまう
  • 奥にあるのを忘れて捨ててしまう事になる
  • 中の物が飛び出してケガをする恐れがある

上記のような問題を起こさないためにも、日頃から冷凍庫の整理を心がけて、より良い生活を送りたいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする