ゴミ箱は家じゅうにはいらない。ゴミの日用の物が1つあればOK

ゴミを捨てるアイコンイラスト

私は自室にゴミ箱を置いていません。

以前は部屋にくずかごを設置していましたが、ある時思い立って使わない習慣を付け、ゴミ箱を自室から撤去したのです。

流石に台所では生ゴミ用のゴミ箱がありますが、それさえあれば自室にわざわざ、ゴミ箱を備え付ける必要が無かったのです。

私がゴミ箱を使わなくなった理由や、どんな風に脱ゴミ箱を推し進めていったか、をエントリにしてみました。

ゴミ箱は汚れるもの

当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、ゴミ箱は使っている内にどんどん汚くなります。

鼻をかんだティッシュを日頃から捨てていれば、汚れやばい菌が付くのは想像に難くないでしょう。

ビニール袋をかければ問題は無さそうですが、サイズの合った袋が都合よくあるとは限りません。

次第にカバーを交換するのが面倒になると、ゴミだけ捨ててビニール袋を使いまわしがち。

その状態でしばらくしたら、内部の状態がどうなっている事やら。

私はゴミ箱の汚れや管理が面倒なら、いっそゴミ箱自体いらないんじゃないか? と思うようになったのです。

ゴミの日が面倒

各部屋にゴミ箱があると、ゴミの日に家じゅうのゴミを集める必要があります。

燃えるゴミの日は週に3回あるので、回収の日が来るたびに集めるのはなかなか面倒な事です。

私がそれを解消すべく行った事が、ゴミが出たら面倒くさがらずに、台所のゴミ箱へ捨てるようにする事です。

ゴミを部屋のゴミ箱にストックせずに、ゴミの日用の大きなゴミ箱へ捨てた方が、結果的に手間が少なく済みます。

これなら、部屋にゴミ箱が無くても問題なくなるので、くずかごを自室に常備しておく必要性も無くなります。

とはいえ、手が離せないからゴミを一時的に部屋へ置いておきたい、という場合もあるでしょう。

そんな時には、一時的なくずかごを作ればいいのです。

要らない紙を簡易のくずかごに

面倒くさいから1日分のゴミは溜めておきたい、という場合でも、新聞紙で簡単なくずかごを作っておき、そこにまとめておけば良いのです。

私も時々たくさん鼻水が出る時があるので、その時は使い終わったティッシュを、新聞くずかごへ集めるようにしています。

丸一日経過したり、量が集まってきたら、ゴミ捨て用の大きなゴミ箱へ捨てれば良いのです。

新聞紙でなくとも要らないパンフレットや、ダイレクトメール等でも十分に使えます。

ゴミ箱が無くてもゴミをまとめておく事は可能なので、ゴミ箱を各部屋に用意する必要も無い訳です。

今回は私なりのゴミ箱不要論を書いてみましたが、もっとベストな方法がしれませんので、ぜひ、自分なりのやり方を模索してみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする