散髪をシンプルに済ませられる! 丸刈りで得られるメリットとデメリット

黒い電気バリカン

私は昔は坊ちゃん刈りやらスポーツ刈りをしていましたが、思い立って丸刈りをするのが当たり前になってから、10年以上が経ちますが、シンプルな生活を目指す私にとっては、様々なメリットを実感しています。

頭髪を丸刈りにする事で感じられた利点や、人によっては気になるであろう欠点を挙げてみました。

丸刈りの利点

安く済ませられる

丸刈りなら理容店でなくとも低価格カットのお店で十分ですし、両者の仕上がりは大して変わらないので、費用対効果も高くなると思います。

その気になれば自分で刈る事も出来、初期投資はかかりますが電気バリカンを買えば、自宅で髪を切る事が出来るようになり、お店に行く手間や混雑に悩まされる事もありません。

髪を洗うのが楽

お風呂に入る時には毎日頭を洗っていますが、坊主頭なら使うシャンプーの量を減らす事が出来るので、経済的に入浴する事が出来ます。

丸刈り状態だとシャンプーが泡立たちにくくなりますが、髪の洗い具合と泡立ちは無関係だと知ってからは気にしなくなり、むしろ泡立ちが良くなってきたら、そろそろ髪を切るかなと考えています。

髪が短ければドライヤーで乾かす必要が無くなり、タオルを頭に当てるだけで大体の水滴を取ることが出来るので、入浴後の手入れが楽になります。

丸刈りの欠点

丸刈り状態の維持は大変

坊主頭から髪が伸びてくると不格好になってしまうので、形にこだわるのであれば定期的に剃って整える必要があります。

私の場合はオシャレに無頓着なので伸びてきても気に留めず、髪を切る事を面倒(店舗・自宅問わず)に感じているので、2カ月位に1回の丸刈りで済ませています。

人相が悪くなる?

散髪で丸刈りをし始めた頃は、ふと鏡を見た時に何だか悪人面だなあ、と思う事もありましたが、坊主頭で生活をしていくのが当たり前になってからは、ほとんどそんな風に感じる事も無くなりました。

まあ、自意識過剰というか気にしすぎなだけだと思います、街行く人は丸刈り頭なだけなら特別視もしないし、それ程こちらの事を気にも留めていないでしょう。

冬は寒いけど…

冷たい風が吹いている日は髪が短いと確かに寒いですが、それなら帽子を被って防寒すればいいし、私に関していえばほとんど帽子を被っていません。

頭は冷やして足は温めると健康に良いとされる、”頭寒足熱”という言葉もある位で、確かに頭を冷やしていた方が、考えがまとまりやすく集中力が研ぎ澄まされるのを実感しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする