アイスクリームに賞味期限は無いけど、保存状態によってはあっさり不味くなりますよ

お椀のバニラアイス

アイスクリームに賞味期限は無いとされますが、条件をしっかりクリアしていないと、あっさり味を落としてしまいます。

アイスクリームを美味しく食べる為に気をつけたい事や、私の失敗談を書いてみました。

保存状態が悪いと…

冷凍庫の扉を開けたり閉めたりする回数が多いと、わずかな時間でも庫内の温度が上がって、アイスクリームの状態が少しずつ悪くなっていきます。

実際に、我が家では冷凍食品を良く使うので冷凍庫を頻繁に開けており、まとめ買いしたアイスクリームが2週間後には、氷の粒がついて風味も落ちていました。

この失敗からも、アイスクリームに賞味期限は無くとも保存状態によっては、質が落とす事になると分かります。

賞味期限も無いし特売日だからとまとめ買いをして、結果的に風味が落ちた物を食べるようでは、楽しみにしていたはずのアイスクリームを台無しにしてしまいます。

質が落ちて満足度を低下させると、

「風味が落ちる前に、残りのアイスクリームを食べてしまおう」

「イマイチ美味しくないから、量で満足度をカバーしよう」

と、安易な考えで食べ過ぎてしまいがちに。

お店で買ってからの時間

コンビニやスーパーでアイスクリームを買ったら、速く自宅の冷凍庫に入れる必要がありますが、よほど近所のお店で無い限りは状態の良いまま帰るのは難しい。

お店でドライアイスのサービスをしていれば、利用するのも良いのですが、全てのお店でやっている訳ではありません。

アイスだけでなく他にもいろいろ買う訳ですから、アイスばかりに気を使ってもいられませんし。

他にも忘れてはいけないのが、お店へ行く前に冷凍庫のスペースがあるか、しっかりチェックしておく事も大切です。

いざアイスを買ってきて冷凍庫に入れようとしたら、中がギッチギチで入らなかった…では目も当てられません。

私がアイスの特売によく行っていた頃は、店がそこそこ遠い事もあって慌てて帰っていました。

精神的な負担もあったので、危険な事をする位なら特売の日に買わずに、多少高くても近くの店で余裕を持って買うようにしました。

安い物を買う為に遠くの店に行って、保存状態に過剰な気を使う位なら、高くても近くの店で買った方が気が楽ですし。

開封後はすぐ食べる

ダイエットを始めてからはアイスの量も減らそうと、カップアイスを少しずつ食べていたのですが、内蓋を開けた後に冷凍庫へ入れると硬くなり、本来の食べ応えを無くしてしまった経験があります。

容量の多いアイスは値段の面ではお買い得ですが、開けたらすぐに食べないといけないので買う選択肢からは外して、小分けになっている物を選んだ方がいいのかも。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする