自転車の整備が手抜きだったので、修理代が高くついてしまった話

自転車整備する子供

自転車本体の価格は、

「下は1万、上は10万以上」と、

ピンからキリまであります。

今、私が乗っている自転車は3万5000円ぐらいで買いましたが、それ以前に乗っていた安物の自転車と比較しても、それほど耐久性が優れている感じはせず、ちょくちょく修理をしたり部品を交換する事がありました。

そこで、私が自転車の不具合によって、修理や整備でかかった費用を振り返ってみたいと思います。

パンク修理

相場 1000円前後。

金属片が刺さったり、空気圧の不足だったり原因はいろいろありました。

一度だけですが、パンクをしたので自転車屋で修理をしてもらったのに、すぐにパンクをしてしまった事がありました。

別の修理店に見てもらった所、パンクの修理に不手際があったようでした。

なんでも、チューブが部分的に捻じれていたので、その部分だけ空気が入らなかったのか耐久性が悪くなっていたのか、パンクをしたとの事でした。

遠出をしている最中だったので当時は焦りましたが、修理店がパンクをした場所の近くにあったので助かりました。

タイヤ交換

ナイロン製 2500円前後 ゴム製 5000円前後

私が経験したパンクの原因で一番多いのは、タイヤの寿命によるものでした。

流石に何度も経験していると、タイヤが摩耗していないかチェックするようになりました…。

スタンド交換

相場 2500円前後

時間が経つにつれて片側スタンドの影響か、駐輪時に自然と横に傾いてくるようになりました。

いい加減危ないか、と思い部品交換をしてしばらくすると、今度はスタンドのバネが取れてしまいました。

バネが取れて駐輪が困難になり、走行中にスタンドが下りてしまうので修理店への道のりは大変でした。

サドル交換

相場 3000円前後

サドルを固定する部品が折れて外れてしまい、自転車屋で交換をしてもらいましたが、塗装が剥げてズボンを汚してしまいました。

自転車の保管場所が南向きで、塗料が日光の影響で溶けたと思われますが、こんな経験は後にも先にもこれだけです。

塗装が完全に剥げると、ひび割れた革の部分が露出するようになり、乗り心地が良くないので再度交換する事に。

このサドルは塗料が剥げる事は無かったものの、1年くらいでクッション部分が取れ始め、その後半年もしない内に完全に取れてしまいました。

車輪交換

相場 6000円前後

スポークが1本外れても放っておいて、3本ぐらい外れてきたので自転車店に行った所、店の人に車輪がゆがんでいているので、車輪自体を取り換える事になってしまいました。

しかも、部品は取り寄せだったので、すぐには直す事が出来ずにモヤモヤしました。

自業自得と言えばまあ、その通りではあります…。

スポーク交換

相場 1500円前後

その後もスポークが取れる事はありましたが、上記の教訓からすぐに修理をする事にしましたが、1本からだと結構高いですね。

本数が増えれば多少は安くなりますが、結局全とっかえになったら高くつきますし、頭が痛いところです。

故障したけど修理しなかった物

ブロックダイナモ

相場 2000円前後。

経験上、ゴミがたまりやすく、すぐに不具合が起きて故障する印象しかありません。

ダイナモライトにはウンザリしていたので、着脱式の電池式ライトを使う事にしました。

ペダル

相場 2000円前後。

反射板はすぐに緩くなって外れる事が多く、その都度押し込んでいましたが、部品の劣化が進むとペダルの一部が欠けてきました。

ホームセンターの自転車コーナーでペダルを探した所、3000円くらいしたので考え直す事に。

自転車が全体的にガタがきているので、結束バンドによる応急処置で済ませる事にし、完全に壊れたら自転車を買い替えようと思っています。

良い子は真似しちゃダメ。

ベル

相場 500円前後。

経験上、すぐに中の部品が外れたりして鳴らなくなります。

ベルを歩行者を退ける為に鳴らすのもはタブーですし、そもそも、私自身あまり使う機会が無いのでそのままにしています。

まとめ

こうした修理の代金を合計すると、結構お高くなってしまいますね。

そう考えると、3万円程度では部品の耐久力が高いわけでもなく、安物の自転車と比べて不具合に強い、とは言えないと思います。

実際、今乗っている自転車は買った時からタイヤが安物で、サドルやスタンドは2回ずつ交換していますし、もう一台買えそうなくらいにお金がかかりました。

近場でしか自転車に乗らないのなら、中途半端に高い物を買うよりも使い捨てと割り切って、安めの自転車で済ませる方が良いのかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする