自転車で快適に走れる季節は無い!? 1年間のリストを作ってみた

木の下の自転車

私は1年前までは、しばしば自転車で遠出をしていましたが、あまり快適だった思い出がありません。

ひょっとしたら、自転車で遠出をする上で、快適な時期は無いのかもしれません、

そこで、私の経験をもとに

  • 一年間の天気や気温、その他の環境

をまとめたリストを作ってみました。

4月

長かった冬も終わり、気温が上がってくるので快適と思いきや、妙に寒い日もあります。

俗に言う三寒四温という物で、私の家ではまだストーブをつけています。

花粉症の人にとっては、長時間の外出が辛い季節と言えるでしょう。

5月

スギ花粉の季節も終わり、寒い日も減ってくる季節ですが、むしろ気温の急上昇に体が追い付かずに、熱中症になる事もしばしば。

25度以上になるのは珍しくなく、ひどい時には30度近くまで上がる事も。

私の場合、軽い熱中症で体力が落ちたのか、盛大に風邪を引いた事があります…。

日差しもキツくて、半袖では皮膚を焼かれてしまう事も。

乾燥した日には黄砂が飛んでいる事もあって、意外と厳しい季節と言えるかもしれません。

6月

梅雨入りの季節を迎えると、気温は落ち着いてくるものの、湿気が多くなってどんよりした天気に悩まされます。

憂うつな気分になり、自転車に乗るのが億劫になる時期と言えます。

蚊が突然まとわりついてくる事もあって、うっとうしい思いをする事も。

7月、8月

梅雨明けをすると、本格的な暑さがやってきます。

最高気温30度以上の日は珍しくなく、35度を超える事も。

不意のゲリラ豪雨や雷で、思わず足止めをされてしまうのも辛いです。

虫の活動も活発になり、雑木林や畑、川なの水辺では、虫がぶんぶん飛んでいて不快な気分にさせられます。

スズメバチが凶暴になってくる季節なので、出くわさないかヒヤヒヤします。

9月

年によっては最高気温30度を超える残暑が続きます。

突然気温が低くなったかと思うと、夕立が降る事も。

台風の発生が多くなる時期で、接近や上陸による強風や大雨に悩まされる事があります。

10月

ようやく、気温が落ち着き始める頃ですが、まだ秋雨前線の影響で雨に悩まされる事があります。

11月

秋雨の季節も終わり気温も過ごしやすく…と思いきや、急激に気温が下がって寒くなってきます。

目安としては、私の家でストーブをつけ始める時期です。

日が落ちるのも早くなるので油断していると、あっという間に真っ暗になってしまいます。

12月

水が冷たくなってくるので、水分補給は水の冷たさとの戦いです。

虫がいなくなる頃ですが、ときどき季節外れの羽虫が弱い日光を求めて、ぶんぶんしている事がありました。

1月、2月

年が明けると寒さもピークを迎えてきます。

この時期に自転車で遠出をすると。身体が乾燥して手荒れがひどくなる時も。

最強寒波が到来した時は、異様に寒くて風も猛威を振るいます。

ひどい時には大雪が降り積もり、近所ですら自転車で出かけられなくなります。

3月

うんざりした寒さが和らいでくると、今度は花粉が飛び始めてゲンナリする事に…。

まだまだ寒くて乾燥も強く、強風も心をへし折ってくれます。

まとめ

結論としては、自転車を乗る上で快適な季節は無い気がします。

結局、出かける日が

  • 雨が降らない
  • 日差しが穏やか
  • 気温は涼しく
  • 風が強くない

条件である事を祈るしかないようです。

大事な予定がある時に限って、雨の日や強風の日にぶつかったりするんですよね…。

体調を万全にして、対応力を上げるしかないような気がした次第です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする