コンロの油汚れを後回しにしてはいけない!楽に掃除をする為の心構え

火がついたガスコンロ

台所で料理をしていると、油で汚れる事は避けられない物です。

油汚れを掃除するのは、手がベタベタするし面倒だから、やりたくはないかもしれません。

それでも、油汚れは時間が経つと落ちにくくなり、余計に面倒くさくなってしまいます。

そうならない為にも、油汚れの対策や、心がけたい事を書いてみようと思います。

油汚れの基本

冷えると固まる

料理をしている時は液状でも、温度が下がると固まっていき、拭き取るのが難しくなります。

油は水を弾く

油は水と分離する特徴があるので、水拭きをしても中々落ちません。

ホコリが付く

時間経過にしたがって、油にホコリが付いて、更に汚れていきます。

これ程の汚れになると、洗剤付きのスポンジでゴシゴシ洗っても、汚れを落とすのが難しくなってしまいます。

コンロ周りの油汚れ

コンロの五徳周辺

料理の時に飛び散った油はほとんどの場合、コンロの五徳周りに付きます。

ガスバーナーの熱やほったらかしが原因で、油汚れが固まってしまいます。

換気扇周辺

料理によっては湯気に油の成分が含まれており、換気扇がそれを外へ出し続ける事によって、プロペラ等に油が蓄積していきます。

キッチンの壁

換気扇ではすべての油分を排出するのは難しく、取りきれなかった物はコンロ周りの壁や台所中に広がっていきます。

油が飛び跳ねなくてもこういった理由で、キッチンの壁に汚れが付いてしまいます。

コンロ周りの備品

料理に使う鍋や備品に油が付着する事があります。

私の場合は、ヤカンを長い間コンロの側に置いた所、油とホコリの混じった物が付いてしまいました。

油汚れの対策

油が飛び散ったらすぐ対処

すぐに汚れを拭き取る習慣を付ける事で、結果的に楽ができます。

後回しにしてしまうと、油汚れの掃除が面倒くさくなるし、衛生的にもよくありません。

大掃除の1回で済ませない

年末の大掃除だけだと、油汚れが頑固で落ちにくくなるので、こまめに掃除をした方が良いでしょう。

換気扇を掃除するのは面倒ですが、汚れが蓄積しすぎると見るのも嫌になるので、定期的に掃除をする方が良いです。

夏場の気温が高い季節なら、汚れも落ちやすくなるのでオススメです。

使わない物はコンロ周りに置かない

使わない物は洗う機会も無いので、ずっと置いておくと油汚れが溜まってしまいます。

私の家でも、使用頻度の少ないお玉やフライ返しをたまに使うと、油汚れで無駄に手を汚していました。

そういった物は戸棚にしまうか、大して必要が無さそうなら、処分してしまいましょう。

まとめ

コンロの周りに余計な物を置かず、こまめに掃除をする事が、キッチンを油汚れでギトギトにしない秘訣です。

汚れを放置して掃除が面倒くさくならないよう、心がけたいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする