牛乳の賞味期限を気にするよりも、開封・保存状況に目を向けた方が良い

「牛乳の賞味期限が切れちゃったけど、もう飲んではダメなのか?」といった経験がありませんか?

私の経験上、「賞味期限が切れたから、ただちに牛乳を飲めなくなる」と実感しています。

何故なら賞味期限は目安でしか無く、それよりは”開封状況”や”保存状態”が大事なので、これらについて私なりの経験をまとめてみようと思います。

賞味期限は少し過ぎても大丈夫

私は、牛乳を賞味期限までに飲めなかった事が結構あります。

カルシウムは一気に摂っても数時間で排出されてしまうので、チビチビ牛乳を飲むのを習慣にしていました。

そのせいか、牛乳が減るペースが遅くて、買った時点の賞味期限が短かった場合、いつも期限切れを迎えていました。

時には、賞味期限が明日までの牛乳を買った事もありましたが、構わずマイペースに飲みました。

当然、期限切れになってしまいましたが、飲んでもお腹を壊すような事はありませんでした。

流石に何週間も経った牛乳を飲んだ事はありませんが、よっぽどウッカリしない限りは、起こりようが無い事例だと思います。

上記の事からも分かるように、賞味期限はあくまで目安でしかなく、別の要素が牛乳の安全に関係してきます。

具体的には、

  • 開封したか? 開けて時間が経ったか?
  • 保存状態が適切に守られていたか?

が、牛乳を美味しく飲むのに重要なのです。

牛乳のイラスト

開封から4,5日の牛乳はヤバイ

牛乳のパックには、賞味期限が記載されていますが、よく見ると「未開封の場合」と書かれています。

要は、「開けたら賞味期限は関係無くなるよー」と言う事です。

私の経験では、牛乳を開けて3日くらいなら全然平気なのですが、4,5日位で品質が怪しくなると感じています。

それこそ”賞味期限が切れていなくても”です。

私は一度、ヤバい牛乳を口にした事があります。

口に入れた途端「何だこの味は?」と感じたので、すぐに吐き出して残りの牛乳も捨ててしまいました。

その時の私は、「賞味期限内なら開封から何日経っても平気かな」とお気楽に考えていましたが、そんな甘い考えが吹っ飛ぶ出来事でした。

それからは、「牛乳は開封したら、賞味期限に関わらず早く飲むべし」と肝に命じるようになりました。

まあ、牛乳のパッケージにも説明書きがありますが、人間、体験してみないと身に付かない物ですね…。

牛乳が未開封でもアウトな件

ここまでの話を読んで、「未開封で賞味期限から数日なら平気なのか!」と思われるかもしれませんが、そうもいきません。

牛乳の保存状態によっては、開封状態や賞味期限に関係無くダメにします。

話は少し変わりますが、牛乳が普通のペットボトルに詰めて売られているのを見た事がありますか?

多分、無いと思います。

冷蔵のコーナーであれば、紙パックや瓶、特殊なプラボトルが陳列されてはいますが、常温の飲料コーナーでは見かける事は無いでしょう。

何故なら、ペットボトルの飲料は流通の段階では常温で運ばれるので、冷蔵保存が基本の牛乳には適さないからです。

この事からも分かる通り、牛乳は常温に置いたままでいると、たとえ未開封でも状態が悪くなります。

牛乳を買ってからモタモタしていると、それだけ牛乳の寿命を縮めてしまういますから、早く自宅の冷蔵庫を目指すべきです。

それでも、買った物が多かったり買い物に疲れてしまうと、後回しにしてしまう事もあると思いますが、牛乳の安全を考えるなら避けられない問題なのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする