水切りかごの使い方とお手入れの仕方。工夫次第でこんな使い方も?

シンク 水切りかご

洗い物で面倒な物の1つとして、洗った後に乾かさないといけない、という物があります。

水切りかごは、洗った物の一時的な置き場所として役に立つのですが、しっかりとした使い方をしないと、ストレスの元となってしまいます。

そこで、水切りかごの効率の良い使い方と、お手入れの方法を書いてみようと思います。

また、水切りかごの意外な使い方も載せておきましたので、よろしければそちらもご覧ください。

水切りかごの使い方

洗い物を始める前に、水切りかごの中を片付けておきます。

以前に洗った物の上に、洗った物を置いてしまうと、乾いてきた物が台無しになってしまうからです。

水切りかごの中は後で整理するので、この時点では多少ゴチャゴチャしていても、あまり気にしなくても良いです。

洗い物が終わったら、乾きやすさや片付けやすさを考えながら、水切りかごの食器を整理していきます。

それと同時に、出来るだけ食器についた水滴を落としておきます。

特に、皿の裏にある溝に水滴が残りやすいので、出来るだけ落としておくと良いです。

完全に乾かす事にはこだわらずに、残りの水滴は乾いた布巾で拭き取ってしまいます。

乾きやすい物はすぐに片付ける方が、風通しを良くしておく事で、他の物が乾きやすくなります。

こまめに片付ける習慣を身につける事が、コツだと思います。

水切りかごの手入れ

受け皿に溜まった水は、早めに捨ててしまわないと、食器に浸水してしまうのでこまめに捨てておきます。

ただし、完璧に乾燥させるのは難しいので、そのうち水垢の汚れや、黒カビが生えてきてしまいます。

定期的に漂白剤を使って、水切りかごのお手入れをしておきましょう。

意外な使い方

使う食器が大体決まっているのなら、水切りかごを食器棚代わりにしてしまうのもいいでしょう。

毎日使うのであれば、毎日洗う事になるので埃も気になりません。

食器棚は、食器をどかさないと掃除をする事が出来ないので、意外と清潔な環境を保つのが難しいです。

その点、水切りかごのお手入れはそこまで難しくありません。

一人暮らしであれば、試してみる価値はあると思います。

家族と同居している場合でも、自分だけでも実践してみると良いと思います。

実際、使う食器が減ったり食生活も変わるなど、意識が変わっていきました。

まとめ

いかがでしたか?

水切りかごはスペースを取ってしまう物なので、できれば最大限活用したい物です。

水切りかごの中を整頓した上で、洗い物をこまめにやる癖を付ける。

これこそが、洗い物を楽にする為の心構えだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする