自転車で無灯火だろうがライトをつけようが、夜中に走るのは危険だと思った話

夜道の自転車

自転車で無灯火のまま夜道を走るのはルール違反ですが、ライトを付けたからと言って事故に遭わない訳ではありません。

暗い夜道で無謀な自転車運転をすれば、昼以上に事故に遭う危険性が増えてしまいます。

このエントリでは、自転車で夜道を走るのがどうして危険なのかを書いてみました。

無灯火が危険なのは

ライトは自分が夜道を照らす為につける訳ではなく、自分の存在に気付いてもらう為の物なので、無灯火だと前方にいる歩行者や車がこちらを認識できず危険です。

やむおえず、明かりが壊れるなどのトラブルが発生した場合は、自転車を降りて歩きましょう。

ライトをつけた場合は?

昼間の明るさに比べたらライトの光は弱すぎるので、夜道を十分に照らすことは不可能です。

もしも、地面に何かが落ちていても、それを見つけ出すのは難しいでしょう。

ライトをつけているからといって、スピードを出して走るのも大変危険です。

どんなに強いライトでも昼間の明るさには敵わないので、道路の状態を把握し辛くなっている為、危険を察知するのが遅れて大事故につながってしまいます。

街灯が少ない場所では

街灯の少ない道は人通りが少ない事があり、ついスピードを出してしまいがちですが、通行人がいない訳ではないので注意しましょう。

車がそういった所を抜け道として使っている事があり、人通りが少ないからとスピードを出していて、危ない思いをする時もあります。

狭い道路であれば一旦、車が通り抜けるまで安全な場所でやりすごしましょう。

他の自転車も猛スピードで走っている事があるので、自分は無理をせずにマイペースで走るようにします。

街灯が多い場所は?

こういった場所は駅の近くや繁華街が多く、人通りが多いので慎重に通り抜けるようにします。

自転車のライトが街の明るさに紛れてしまって、自分の自転車の存在感が薄くなってしまいます。

他の自転車はお構いなしにスピードを出して通行しているので、自分自身はあくまで冷静に自転車に乗る事を心がけます。

車道の左側を通行するようにして、向かいから自転車が右側通行で来ても慌てずに、距離が詰まる前に回避行動をします。

やむおえない場合は歩道をゆっくり走り、仮に他の自転車が歩行者の合間を爆走していても、気に留めないようにしましょう。

まとめ

いかかでしたか?

自転車は手軽な乗り物ではあるものの、注意しなければいけない事が非常に多く、夜道を安全に走るのがその一つと言えるでしょう。

なるべく自転車では夜道を走らないのが、ベストなのかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする