空気圧不足や金属片だけじゃない!自転車で通る時に気を付けたい場所

砂利道の自転車

自転車におけるパンクの原因は、空気圧不足や金属片が刺さるだけでなく、タイヤに損傷を与えてしまう事であれば、いろいろな物が考えられます。

その1つとして挙げられるのが、無理して悪路を走行する事でしょう。

私が自転車で走っていた時にパンクを経験した場所や、危ないと思った所をエントリにしてみようと思います。

タイヤのダメージに注意したい場所

道路の側溝

車道や住宅街の道路の脇には、排水の為の溝があって、落下防止に備えて蓋がしてあります。

車道では一定の距離ごとに、金網の蓋がハメられているので、自転車で通過する場合には注意が必要です。

古い道路の側溝では金網の部分が取れていて、タイヤが入り込んでしまう事があります。

段差の衝撃によってタイヤが傷つく恐れがあるのと、金網の残っていた部分が刺さる可能性もあります。

歩道と車道の段差

自転車で車道を通行し続けるのが困難な場合は、止むおえず歩道を通る事もあるでしょうが、歩道と車道の間に急な段差がある場合は注意が必要です。

車道から一時的に歩道を通った後、車道に戻る時に段差がある場合、急に降りるとパンクをしてしまう恐れがあります。

実際に、勢いよく段差を降りたら急に破裂音がして、パンクしてしまった経験があります。

安全に気を付けて歩道を通り抜けるとともに、車道に戻る時にも慎重さが必要になります。

一番安全なのは、自転車から降りて通る事が考えられますが、歩道が狭い場合は歩行者との間合いに気を配ります。

車道に戻ってから自転車に乗る時は、車道の広さによっては危険な事があるので、慎重に行動しましょう。

駐車場の付近

駐車場によっては砂利が敷き詰められていて、車の出入りの際に砂利が移動して、歩道や車道に散らばっている事があります。

砂利が割れてとがってた場合は、刺さるとパンクしてしまいますし、タイヤの溝に挟まった物をそのままにしておくと、パンクの可能性が残ってしまいます。

該当箇所を通った場合は、なるべくタイヤの状態を確認しておき、パンクの危険性を減らしましょう。

未舗装の砂利道

道路によっては未舗装な場所があったり、川沿いの道によっては土ではなく、砂利が敷き詰められている所もあります。

パンクに気を付けるのはもちろんの事、バランスを崩して転倒しやすいので、なるべく歩いて通り抜けた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

自転車の整備が万全だったとしても、道路を走る時にあらゆる可能性を考えないと、思わぬ事でパンクをしてしまいます。

急いでいるからといって、注意を怠ってパンクをしてしまった場合は、余計に時間がかかってしまいます。

ゆとりを持って自転車を乗る事が、事故に遭わない事や自転車を故障を防ぐのに、一番大事な心構えだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする