暗くなってからウォーキングをするなら、携帯ライトを注意しつつ使おう

手に握られた懐中電灯

安全にウォーキングをするなら、明るい内に済ませるのが理想ですが、夕方でも日が落ちるのが早かったり、夜しか時間が取れない時もあるでしょう。

私の場合も、ウォーキングは夕方にする事がほとんどなので、季節によっては暗くて見通しが悪くなっているので、明るい時よりも注意して道路を歩くようにしています。

出来るだけ安全を確保しつつ夜道を歩くには、携帯式のライトを使うのが良いのですが、使い方を間違えると大して意味が無かったり、交通事故やトラブルの元になります。

夜道におけるライトの役割

ライトでは夜道を完全に照らす事は出来ないので、限られた光を効果的に使いたい所ですが、使い方を間違えた上に油断していると、事故のリスクを高めてしまいます。

自分が道路の状況を把握出来ているとしても、周囲の人からしてみれば道路は照らされているけども、その光源に人がいるかは良く分からないので、こちらに気付いてもらいにくくなります。

ライトの光は自分の見通しを良くする為にあるのではなく、自分の存在を周囲に気付きやすくして、不意の衝突を回避して事故に遭わないようにするのが、ライトの本来の役割です。

ライトは振り回さない

ライトを持ちながらウォーキングをする時に、夜道で自分の存在をアピールするからと言って、あちこちに光を飛ばしてしまうのは考え物です。

自転車に乗っている人にライトの光を向けたら、転倒してケガをさせる恐れがありますし、自動車のドライバーの目を眩ませてしまったら、とんでもない事故になってしまうかも。

たとえ、ケガが無かったとしても、トラブルの元になってしまうので、ライトの光を向ける場所をしっかりと考えておく必要があります。

ライトの上手い使い方

使うライト自体は、ある程度の明るさがあれば何でもよく、私の場合は電池式で取り外しが可能な、自転車のライトを使ってウォーキングをしていますが、特に問題はありません。

自分の足元周りをライトで照らすのを基本として、歩いている時には前方を照らすようにし、曲がり角では人が来る事を想定して、向こうからも見える位置の道路を照らすと良いでしょう。

ライトの光は街灯の多い場所では光が目立たなくなるので、使う意味が無いように思われますが、ところどころ光が届いていない死角もあるので、油断せずに備えておくことが肝心です。

道路の構造や状況によって、ライトの効果的な使い方が変わってくると思うので、夜道をウォーキングする時には、しっかりと情報を集めて分析していく事が重要です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする