睡眠薬だけで不眠を改善させるより、もっとやるべき事があるかも

カプセルと錠剤 イラスト

不眠症を治療する時には、睡眠薬を用いるやり方がありますが、本当にそれだけで改善するでしょうか?

私も数年近く睡眠導入剤を飲んでいましたが、あまり効果を感じられなくて悩んでいました。

睡眠薬は必要無いんじゃないかと思い立ち、別の視点から睡眠を改善していった経緯を書いてみました。

睡眠薬だけで眠りは改善する?

専門の病院では不眠症の患者に睡眠薬を処方する事があり、私も病院に通っていた頃はよく出してもらいました。

他にも、ドラッグストアにも睡眠導入剤が売り出されていますが、本当に薬だけでぐっすり眠れるようになるのでしょうか?

薬が効かなかったとしても、追加で飲むのは良くない事なので、眠れなければ精神的によろしくありません。

睡眠薬は頼りない物だ

私は数年に渡って睡眠薬を飲んでいましたが、

  • 寝つきが良くなった
  • 途中で起きなくなった
  • 朝の目覚めが爽やかになった

といった経験がほとんどありません。

上記の3つは私が追い求めていた物ですが、結局それらの効果を睡眠薬で得ることが出来ず、これでダメなら何に頼ればいいのかと大いに悩む事に。

特に、寝る前に薬を飲んでもなかなか寝れないのは、今後のスケジュールへの影響や、精神的な焦りを湧き上がらせる、とてもやっかいな物です。

睡眠薬が効かなくて悩んだ話

薬が効かないのであれば、医者に薬を変えてもらうしかありませんが、それも大した結果には繋がりませんでした。

結局10種類くらいの睡眠薬を飲む事になりましたが、眠りの質は改善されないし新たな副作用でイライラする等、良くなるどころか悪化の一途です。

最終的に一番効いていそうな薬を飲み続ける事にしましたが、ベストとは程遠い効果しか出ませんでした。

もう薬になんて頼らない方が良い、と考えてからは薬の量を徐々に減らしていき、最後には飲むのを止めてしまいました。

それでも睡眠に影響は出なかったので、やはり睡眠薬だけでは不眠の突破口にならない、と気付かされる事になりました。

睡眠は様々な要素が関わってくる

私にとって睡眠薬は頼りない物で、逆にどうして効かない・眠らないといった絶望を与えるだけの存在でした。

睡眠薬に頼るよりも、ストレスの元を減らす・適度な運動でほどほどの疲労・就寝前の飲食に気を付ける、等に取り組んだ方が効果はありました。

睡眠薬を飲むよりも自分の生活スタイルに問題が無いか、しっかりと考えながら改善していった方が、睡眠の質を上げられるのかもしれません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする