坂道はリスクの宝庫。自転車で通る時に気を付けたい、下り坂と上り坂の話

緩い下りと上りがある道

自転車で走っていると面倒な場所として、坂道があげられるでしょう。

特に下り坂はスピードを出してしまいがちで、歩行者の立場としてはヒヤヒヤさせられるもの。

そこで、

  • 坂道の進み方には、どんな方法があるのか?
  • その方法だと何が危ないのか?

を、エントリにまとめてみました。

下り坂の基本事項

車道を通れば歩行者への危険は無くなりますが、車と並走しながら坂を下るのは、何かあった時に危険です。

歩道を通る場合は、後ろから自転車が来ていないか、時々チェックしましょう。

スピードを出している自転車がいた場合は、安全な場所で通り過ぎるのを待つと安全です。

どうやって坂を下る?

勢いよく下る

安全を第一に考えるなら、この方法はおススメできません。

他の自転車が猛スピードで坂を下っていると、釣られてしまいがちですが、人は人・自分は自分と言い聞かせます。

人の真似をして大ケガをしたら馬鹿らしいですし、人を傷つけてしまったら台無しです。

何かの時に急ブレーキを掛けた場合は、止まりきれずにバランスを崩してしまいますし、ブレーキにも負担がかかります。

ブレーキを掛けながら下る

適度にブレーキを掛けながら進む事で、そこそこの安全とスピードを両立できます。

ただ、日頃からブレーキの整備をしている事が前提で、ブレーキに不備があった場合は、止まる事が困難になって大事故に繋がりかねません。

それに加えて、

  • より安全な進路を選択する
  • 危険を感じたらすぐに止まる

などの判断力が必要になります。

自転車を降りて進む

この方法が一番安全でしょうが、なかなか厄介な事があります。

自転車が勝手に進んでしまうので、適度にブレーキを掛けないといけませんし、自転車を支えながら坂を下るのは結構つらいです。

坂道が狭い時にはスペースが少なく、後ろから暴走チャリが来た場合は、安全地帯の確保に苦労します。

自転車を身体に寄せて進むので、ペダルが足に引っ掛かったりして、痛い思いをする事もありました。

上り坂の基本事項

共通の心構えとしては、前方から他の自転車が猛スピードで降りてこないか、確認しながら進みます。

さて、どうやって上るかというと…

自転車から降りて上る

体力に自信が無かったり疲れているなら、この方法がベストでしょう。

他の自転車が、元気よく坂を上っていたとしても、触発される事無く自分のペースで進みましょう。

歩道を通る場合は、自転車がスペースを取りがちなので、歩行者や他の自転車を邪魔しないように気を付けます。

立ち漕ぎをしながら上る

バランスが取りづらくてフラフラしてしまうので、この方法はなるべく控えた方が良いでしょう。

どうしても立ち漕ぎをしたい場合は、周囲の安全を確認しながら、無理をしないようにします。

普通に自転車で進む

車道の左側を通るなら、この方法が一番なのですが、それなりの体力が無いとバテてしまいます。

自転車に負担を掛ける乗り方なので、体力の問題と総合すると、降りて通行するのがベストでしょう。

まとめ

坂道を下るにしても、上るにしても、

  • 安全第一を原則とする
  • 自分の体力を過信しない
  • 自転車への負担を考える

と、心がける事で、事故の可能性を減らす事ができるでしょう。

ケガをしては元も子もありませんし、安全に自転車に乗っていきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする