時間とお金はどっちが大事か、そんな不毛な議論こそ無駄な事だ

時間とお金のシーソー

お金と時間、どっちが大事なのかは議論の分かれる所だと思います。

「お金は後で取り返せる可能性があるけど、時間は戻ってこないから大事」

「お金を使えば面倒事を無くせて時間が浮くから、お金の方が重要」

など、様々な意見があると思いますが、私はそれ以外にも大切な要素があると確信しています。

それは、貴重な時間やお金を使って、自分は何をしたいのか? です。

このエントリでは、時間とお金に関する私なりの見解と、これらの価値観から一歩進んで考えた事をまとめてみました。

お金が重要なのは確か

文明社会、ひいては先進国ではお金が無いと生きていけません。

食べ物は基本的に買う物ですし、着る物や住む所を確保しなければならないので、それらを得るにはお金が無くてはいけません。

その他にも光熱費などの生活インフラ代や、現代では通信費も欠かす事が出来ません。

それら最低限の物に加えて、やりたい事に向けての学習や趣味・娯楽を楽しむ為には、やはりお金を欠かす事が出来ません。

お金に対して汚いイメージを持っている方もいるでしょうが、現代社会、特に資本主義の中で生きるのに必要なのは間違いありません。

確かに汚職だとか使い込みなどで、悪いニュースが報じられる事があるにしてもです。

要は、お金に憑りつかれなければ良いだけの話です。

時間が無いと始まらない

どんな事をやるにしても、時間は絶対に必要な物です。

お金を使わない趣味に興じたとしても、時間はそれ相応に費やすわけですから、懐は痛まなくとも”リスクゼロ”とはなりません。

お金で時間を買うなんて概念もありますが、完全に時間を買い占める事は出来ません。

どんなにお金を持っていても、東京から札幌まで10分では行けませんよね?

それに、時間は止める事が出来ない為、今この瞬間にも時間は減り続けるものです。

1日の時間に例えるなら睡眠時間を6時間とすると、朝起きた時点から18時間のカウントダウンが始まる事になります。

  • 食事をしていても
  • 仕事に勤しんでいる時も
  • 本を読み耽ってていても
  • テレビを視聴していようと
  • ゲームに熱中してても
  • ボーっと過ごしていようと

それは分け隔てなく進んでいくモノ。

まあ、熱中しているから時間が短く感じるとか、面倒な事で時の流れが遅い気がするとか、状況によって感覚に違いはあると思いますが。

時間がお金と比べて違う点は、時間は万人に対して平等である、という事でしょうか。

持っているお金は人によって違うけど、時間は誰に対しても一日24時間しか与えられません。

生まれた年や寿命によって全然違う! という意見もあるでしょうが、1日の単位では、

  • 今日は平等に訪れて、時間とともに去っていく

というプロセスに違いはありません。

お金は減ればすぐに分かりますが、時間に関してはなかなか自覚し辛いですから、その貴重さに気付かぬまま年を重ねてしまうのは、実に怖い事だと言えるでしょう。

金・時間より大切な事

お金を求めるあまり時間を浪費してしまったり、逆に時間があっても何となく過ごしてしまって、無駄な時間を過ごしてしまうのは、実にもったいない事です。

結局、時間とお金のどちらかが大事なのでは無く、要はバランスの問題なのではないでしょうか?

数年前まで私は、自転車による遠出をしていましたが、やっていた理由の一つが”交通費”の節約でした。

電車なら数十分で行ける場所に、自転車でわざわざ数時間かけて行く、といった事をよくしていました。

傍から見れば、

「なんて面倒な事をしてるんだろう」

「そんな少しの金の為によくやるよ」

みたいに思われるかもしれません。

それでも当時の私にとっては”かけがいの無い経験”でした。

自転車で馴染みの薄い街を走るのはドキドキしますし、ちょっとした探検気分で気持ちも晴れやかになり、身体は疲れても充実した時間でした。

一方、電車の中でじっとしているのが苦手なせいか、乗る時は精神的にいつも疲れていましたし、それに釣られたのか身体もグッタリとさせていました。

人によって価値観の基準は異なりますから、人に何を言われようとも自分のやりたい事なら、時間やお金を失う事を躊躇わずにやった方が良いのです。

まとめ

確かにお金や時間は大切な物ですが、それ以上に重要になってくるのが、自分はどんな事をやって生きていきたいかです。

いくらお金や時間があったとしても、それらを確保するのに心を奪われて、やりたい事を犠牲にしては意味が無いのです。

やりたい事は時間やお金を惜しまずに、さっさとやった方が良いです。

無駄遣いをしてしまったとか、時間を浪費してしまったなどという失敗は、やりたかった事の前では些細な事。

やりたい事がずっと待っていてくれるとは限りませんから、手遅れになる前にやってみるのが一番です。

やりたい事があるなら時間やお金の事は考えず、さっさとやりましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする