自転車でタイヤ交換の目安が分かれば、突然のパンクで泣く事もありません

複数のタイヤの溝

私は今まで、幾度となくパンクをした経験がありますが、一番多かったのはタイヤの寿命によるパンクでした。

自転車の空気圧に気を付けたり、金属片がタイヤに刺さらないように注意しても、タイヤの状態が悪ければ簡単にパンクしてしまいます。

タイヤの状態や使用期間をしっかり把握し、パンクの機会を減らせるようなエントリにしてみたいと思います。

溝が浅くなってきた

一番わかりやすいの物として、元々あった溝がタイヤの摩耗によって、浅くなる事でしょう。

ひどい時には、タイヤの繊維がむき出しになるので、こうなったらタイヤを交換するべきです。

私が初めて経験したのは、繊維片がむき出しの状態によるパンクで、パンク修理をしただけでは意味が無い、とお店の人に言われた時はショックでした。

当時の自分がそれだけ自転車の状態に無頓着だった、という証明でもありますが、月並みな言葉で言うならば若かったのでしょう。

亀裂が目立ち始めた

溝の深さが十分だったとしても、タイヤに亀裂が入り始めるとパンクの可能性が高まります。

パンクをしない時はしませんが、タイヤの亀裂がある部分で何かを踏んづけた場合は、パンクの可能性が高まってしまいます。

私の場合は、亀裂があっても数か月は修理をせずに粘っていましたが、タイヤの進路上に何か落ちていないかヒヤヒヤしていたので、精神的にも勧められない選択だと思います。

大きめの穴が開いた

似たような事として、タイヤの一部分にポッカリと、穴が開いてしまった事がありました。

タイヤの溝は削れていないし亀裂も入っていないのに、突然パンクをした時は正直驚きました。

不思議な事に、その穴の部分を指で塞ぐと空気の漏れが収まって、指を離すと空気が再び漏れ始める、何とも中途半端なパンクでした。

そのままにしておく訳にはいかないので、近くの自転車店で直してもらいましたが、お店の人によれば亀裂や摩耗が無くとも、このタイヤは寿命だったという事でした。

タイヤが固くなった

タイヤに傷が無くて、ゴムがそれ程削れて無かったとしても、タイヤの交換が必要な事があります。

自転車店で聞いた話なのですが、タイヤは日射しの影響で素材が硬くなって、柔軟性を失ってパンクをしやすくなり、タイヤの良し悪しはあまり関係無いとの事。

私が以前に乗っていた自転車はタイヤがタフな物、との触れ込みでした。

が、寿命に関しては普通のタイヤと大差なく、タフなのは耐用年数以内に限るようでした。

まとめ

自転車のタイヤを交換する目安は、

  • ゴムが擦り減って、溝が浅くなってきた
  • タイヤの表面に亀裂が目立ち始めた
  • 柔軟性が少なくなって、乗り心地が悪い
  • そのタイヤを使い始めて、1年以上経つ

今乗っている自転車にこれらの事が当てはまるなら、パンクの覚悟やタイヤ交換の必要性を考え始める事をおススメします。

突然、パンクをしてしまうと予定が狂って焦りますし、精神的な負担もあるので、自転車の状態はしっかりと把握しておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする