トイレ掃除を簡単に済ませたいなら、トイレの臭いや汚れは後回しにしてはいけない

トイレットペーパーのアイコン

トイレ掃除をやりたくない理由としては、汚れがひどくて見るに堪えない、臭うからあまりトイレに居たくない、などが考えられ、それを防ぐ為には日頃のトイレの使い方や、ちょっとしたお手入れが欠かせません。

私がトイレ掃除を楽にする為に実践している、ちょっとしたワンポイントテクニックをご紹介します。

大でも大のレバーは使わない

排便にトイレットペーパーとまとめて流すと、流し切る事が出来ない可能性があり、最悪の場合は詰まってしまう事も。

そうなると水道工事をしなければならないので、節水のつもりでやったのに工事費やら出張代やらで、費用が余計にかかってしまう結果に。

私がやっている事なのですが、排便の瞬間に小のレバーを引いて流し去るようにして、ひと区切りついてトイレットペーパーを使った後、改めて小の方で水を流しています。

水の使用量は多少増えますが、小のレバーを2回なのでそんなに差は出ないし、この方法なら臭いが漂う前に流せてこびりつきも少なくなるので、日常的にこのやり方をやっています。

こびりついたらすぐに掃除

忘れがちなのがトイレから出る時で、こびりついてしまった汚れはすぐに掃除をした方が良いのに、放置して臭いを発生させた挙句、固まってしまうと後の掃除が面倒に。

すぐに掃除をすれば簡単に汚れが落ちるので、後で嫌な思いをしない為にも、使った後はちゃんと確認しておきましょう。

トイレマットは要らないかも

マットを敷いてしばらくすると、髪の毛が落ちて絡んでいたり黒っぽい埃が丸まっていたりするので、交換したり洗わなきゃいけないので、トイレマットを使い続けるのは何かと手間です。

床をトイレマットで覆い尽くすのは難しいし、どちらにせよ床の部分も掃除をする必要はあるし上、水ハネがマットの外に飛び散らない訳でもないので、総合的に考えると必要性が感じられません。

寒い季節は床が冷たくなってしんどくはなりますが、あまりトイレに長くいないようにした方が良いと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする