甘い物を食べても対策が良ければ、虫歯の可能性は減らせます

板チョコのイラスト

虫歯を予防するには、甘い物を控えるのが良いと言われていますが、それでも食べたい欲求を抑えられないのが甘党の悲しみです。

私も、甘い物に目が無いので昔から良く食べて、良く虫歯を治療していました。

甘い物を食べつつ虫歯にもならないなんて、虫の良い話かもしれませんが、虫歯治療中に甘い物を食べ続けても虫歯が増えなかったので、不可能な事ではないと思います。

甘い物と虫歯の関係性や、私が甘い物を食べた時の失敗、考え付いた虫歯対策について書いてみました。

甘い物は歯に悪いのは確かな話

なぜ甘い物が歯に悪いのかというと、甘い物を食べると口の中で酸が造り出され、歯を徐々に溶かしていってしまうからです。

とは言っても簡単に虫歯になる訳では無く、唾液の成分が酸の力を弱めて歯を修復する事で、虫歯菌に日々対抗しているのです。

この力が及ばなかった時に歯が削れ始め、それでも虫歯を放置していった場合、歯医者に行く以外は治す方法が無くなる訳です。

甘い物で虫歯にならない対策

ここまで読むと、やっぱり虫歯を作りたくないなら甘い物は食べられないじゃないか、と思うかもしれませんが、そんな事は無いと思います。

甘い物を食べた後に虫歯菌の力を弱めつつ、唾液の修復機能を活発にさせて、歯を守るようにすれば良いのです。

その為には、甘い物を食べたら口の中に糖分が残らないようにして、唾液の分泌が良くなるような生活習慣を身に付ける必要があります。

私なりの虫歯予防

甘い物を食べる時は、食後のデザートして食べるようにして、間食はなるべくしないようにしています。

間食の回数が多ければ多いほど、酸を発生させて虫歯菌を活発にする機会が増えるので、虫歯を予防する為にも大事なポイントです。

唾液の分泌は食事の時に促されるので、三度の食事を減らしてしまうのも考え物です。

私が自転車の遠出にハマっていた頃、面倒くさがって昼食を抜く事がありましたが、この時のツケが虫歯がたくさん出来た一因だと思います。

その上エネルギー不足を補おうと、缶ジュースだけ飲んでいた事もあり、これが深い虫歯で神経を抜く原因になったのは、間違いないと思っています。

食後のうがいも重要ですが、何度もやると唾液が薄まって虫歯予防の働きが弱くなるので、適度に行うようにします。

一度に大量の水を飲むのも唾液を薄める原因になるので、水分補給をする場合は、少量を口の中で転がさずに飲むようにしています。

歯磨きも唾液を分泌させる効果がありますし、口の中の汚れを取る事も出来ますが、甘い物を食べてすぐに歯磨きをするのは良くありません。

食後は甘い物に限らず歯が弱くなっているので、すぐに磨いてしまうと歯を削る事に繋がるからです。

甘い物を食べたら、その後のケアまで考えよう

虫歯は予防への無関心や不備が原因で出来る物ですから、何も甘い物に限って虫歯が出来る訳では無いと思います。

甘い物は確かに虫歯を助長させますが、予防を徹底していれば虫歯を防ぐ事が出来ますし、甘い物を控えても予防に落ち度があれば虫歯は出来てしまいます。

自分の好きな物を食べ続ける為にも、美味しい思いだけして終わらせずに、しっかりと虫歯の予防について考えていきたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする