ウォーキングは形から? 最低限抑えておきたい靴選びのポイント

道路に仁王立ち

ウォーキングをする時に気になる事として、靴はどんな物を選べばいいのか悩む事もあるでしょう。

  • 靴の種類は?
  • サイズはどのくらい?
  • 値段は高い方が良い?

私の例としては、種類は紐付きのスニーカーで、サイズは小さめの25cm(メンズの靴の下限は24.5cm)で、1500円程度と靴屋のワゴンクラスの安物です。

私は普段あまり外出はしない上、なるべく所有する靴を減らしたいと思っているので、普段の外出用と共用の靴でウォーキングをしています。

人によって、靴選びに対する考え方は異なるかと思いますが、このエントリでは私なりの基準について書いてみたいと思います。

ウォーキングの靴選び・ポイント

キツめのサイズを選ぶ

靴を買う時に最低限気を付けたいのは、ちょっとキツイと感じるサイズの物を選ぶ事と、紐付きの靴を選べば後からサイズの微調整もしやすいです。

ポイントとしては、足の甲が多少きつく感じるようにしつつ、足の指先は少しゆとりが出るようにする事。

最初から履きやすい靴を選んでしまうと、履き慣れてくるに従ってブカブカのサイズになってしまい、歩く途中に脱げた場合は、転倒やケガの恐れがあります。

私も10年以上前までは、靴のサイズを2cm程度間違えていて、駅の階段を上る途中に脱げてしまったり、学生時代に体育の授業で走り辛いと感じたのも、今にして思えば足のサイズに全く合っていない靴を履いていたからでしょう。

安物でもいい

私の場合は、雨でもなるべくウォーキングをするようにしているので、濡れたり湿気るのを気にしない為に、靴は安い物でも十分だと考えています。

高い物だと雨の日に道路を歩くのを躊躇しがちで、「今日は止めておこうかな」とサボり癖が付きそうに感じるから。

また、高いからといって靴底が擦り減らない訳でもないし、時間経つに従って、靴の製造で使われている接着剤が劣化してくるので、値段の上下と寿命の長短はあまり関係無いとも。

中には何年も靴を長持ちさせている方もいるようですが、靴をローテーションで履くとか、靴の手入れを徹底させるだとかは、私のライフスタイルには合わないので、今後もやる事は無いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私の失敗談をまとめとして代えさせていただくと、

  • 26.5~27cmの靴を履いていたが、実は24.5~25cmが自分の適性サイズだったらしく、ふとした時に脱げることがあった。
  • 以前は、ファスナー式やマジックテープの靴を使っていたが、ウォーキングを始めてからは微調整が出来なくて、ブカブカの状態で歩き辛かったので、紐靴を使い始める。
  • 靴を1年も履き続けると、底が擦り減って滑りやすくなったり、小さな穴が開いていたり、靴底が靴の本体から剥がれ落ちて来た。

振り返ればかなりの失敗を経験していますが、改善しようという行動に繋がったと思えば、良かったのかもしれません……どれも一歩間違えば大ケガをしそうな物ばかり、ただ運が良かっただけの話ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする