これで面倒な手荒れとオサラバ!食器洗いテクニック+α

泡だらけのシンク

あなたは、手荒れに悩んでいませんか?

その原因の一つとして、食器洗いがあると思います。

私の実体験を元に、手荒れの原因やその対策方法を書いてみたいと思います。

手荒れの原因は

界面活性剤

多くの食器用洗剤には、界面活性剤という成分が入っています。

この成分には汚れを浮き上がらせる効果があるので、しつこい汚れの原因である、油分を浮き上がらせる効果があります。

その効果は、皮膚をコーティングして守っている皮脂にも及びます。

手を守っていたバリアが無くなって、肌が荒れてしまうわけです。

お湯

お湯で手を洗うとさっぱりしますが、手の汚れと一緒に皮膚の油分も洗い流してしまいます。

冬場はお湯で洗っていた場合、手荒れが加速してしまうわけです。

 体質

体質によっては、肌が弱くて荒れやすい方もいると思います。

私の場合は冬場以外は大丈夫ですが、肌が弱い人はそれ以外の季節でも荒れてしまうようです。

個人的見解

私の場合、手荒れが一番ひどくなるのは、利き腕の手の甲側です。

スポンジは手の平で持っているのに、何故手の甲側が一番荒れるのかは、良くわかりません。

両手で皿を洗い流すのに、左手はそれ程荒れないのも謎です。

手荒れ対策

界面活性剤を避ける

界面活性剤が使われていない洗剤を使えば、手荒れ予防に効果があると思われます。

ただし、私は使った事が無いので、詳しい事は分かりません。

お湯で洗わない

私の経験では水で洗うようにする事で、手荒れを少なくする事が出来ました。

冬場はキツイですが、どうにか水で洗うようにしています。

ただ、朝早くだと心臓がびっくりしたような感じになるので、心臓が弱い人にはオススメできません。

ぬるま湯にするだけでも、ある程度は手荒れを抑えられます。

手早く洗う

皿洗いの時間を短くできれば、手荒れにも効果がありますが、慌てて食器を割ってしまわないように注意します。

使う食器を減らす

使う食器を減らせば洗い物も減るので、食器が少なくなる料理を作るのも良いかもしれません。

他の水仕事と同時に行う

風呂掃除と米とぎを同時に行う等、水が手に触れる機会を減らせないか考えてみるのもいいでしょう。

トイレに行った後に手洗いのついでにやる、入浴前に皿洗いやぞうきんがけをする等、いろいろ工夫してみましょう。

最終手段

思い切って食器洗い機を導入してしまう手もあります。

洗い物の数が多いほど利便性が上がるので、家族が多人数・忙しくて時間が無い等、洗う食器が多かったり忙しい家庭ほど効果があるでしょう。

洗う食器が少ない場合は、あまり必要無いかもしれません。

まとめ

  • 使う食器を減らし、洗い物を減らす
  • なるべくお湯で洗わず、水かぬるま湯で洗う
  • 使う洗剤を変える
  • 手が水にさらされる機会を減らす
  • 思い切って食器洗い機を使う

以上が、手荒れ予防として考えられる方法です。

私の経験や知識が、少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする