親知らずは抜いた後が本番かも…術後も油断の無い静養と、適切な対応を

歯科医院の青い診療台

歯を抜いた後は、注意をしなければならない事がいくつかあり、術後の経過を良好にする為にもしっかりと守る必要があります。

私の場合は親知らずを抜く前の検査の際、抜歯の後に注意する事を説明されたのですが、親知らずを抜いた後には更に詳しい説明があった為、もっと早く教えてもらいたかったな、と思う事がありました。

口腔外科で説明された事を元に、親知らずを抜いた後に気を付ける事は何なのか、実際にはどうだったのか、をまとめてみました。

抜歯後はガーゼで止血

歯を抜いた後は、清潔なガーゼを傷口に当てて、強く噛んだまま20~30分ほど圧迫止血を行う事で、傷口を塞いでいきます。

実際にやってみると、なかなか出血が止まらなかったので、ちょっと焦る事がありましたが、何事も無く止血を済ませることが出来ました。

止血後も油断しない

血が止まったとしても、思いっきり唾を吐いたり、ガラガラうがいをしてしまうと、再び出血してしまうのでなるべくやらないようにします。

どうして再出血するのかというと、ケガをした時に出来たカサブタを取るのと同じメカニズムで、抜歯後の傷口に形成された組織が剥がれてしまうからです。

口の中で血の味がして気分が悪かったので、口の中をゆすぎたくて仕方ありませんでしたが、ここの所は何と我慢しないと後が大変なので、どうにか安静にして過ごしていました。

ある程度時間が経てばうがいも出来るようになりますが、その際はぬるめの塩水を用意しておき、食後は特に注意しつつ軽くすすぐようにします。

傷口は清潔第一

傷口はばい菌が入りやすくて化膿しやすいので、汚れた手で触らないのは当然として、なるべくならいじる事無く清潔を保ちます。

衛生面に関しては、それだけでは不十分なので、毎食後に必ず抗生物質を服用して、感染症にならないようにします。

私の場合は9回分の抗生物質を処方されたのですが、何度が飲み忘れそうになった事があるので、危ない所でした、

血行を促進させない

傷口を止血する事が出来て衛生的に過ごしていても、血行を促進させるような事をすると、また出血をしてしまったり、腫れや痛みが出て来てしまう事があります。

親知らずを抜いた当日は、

  • 血行を促進させる入浴(シャワーで済ませる)
  • 辛い物やコーヒー・チョコレート等の刺激物
  • 咀嚼の回数が多い固い物
  • 激しい運動による体温上昇

を避けて安静を保つようにするのですが、日課のウォーキングが出来なくて湯船にも浸かれない上、気温の低い季節に親知らずを抜いたので、シャワーだけでは寒くて仕方ありませんでした。

チョコレートやコーヒーも嗜んでいたので、いつもの癖でちょっと摘まむ事が無いようにするのは、結構大変でした。

必要に応じて薬を服用

手術中は麻酔が効いているのでそんなに痛くありませんが、時間が経って来れば麻酔の効果が無くなって痛みが出てくるので、あらかじめ抗生物質とともに処方された痛み止めの薬を飲んで、症状を抑えます。

私の場合は、麻酔が切れた後も痛みがぶり返す事がほとんど無く、痛みも我慢出来ない程では無かったので、とりあえず1錠飲んでおく…みたいな感じで、2本目の親知らずを抜いた時は以前の薬が残っていたので、抗生物質のみの処方となりました。

翌日も来院が必要

親知らずを抜いた翌日も、傷口の確認や消毒の為に口腔外科を必ず訪れなければならず、その1週間後にも口腔外科を再来院して経過を観察する事になるので、しっかりと時間を確保しておく必要があります。

私自身、至らない点もあって少々不安でしたが、その後の検査も問題なくクリア出来たので、何とか親知らずの処置を完了させる事が出来たので、このエントリを少しでも参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする