Wizardry7 レンジャー疑似1人旅 攻略動画 05/18

wiz7 title Wizardry


動画タイムライン

  • 03:13~ オルコグレ城へ
  • 03:35~ 守衛のバラック
  • 05:01~ 武器・貯蔵庫
  • 08:35~ 玉座への進路
  • 12:47~ オルコグレの殺人猿
  • 14:57~ ゴーン帝国の王
  • 18:38~ 寺院の地図
  • 19:31~ 魔法使いの書斎
  • 34:24~ レベル11→12 クリエイトライフ習得
  • 37:31~ 牢獄の謎
  • 46:29~ 隠し部屋の亡霊
  • 48:02~ 魔法使いの財宝

今回はオルコグレ城を一気に攻略していくが、レベルが目標の12に足りないので、途中で切り上げてトルーパー狩りを行わなければならないだろう。

とりあえずベルカンゾの店でスネークダストを購入してMP切れの保険とする。

前回でオルコグレの森をだいたい歩き回ったので、固定敵との遭遇も無く道のりは至って順調であった。

オルコグレ城

ゴーンの本拠地に踏み込んだらまずは最下層を目指す。途中の階では牢獄があるのが今の時点では何もできないので通りすぎるだけである。

守衛のバラック

最下層にある守衛のバラックでは中ボスが2箇所に配置されていて、ゴーン足軽とゴーンランサー、それぞれが鍵を持っている。

どちらも数が多くてなかなか厄介な相手だが、アシッドボムやポイズンガスが効き易いので、隠れてじっくり戦えばそれほど苦戦しない。

武器・貯蔵庫

ゴーン足軽が落とした鍵「アーマリーキー」で近くの武器、貯蔵庫へ入る。

ここには多くの武器防具が置かれているが、強力な物は置かれていないので戦力アップにはならない。

カーガントレットはレンジャーが使えれば良かったのだが、装備できないのはどうしてだろうか。

1ランク上の鎖の篭手である「メイルミトン」は装備可能なのに、革製品であるカーガントレットが扱えないとは。

とりあえず武器庫にある物は金に換えるべく、ニュー・シティーへ持ち帰ることにする。

続いて向かいの部屋でもムンクインナーズというアイテムを拾った。こちらはいずれ使う事になる物なので忘れずに手に入れておく。

玉座への道

オルコグレの倉庫を後にしたら城の入り口まで戻り、地上へのハシゴから北にある鉄格子をバラックで手に入れた「クラウンキー」で開放する。

先へ進むと左右にレバーが設置されており、操作すると近くにある鉄格子が開いた。

向かって左の道を進むと何度か敵との戦いがあり、更に進むとついにゴーンの王が居ると思われるフロアへと到達する。

オルコグレの殺人猿

ニューシティーの宿屋で買っておいたバナナを使って殺人猿ゴルクンガを手玉に取り、壁のレバーを下げさせて檻の中へ入れるようになった。

その直後にゴーン足軽が戦闘を仕掛けてきたが、MPが残り少なかったので楽勝とまではいかず、物理攻撃も交えたのでだいぶ消耗してしまった。

慎重に行くなら一旦回復に戻るべきだろうが、キリが悪いのでアイテムの浪費を覚悟して先を急ぐ。

ゴーン族の王

無事に玉座への鉄格子を開いたので、ゴーン族の王ウルガーに謁見した。

彼にボエリガードの伝言を伝えると、我々に協力するか否か問いかけてきた。これを承諾すると謎の一部である地図への鍵を託してきた。

寺院の地図

玉座でのイベントを終えた後、王の寝室に隠された部屋を目指す。

 

壁に隠されたスイッチを押して、中の鉄格子もウルガー王に渡された鍵で開け、ようやく目的の宝箱にたどり着く。

この中に入っている物は奪い去られている可能性があったが、無事に*テンプル*の地図を回収する事に成功した。

また、向かいの部屋でも「磨かれたスティールプレート」と「クシとブラシ」を入手した。前者はここで使う事になるが、後者のアイテムを使うのはだいぶ先になる。

魔法使いの瞑想所

ムラカトスの瞑想所ではゴーンシャーマンとの戦うのだが、キリのいい所でニューシティーに戻りたかったので、MPがほとんど切れた状態で戦闘を挑んでしまった。

そんな無茶に拍車をかけるかのように、後続としてゴーンリーダーが加勢してきた。ゴーンシャーマンのお供として出てくる確率は1割程度なのに、何ともタイミングが悪い。

ここはやむおえずスネークダストを使って切り抜けるしかなかった。やはり呪文職に比べるとMP切れが早いので、MP回復アイテムを常備しておきたい所だが、それはムンクハラマを攻略するまで辛抱しなければならない。

 

瞑想所の隠し部屋から牢獄で使う鍵を手に入れたら、一目散にニュー・シティーへと逃げ帰った。

町へ一時撤退

回復とアイテム整理の為に一路、ニュー・シティーへと帰還する。スネークダストも数が少なくなってきたのベルカンゾの店で補充した。

レベルが12になっていないので、経験値不足を補うべく侵入禁止区域でサヴァント・トルーパー狩りを行った。

敵は通常攻撃だけしか使わないので隠れてしまえばひとまず安全だが、倒すにはアシッドボムやポイズンガスを活用しないと厳しいので、MPが足りなければ倒しきれなくなってしまう。

レベル11→12

そんなこんなでレベルが上がり、何度かのリトライでオルコグレ城の制覇に必要なクリエイトライフの呪文を習得した。

呪文スキルもだいぶ上がってきたので、今後のレベルアップで神経質にやり直す回数は減るだろう。

牢獄の謎

ニュー・シティーで体勢を整えたので、再びオルコグレ城へと向かった。

 

ムラカトスの部屋で手に入れた鍵を使って、牢獄の内部へと入っていく。

重要なのは内部に動物が巣くっている牢屋で、中にはスイッチや隠されたレバー、そして隠しエリアへの落とし穴がある。

落とし穴で落ちた先にも壁にスイッチがあり、これを押す事でムラカトス奥の書斎へ進めるようになった。ボスを倒すまで後戻りができなくなるが、何度か挑戦すれば突破は不可能ではない。

隠し部屋の亡霊

ムラカトスの隠し部屋へ入ると守護者と思われる亡霊、「シャドウ・ガーディアン」との戦いになった。

この敵には魔法がほとんど効かないので物理攻撃で倒すしかないが、現状のレベルと武器ではとても倒せないので、クリエイトライフでゴジリを召喚して殴ってもらうしかない。

 

戦いではクリエイトライフの呪文を失敗なく唱えられ、しかもゴジリを同時に2体召喚できたので、後は相手の攻撃でこちらが戦闘不能にならない事を祈るのみとなった。

相手の攻撃で一番恐いのは当たれば即死の魔法、ライフスティールを唱えられる事だが、戦闘では他の攻撃をしてきたので危機を脱し、召喚獣ゴジリ渾身の一撃によって相手は倒れた。

ムラカトスの財宝

書斎の門番との戦いを終えると今度はムラカトスの亡霊が出てきて、ニクタリンスの町に隠された謎についての情報を教えてくれ、書斎の宝も持っていって良いとの事だった。

遠慮なく部屋の宝物を頂戴して、隠し部屋にもあった宝箱を回収する。この部屋では沈黙の罠と亡霊ガラスが襲ってきたのだが、レンジャーはサイレンス無効で襲ってきた鳥も大した相手ではなかった。

ここは普通に6人パーティーで戦うと4~5グループのスペクトラルレイヴンと出てくるが、レベル1の戦闘不能者を5人抱えている場合は、レベル25まで2グループしか出ないので楽なのもある。

 

隠し部屋の宝箱には、オルコグレ城にある回復の泉の部屋へ入るのに必要な鍵と、パワーストライクのスキルを習得できるパワージェムが入っていた。

これで多少の攻撃力不足が補えるが、スキルを本格的に上げるまでは焼け石に水で、まだまだ魔法の力に頼る場面が多いだろう。

オルコグレ城の攻略を完了させたのでニューシティーへと戻り、回復と荷物整理をして冒険を中断した。

次はいよいよムンクハラマの攻略となる。水泳スキル習得のイベントをすれば行動範囲が広がるし、必須アイテム*レジェンド*入手を一番乗りでするためにも、ムンクハラマと地下の完全攻略が急務だ。

 

Wiz7 プレイ動画 総合ページへ戻る

WizardryWizardry7
スポンサーリンク
kai_lioをフォローする
kai_lio ブログ

コメント