Wizardry7の職業、侍のデータべース

このエントリはWizardry7の職業、侍(Samurai)に関するデータを載せています。

Wiz7職業・侍のデータ

必要能力値

STRINTPIEVITDEXSPDPER
1211912148

種族別・侍適性

  • 各種族の必要ボーナスポイント
HumElfDwaGnoHobFaeLizDraFelRawMoo
1516192017121916121915
1718202119142017142117

侍はINT・DEX・SPDが低い種族では厳しい(リザードマンはPER不足も)。

ノームやラウルフは侍に向かないが、転職でなった場合は高いPIEが活かされて、転職直後の総合的な能力が高くなる。

属性抵抗

初期値(Lv1)

電撃冷気麻痺
8%28%8%28%12%8%
睡眠超能力生命力魔法力
8%8%28%20%32%12%

1Lvごとの上昇値

電撃冷気麻痺
+2%+3%+2%+3%+2%+3%
睡眠超能力生命力魔法力
+2%+1%+1%+1%+2%+3%

成長限界(Lv17)

電撃冷気麻痺
40%76%40%76%44%56%
睡眠超能力生命力魔法力
40%24%44%36%64%60%

初期作成時の基本能力

  • HP 10~16
  • 命中補正   5
  • スキルレート     9:5:5(武器:運動:学術)

レベルアップ時の能力アップ

  • HP +5~9
  • 命中率   +3~6(Lv20まで)
  • スキルレート 7:4:5

その他の能力

  • MP回復レート 2:2:1:1:1:2(炎:水:気:地:心:聖)
  • 自動上昇スキル 剣(Sword)
  • 攻撃行動 最高4回(片手・両手武器2回 二刀流4回)
  • 攻撃回数 4回まで

侍の特殊能力

  • メイジ系呪文、Lv3から習得可

※モンク・忍者の特殊能力であるクリティカル率+5%補正を、侍は持っていない

侍の必要経験値表

LVup経験表(レベル17まで)

LV必要経験値累計表示
214001400
314002800
428005600
5560011200
61120022400
72240044800
84480089600
989600179200
10179200358400
11358400716800
124150001131800
134000001531800
144000001931800
154000002331800
164000002731800
17~6000003331800~

モンクと同じレベルアップ速度。

職業・侍の総括

フェルパーの侍

侍は初期HPがファイター並みに高く、レベルアップ時の上昇量も多いので、レベルアップを重ねて行けば高いHPになるし、抵抗力に関してもなかなかの数値を誇る。

反面、防具に関しては重装備の戦士系や、ACボーナスの特殊能力を持つモンク・忍者に遠く及ばないので、中盤以降は敵の攻撃をバシバシ食らってしまう事だろう。

また、中盤辺りで武器の威力が物足りなくなり、侍が使える武器は数が限られているので、武器不足のまま後半を迎える事もザラである。

 

Wizardryの侍と言えば、妖刀”村正”が代名詞となっているが、残念ながらWiz7の村正はあまり強くない

村正はクリティカル率+15%と、Wiz7最強の近接武器を言われるケーン・オブ・コープスと同等の数字を誇っているが、麻痺の追加効果を持っていない分劣ってしまう。ちなみに威力も、

  • ムラマサ・ブレード 7-25(3d7+4)
  • ケーン・オブ・コープス 12-42(6d6+6)

と散々である。村正は乱闘(MELEE)コマンドが使えるとはいえ、これは……。

 

そもそも、忍者(とモンク)はクリティカル率+5%の特殊能力を持っているが、侍には無いので総合的なクリティカル率は劣る

斬り術スキル100の侍・忍者・モンクの最強装備でクリティカル率を比較すると、

  • 侍35%(斬り術20%+村正15%)
  • 忍者40%(特殊能力5%+斬り術20%+ケーン・オブ・コープス15%)
  • モンク35%(特殊能力5%+斬り術20%+ライト・ソード10%)

となっており、忍者やモンクが最強クラスの攻撃回避率である事を考えると、侍は非常に厳しい立場となってしまう。

二刀流に関しても、フェアリー専用のスプライト・ロッドが非常に強力なので、侍はフェアリーの忍者とモンクには到底及ばない(フェアリーの侍だとほとんどの防具が使えなくなるので、回避率が最低ランクに)。

 

侍は最終的な職業としては微妙と言わざるおえないが、転職のつなぎとしては割と優秀であり、SPDの低い種族にとっては有り難い職業である。

特にドワーフで侍になった場合は、すぐにでも忍者に転職出来るし、侍に戻るのもそれ程難しくない(INT+1・SPD+2・PER+1)ので、スキル稼ぎを円滑に行う事が出来る。

必要な能力がなかなか上がらなくて侍に戻れない場合でも、忍者は優秀な能力を持っているので足手まといになりにくいのが利点。

 

Wiz7攻略・システムTOPぺージへ戻る

当ブログはエックスサーバーのレンタルサーバーを用いています
Wiz7 種族・職業Wizardry7
スポンサーリンク
kai_lioをフォローする
kai_lio ブログ

コメント