【Wiz7】ゴローの間【プレイ動画】36

このページでは、Wizardryコレクション版#7を難易度エキスパートで攻略した動画「36」を載せています。 難易度エキスパートでは戦闘がシビアなので、主に戦うモンスターの特徴や対策などを記録。 探索場所:ゴローの間

 

【ゴローの間:出現モンスター】

ゴローの間で出現するモンスターはこれまでに戦った事のあるモンスターが多数登場するが、デーモン系のモンスターも出現する。

デーモン系のモンスターは死者の殿堂でも特定のポイントで出現したが、早くも通常の雑魚敵として出てくる事になる。

また、ゴローの間の特定のポイントではレッド・ピラニアやピラニア・シャーク、デーモン・オー・ディープといった通常モンスターテーブルとは異なるモンスターが登場する。

この出現ポイントは死者の殿堂に戻ると復活するので何度も戦えるが、スタミナの消耗と実入りの少なさを考慮すると効率的ではない。

コリドラ

冷気系の呪文を数多く操る下級のデーモン。

下級と言ってもアイスボールやディープフリーズの威力は脅威であり、冷気耐性の低いキャラクターにダメージを蓄積されるとアッサリ死んでしまう事もある。

そこそこ効くサイレンスで呪文を封じる手もあるが、冷気ブレスは防げないし麻痺や石化効果を含んだ通常攻撃もあるので安心できない。

こちらのレベルが高ければアストラルゲートの呪文で瞬殺する事も可能だが、難易度エキスパートでは1グループに最大6体出現するので、高パワーレベルで使って失敗の危険をはらんでいる。

アストラルゲートをしくじらない程度にパワーレベルを抑えるか、MPの無駄を覚悟で複数人で呪文を使っていくしかない。

ヨグソース

炎領域の攻撃呪文や炎ブレスの他、マジックスクリーンやアンチマジックといった呪文阻害もしてくるデーモン。

コリドラと比べて出現数が少ないため、アストラルゲートが確実に効くレべルなら経験値稼ぎのカモに出来る。

むしろ、お供にコリドラを複数グループ連れてこられる事の方が怖く、アストラルゲートの使い手が足りない場合は厳しい戦いになる。

フィエロ

炎領域の呪文をマスターした上級悪魔で、コンジュレイションの呪文でも召喚できるデーモン。

最強の炎属性呪文であるニュークリアブラストまで使えるが、単体でしか出てこないので総合的な脅威ではコリドラに劣るし、こちらのレベルが高ければアストラルゲートで瞬殺可能である。

そのコリドラをお供にしてくるので、そちらに多数出現される方が厄介かもしれない。

経験値はそこそこだがコリドラやヨグソースと違って魔法アイテムを落とさないため、そういう意味では嫌らしいモンスターとも言えるが。

 

#7エキスパート動画37へ進む #7エキスパート動画35に戻る Wizardry7動画一覧ぺージに戻る

Wiz7 プレイ動画 Wizardry7
スポンサーリンク
kai_lio ブログ

コメント