【Wizardry7】覚えられる呪文リスト【メイジ系職業】

このエントリでは、メイジ系の職業(メイジ・ビショップ・バード・侍)が習得できる呪文のリストを、各領域ごとに載せています。

wiz7 title

表の説明

  • 呪文Lv レベルが高いほど習得や使いこなすのが難しくなり、スタミナ消費量も増えていく。
  • 魔術 メイジ呪文を習得するのに必要なスキルポイント
  • 本 その魔法を覚えられる呪文書が有るかどうか
  • 別系統の習得者 別系統でも魔法が覚えられる場合は、該当する系統を記載

メイジ系職業の呪文リスト(全39種)

炎の領域(6種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
エナジー・ブラスト 1 0
ファイアー・ボール 3 36
ファイアー・シールド 3 36
プリズミック・ミサイル 5 72
ファイアー・ストーム 6 90
ニュークリア・ブラスト 7 98

ファイアー・ボールの魔法を早めに覚える事が出来れば、間違いなく序盤の展開を楽にする事が出来る。

ニュークリア・ブラストは使い手が3人くらいいると、中盤以降の展開が非常に楽になるので、ガーディアの冒険を有利に進めたいなら検討しておきたい。

ファイアー・ストームの呪文は普通に使うと微妙な性能だが、パーティ6人全員で唱え続ける事によって、炎の嵐が凄まじい威力に出来る。

水の領域(6種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
チリング・タッチ 1 0
テラー 1 0 サイオニック系
ウィークン 2 18 サイオニック系
アイス・シールド 3 36
アイス・ボール 4 54
ディープ・フリーズ 5 72

アイス・ボールやディープフリーズは優先して覚えさせたい呪文だが、それ以外の魔法は活躍時期が短かったり使い所が限られる物が多いので、役に立つ呪文を優先して覚えさせていくとアイス・ボールが初めての水領域魔法、といった事態も珍しくない。

水領域のMPを高めておきたいなら、適当な呪文を覚えさせておこう。

気の領域(7種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
ミサイル・シールド 2 18
シュリル・サウンド 2 18 サイオニック系
スティンク・ボム 3 36 アルケミスト系
エア・ポケット 3 36 アルケミスト系
レビテイト 5 72
ノクシャス・フューム 6 90 アルケミスト系
アスフィジェーション 6 90 アルケミスト系

序盤の攻撃呪文を充実させるためにも、シュリル・サウンドは真っ先に覚えたい所。

雑魚敵を一掃させるのに便利なアスフィジェーションも役に立つ。

他の呪文は使い所が限られる魔法ばかりなので、呪文書で覚えられるならそうした方が良いかもしれないが、アスフィジェーション連発に備えるなら積極的に習得させてMPボーナスを確保するのも悪くない。

地の領域(7種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
アーマー・シールド 1 0
ディレクション 1 0
ノック・ノック 2 18 サイオニック系
ウェブ 3 36 アルケミスト系
ホイッピング・ロック 3 36 アルケミスト系
アーマー・メルト 4 54 サイオニック系
クラッシュ 4 54 アルケミスト系

ホイッピング・ロックを最初に覚えさせてから、本でディレクションやノックノックを覚えさせると効率が良いが、魔術スキルが伸び悩んだ場合はそういう訳にもいかないかも。

心の領域(5種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
スリープ 1 0 アルケミスト系/サイオニック系
ディティクト・シークレット 2 18 サイオニック系
ウォッチ・ベル 2 18 サイオニック系
ウィザード・アイ 4 54 サイオニック系
スプーク 4 54 サイオニック系

スリープの呪文だけ覚えさせておき、他の呪文は本で習得するようにした方が効率が良いかも。

聖の領域(9種類)

呪文名 呪文Lv 魔術
別系統の習得者
マジック・ミサイル 2 18
ブリンク 3 36 サイオニック系
マジック・スクリーン 4 54
コンジュレーション 4 54 プリースト系
アンチ・マジック 5 72
アストラル・ゲート 6 90 プリースト系
ザップ・アンデット 6 90
リチャージ 6 90
リザレクション 7 98 プリースト系/サイオニック系

マジック・ミサイルはメイジ系呪文にしてはダメージが控えめだが、魔法力属性唯一のグループ攻撃呪文で全体的に効きやすい魔法なので、真っ先に習得したい。

他の呪文は相手を選ぶ攻撃呪文や補助魔法中心なので、攻撃呪文を優先して覚えたいなら後回しとなるが、マジック・ミサイルの使用回数を増やしたいなら、聖領域の呪文数を増やしてレベルアップ時のMPボーナスを高めるのもアリ。

Wiz7攻略・システムTOPぺージへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする