Wizardry7 ダーンの塔 マップ・イベントメッセージ

ダーンの塔(ディオニスセウス)

ダーンの塔1階 1~8、88

ダーンの塔1F

※赤い四角は2階落とし穴の落下先

ミ. ミュルミデオンの道へ登るハシゴ

ミ.

(初回)

塔の入り口には、暖かさのかけらも存在していなかった。それこそ、なによりも明確に彼らの本性を表しているようだった。

彼らが暖かい歓迎の構えを見せていなくても、別に君たちは驚きもしなかった。そもそも、彼らが”楽しむ”というような概念を持っているかどうかすら疑わしかった。

だからといって、退屈というわけではないかもしれないが。

1.

部屋の中で小声で話し合っていた一団のダーンは、君たちが入るとともに静かになった。

彼らは君たちの存在に驚きながらも、遠巻きに君たちを眺め、何をしにきたのかを推測しているようだった。

そして、奇妙な微笑みを浮かべながら一人が近付いてきた。

(アルマゴルテ登場、ダーン入信とジョンガ・パウダーの購入が主な目的。詳細はリンク先にて)

2.

(南の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

3.

”入信者の寺院”

4.

床の上のルーン文字が刻まれた岩に、小さな金の壺が乗っていた。

(ジョンガ・パウダー使用)

君たちは銀の粉を壺にふりかけた。

すぐに一陣の煙がたち昇って、あたりに霧散した。

(5の吐き気罠が解除される)

A.

控えの間に入ると、ガス状の気体がギュッと凝縮し、暗い雲のような形をとり始めた。

(ダーンの精霊登場)

仲間の試練を通ろうとするもの、ダーンの精霊の前にその資質を証だてねばならぬ!

(スピリット・ダーンと戦闘。戦利品のアッシュofディアムは塔の最上階で使用する)

(宝箱)
箱の中には、黄金の小像が入っていた。それには顔がなかったが、間違いなくダーンを型どったものだった。

(6で使うゴールデン・アイドル入手)

5.

息が詰まるようなガスが天井から吹き出し、君たちを包んだ。

(ダメージ+吐き気状態の罠)

※4でジョンガパウダーを使うまでは、この地点を通るたびに罠が作動する

6.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(Aの宝箱で入手したゴールデン・アイドルを西向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(7の鉄格子が開く)

7.

(鉄格子は6でゴールデン・アイドルを使うと開く)

8.

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は入信者の寺院の試練を通過した!

仲間は新たなる門人を祝福する!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。

(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が199GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(7に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(7に戻される)

88.

(ダーンの塔6階87からのテレポート先)

ダーンの塔2F 9~19

ダーンの塔

9.

部屋のすみに数多くの文書が積まれており、その上には奇麗な布がかけられていた。

10.

(探す)

その一つを取り上げて中を見ると、こう記されていた。

ベルカンゾの魔法百貨店

ディオニスセウス 日中

ニュー・シティー 夜間

ポスターにはイラストが描かれ、とても魅惑的だった。

君たちは、そこに行かずにはいられない気分になった。

実際、頭の中にはそれ以外の考えは浮かばなくなってしまった。

そこには、必要とするものが必ずあるように思えたのである。

11.

”聖なる秩序の寺院”

※ⅠとⅣ~Ⅷの床スイッチは1回だけ踏めばOK、それぞれ小文字に対応した落とし穴が塞がる。ⅡとⅢは踏むたびに落とし穴の位置が入れ替わり、Ⅱ、Ⅲともに2箇所。例外として、I・Ⅳを踏んだ時にも東隣りのⅢ2に落とし穴が発生。

最短の手順

Ⅰ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅱ→Ⅴ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅲ→Ⅵ→Ⅲ→Ⅶ→Ⅲ→Ⅷ

12.

床の上のルーン文字が刻まれた岩に、小さな金の壺が乗っていた。

(ジョンガ・パウダー使用)

君たちは銀の粉を壺にふりかけた。

すぐに一陣の煙がたち昇って、あたりに霧散した。

(13の沈黙の罠が解除される)

13.

隣り合う部屋から光り輝く泡のようなものが飛んできて、君たちの周りを漂った後、頭のあたりに襲いかかってきた。

(沈黙状態の罠)

※12でジョンガパウダーを使うまでは、この地点を通るたびに罠が作動する

14.

”ベルカンゾの魔法百貨店”

15.

魔法アイテムを販売するNPC・ベルカンゾとの交渉へ

16.

(南の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

B.

(17で使用するゴールデンアイドル入手)

17.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(Bの宝箱で入手したゴールデン・アイドルを東向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(18の鉄格子が開く)

18.

(鉄格子は17でゴールデン・アイドルを使うと開く)

19.

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は聖なる秩序の寺院の試練を通過した!

仲間はお前を聖なる会員と認める!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。

(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が499GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(18に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(18に戻される)

ダーンの塔3F 20~31

ダーンの塔3F

紺のマス=ダークゾーン ピンクの壁=矢印や26の方向からしか通れない

癒. 

(HP・スタミナ・MPが回復する泉。)

20.

”永遠の夜の寺院”

21.

床の上のルーン文字が刻まれた岩に、小さな金の壺が乗っていた。

(ジョンガ・パウダー使用)

君たちは銀の粉を壺にふりかけた。

すぐに一陣の煙がたち昇って、あたりに霧散した。

(22のダメージ+混乱+戦闘の罠が解除される)

22.

軽いチクチクする粒子を含む、奇妙な紫のもやが君たちを包み込んだ。

(ダメージ+混乱+戦闘の罠)

(21でジョンガパウダーを使うまでは、ダメージ+混乱+戦闘の罠が通るたびに作動する)

23.

(24へのワープ)

24.

(23からのテレポート先)

25.

広間には、トランス状態になったダーンの一団が輪になって座り、秘められた力と至福の喜びが存在している、心のうちの秘所に思いを巡らしながら、深い瞑想の中に浸っていた。

彼らはまるで像のように動かず、静かに座っていた。そして君たちは、部屋の後ろの方から君たちを眺めている人影に気づくまでに数秒を要した。

まるで床の上を滑っているように優雅な動きで、彼は近付いてきて話し始めた。

(瞑想ダーン登場)

そこを旅した者のみが、その先に何が広がるかを知る。

そこは精神が宇宙の中心となる領域。永遠のすべてが、その目の前で明らかになる。

見るのみ、触ってはならぬ。

そこは真の本質の世界。すべての罠から逃れ、外界の要求からも自由な場所。

それは内なる王国。平和と知識の領域。

(質問)これを学ぶ気はあるか?

はい/イエス

そうするがよい。

言葉を捜せ。

獣の住処にて。

そしてここへ戻れ。

もしそれを知れば、何をすべきかもわかる。

そして、その人影とダーンたちは、一人また一人と消え去っていった。

(瞑想ダーンが去る)

床の上に、まるで、君たちを誘惑するかのように鍵か落ちていた。

(29で使うビーストキー入手)

いいえ/ノー

そうするがよい。

そして、その人影とダーンたちは、一人また一人と消え去っていった。

(瞑想ダーンが去る)

※ビーストキーは手に入らずイベントも復活しないようなので、マインドコントロールのスキルが習得不可になると思われる。

(30でサイ・ビーストを倒した後)

広間は静まり返っており、誰かがいるような気配はまったくなかった。

(選択肢 言葉について瞑想する、奇妙な場所から離れる)

言葉について瞑想する

物静かな部屋に座って瞑想を始めると、君たちの頭の中に、もう少しで届きそうなところに言葉が浮かんできた。

(パーソナルスキル・マインドコントロール習得イベント。100-睡眠耐性=眠りこける確率。寝てしまうか既に睡眠状態だとマインドコントロールは習得・上昇しない)

奇妙な場所から離れる

(何も起こらない)

26.

暗闇の中で、君たちは床の上の何かにつまずいた。

それは何度かチリンという音を立てた後、足元のどこかで止まった。

(探す)

手や足をつかって慎重に周りを探り、君たちはさっき蹴飛ばした黄金の小像をみつけた。

(27で使うゴールデン・アイドル入手)

27.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(26で入手したゴールデン・アイドルを西向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(28の鉄格子が開く)

28.

(鉄格子は27でゴールデン・アイドルを使うと開く)

29.

”獣の住処”

(25で入手したビーストキーを使うと、鉄格子が開く)

30.

獣の住処に入って行くと、君たちは再び、暗闇に飲み込まれた。

すぐに、なにかを飲んでいるような柔らかい音が聞こえてきた。

そして、周囲の暗闇の中に虹色に輝いて、それは君たちの前に落ちてきた。

(サイ・ビーストと戦闘)

落ちた獣が死ぬ中、君たちはこれが意図通りだったのか、と

不思議に思った。そして最期の奇妙な叫びで、それはほとんど発音できないような音を発した。

それはこのような音だった。 ”モオー”

(25で瞑想イベントが発生する)

31.

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は永遠の夜の寺院の試練を通過した!

仲間は汝をダーンの僧侶と認める!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。

(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が999GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(28に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(28に戻される)

ダーンの塔4F 32~37

ダーンの塔4F

※カタカナ1文字=ワープ元 カタカナ2文字=テレポート先

32.

”大気の気まぐれの寺院”

33.

(鉄格子は宝箱Cで入手したストーンキーで開く)

D.

(宝箱を開ける)

箱を開けると、中には緑と青の色調に光り輝く石が入っていた。

(ストーンofゲート入手。これは塔の最上階で使用する)

34.

部屋は微かに震動しており、それは部屋にあるものすべてを揺り動かしていた。

数秒続いた後、その震動はなんの影響も与えぬまま、突然止まった。

数秒後、君たちは息を吹き返し目を開けた。

(宝珠の台座出現)

周りは相変わらず暗かったが、遠くになにかが光っていた。

それは水晶玉のような光る球体だった。

君たちは動くことができず、ただそれを眺めるだけだった。

そして、それは消え始めた。

消滅するのではなく、床に沈んでいったのである。

(宝珠の台座が消える)

続いて人影が現れた。

(眼帯の女性登場)

それは若い女性だった。

彼女は球体が消えたその場所に現れた。

彼女は手をつかってなにかをしているようだった。

そして彼女もまた消え、すべては暗黒になった。

驚きと共に、君たちは再び目を開けた。

相変わらず暗闇だった。

だが、今度は動くことができた。

(35で使うゴールデン・アイドル入手)

35.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(34で入手したゴールデン・アイドルを東向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(36の鉄格子が開く)

36.

(鉄格子は35でゴールデン・アイドルを使うと開く)

37.

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は大気の気まぐれの寺院の試練を通過した!

仲間は汝をダーンのビショップと認める!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。
(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が1999GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(手前に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(手前に戻される)

ダーンの塔5F 38~49

ダーンの塔5F

E~H. 本物のコファーキー 偽. 偽物のコファーキー I. 様々なアイテム J. ゴールデン・アイドル K. *クリスタル*

38.

”脅威の倉の寺院”

39.

床の上のルーン文字が刻まれた岩に、小さな金の壺が乗っていた。

(ジョンガ・パウダー使用)

君たちは銀の粉を壺にふりかけた。

すぐに一陣の煙がたち昇って、あたりに霧散した。

(40のダメージ+混乱+戦闘の罠が解除される)

40.

(鉄格子はFの宝箱で入手したコファーキーを使うと開く)

41.

軽いチクチクする粒子を含む、奇妙な紫のもやが君たちを包み込んだ。

(ダメージ+混乱+戦闘の罠)

(39でジョンガパウダーを使うまでは、ダメージ+混乱+戦闘の罠が通るたびに作動する)

42.

(鉄格子はGの宝箱で入手したコファーキーを使うと開く)

43.

(南の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

44.

(鉄格子はEの宝箱で入手したコファーキーを使うと開く)

K.

(宝箱を開ける)

箱の底には、油ぎった布に包まれた古い文書のかけらが入っていた。

(経験値5000と*クリスタル*入手)

(NPCに先を越された)

箱は最近誰かに明けられたようで、中にはなにかを包んでいた油ぎった布だけしか入っていなかった。

中に入っていたのはなにかはわからなかったが、誰かが君たちの先を越したようだった。

※PS版は先を越された場合のみ、*レジェンド*や強力なアイテムを入手可

45.

(鉄格子はHの宝箱で入手したコファーキーを使うと開く)

46.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(Jの宝箱で入手したゴールデン・アイドルを北向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(47の鉄格子が開く)

47.

(鉄格子は46でゴールデン・アイドルを使うと開く)

48.

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は脅威の倉の寺院の試練を通過した!

仲間は汝をダーンの伝道者と認める!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。

(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が4999GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(47に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(47に戻される)

ダーンの塔 6~8階 49~87

マップ上・6階  左下7階  右下8階

ダーンの塔6F~8F

49.

”放浪者の寺院”

50.

部屋は微かに震動しており、それは部屋にあるものすべてを揺り動かしていた。

(一定の法則で移動したり向いている方角が変わる)

51.

(この地点に来ると、aの壁が開いてhの壁を閉じる)

52.

(この地点に来ると、bの壁が開く)

53.

(この地点に来ると、52の西の壁が開く)

54.

(この地点に来ると、dの壁が開いてcのアーチが壁になる)

M.

(宝箱の地点に来ると、cのアーチが壁になる)

55.

(この地点に来ると、eの壁が開く)

56.

(この地点に来ると、cの壁がアーチになる)

57.

(この地点に来ると、gの壁が開いてfの壁を閉じる)

58.

(この地点に来ると、fの壁が開いてgの壁を閉じる)

59.

(この地点に来ると、hの壁が開いてaの壁を閉じる)

60.

門を抜けて火炎が吹き抜けてきた。

(パーティー全員が炎属性のダメージを受ける)

火の玉はぶつかると共に爆発し、壁一杯に火炎と火花を撒き散らした。

火炎の嵐がおさまった後、君たちは泣き叫ぶ狂人の叫びを耳にした。

我が子よ、きたれ!

汝の主はこの壮烈な至福をさらに欲しておる!

門の鉄格子の向こうに、酒池肉林の光景がかいまみえた。

彼らは一体となって共に悦楽を貪っており、次なる灼熱の地獄を放とうとしていた。

61.

火炎を無視して進もうとする君たちに、門を抜けて新たなる火炎の群が襲いかかってきた。

(パーティー全員が炎属性のダメージを受ける)

ハッハッハッ!!

狂人の笑い声が喜びにうちふ震え、さらに半裸の人々に向けてこう叫んだ。

ハッハッハッ!!

62.

門の方から再び新たな火炎が襲ってきた!

(パーティー全員が炎属性のダメージを受ける)

気の違ったダーンは、迷ったような声で叫び続けた。

もっと、もっと、もっとだ!!!

63.

白熱する火の玉が門を抜け、君たちの黒ずんだ体を飲み込んでまばゆく爆発した!

(パーティー全員が炎属性のダメージを受ける)

酒池肉林の中からなき声が聞こえてきた。

追え! 奴らを逃がすな!

(南の門)

君たちの目の前に、銀色に輝く強靭そうな合金製の門があった。

(鉄格子はMの宝箱で手に入れたクロームキーを使うと開く)

64.

部屋の中に飛び込むと、君たちの目の前には、目が真っ赤の悪魔のようなダーンの一団が待ち受けていた。

(ハイ・ファーザーと戦闘)

N.

(宝箱を開ける)

箱の中にはほこりまみれの古い本が入っていた。それは黒ずんでひび割れした革ばりの本で、血の文字でこう記されていた。

不死者の書

(増殖の落とし穴で悪魔を召喚する手順が書かれた、イモータルズ・ブック他を入手)

65.

(西の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

66.

(北の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

67.

壁から、優雅で華麗な彫り模様が施された大理石の祭壇が突き出していた。

(Lの宝箱で入手したゴールデン・アイドルを北向きで使用)

君たちは金の小像を祭壇の上に置いた。

(68の鉄格子が開く)

68.

(鉄格子は67でゴールデン・アイドルを使うと開く)

69

(トーレン・ダーン登場)

よくぞ参られた、ブラザー。

お前は放浪者の寺院の試練を通過した!

仲間は汝をダーンのロードと認める!

さぁ、汝の信仰と位に値する代価を見せねばならぬ!

仲間の税を支払うか?

はい/イエス

よくやった。

(トーレン・ダーンは去る)

ー所持金が9999GP以下

おぉ、ブラザー、汝の信仰はほんの少し欠けておる。

(68に戻される)

いいえ/ノー

仲間はお前の不敬なる行いを認めないだろう。

行け、そして悔い改めよ!

(68に戻される)

70.

(この地点に来ると、iの壁が開く)

71.

(鉄格子はOの宝箱で手に入れたアセンシャンキーを使うと開く)

72.

(8階73へのワープゾーン)

73.

(6階72から初めてワープした時)

ダーンのグレートタワーの頂上は、強風が吹き荒れ、まるで夜の帳のように天空を暗黒が覆っていた。

(西の壁のレバーを下げると、6階74へワープ)

74.

(8階73のレバーを操作した時のテレポート先)

75.

”マグナ・ダーンの寺院”

(デーモン・スポーンの角を持っている)

通路に向かおうとした君たちは、後方を狂った者の一団に囲まれた。どうも罠にはまってしまったようだった。

死をかけて、我に角を持て!

そして、子供ら、奴隷、トーケサーデのファーザーたち、マグナ・ダーン、これらが一斉に地獄のような激昂と共に攻撃を仕掛けてきた!

(マグナ・ダーンと戦闘)

(マグナ・ダーンを返り討ちにした後)

原型をとどめていない死体の山の中に、君たちはマグナ・ダーンであったトーケサーデの死体をみつけた。

君たちは立ち止まった。

そして、静かにうなずきながら考えた。

この後、ダーンの家は

一体どうなってしまうのかと。

(探す)

君たちは、その頭を失った堕ちた独裁者の遺体の指に、金属性の指輪が光っているのに気づいた。

(デーモンズリング入手)

(寺院の閉じた門へ向かって、デーモンズリングを使用)

君たちはマグナ・ダーンの指輪を門の前に掲げた。
(門が開いて寺院の中へ入れる)

76.

君たちは、その部屋に漂う酒池肉林の光景の、あまり淫らで不敬な様子をみて目を丸くした。

そしてそのただ中、わめきちらし、怒りの絶頂にあるのは、まさに悪魔自身の子、マグナ・ダーンに相違なかった。

(マグナ・ダーン登場。悪魔の落とし穴へ挑戦か、諦めてマグナ・ダーンと戦闘になるか、選択を強いられる)

(落とし穴に挑戦すると、悪魔召喚の手順を教えられた後、寺院の外へ閉め出される)

(諦めると告げて戦闘になった後)

原型をとどめていない死体の山の中に、君たちはマグナ・ダーンであったトーケサーデの死体をみつけた。

君たちは立ち止まった。

そして、静かにうなずきながら考えた。

この後、ダーンの家は

一体どうなってしまうのかと。

(探す)

君たちは、その頭を失った堕ちた独裁者の遺体の指に、金属性の指輪が光っているのに気づいた。

(デーモンズリング入手)

77.

“増殖する悪魔の落し穴”

(西の壁のレバーを下げると、78へワープ)

78.

(77のレバーを操作した時のテレポート先)

落し穴は暗く煤けており、まるでその底から巨大な炎が立ち上ったかのようだった。

(オルコグレ城の貯蔵庫で入手したムンク・インナーズを使用)

落し穴に入って、君たちはダーンの敵であるムンクの臓物が入ったビンを投げ込んだ。

(ダーンの塔1階でスピリットダーンから入手した、アッシュofディアムを使用)

落し穴に入って、君たちはディアムの灰を振りまいた。そして渦巻く煙が沸き上がるのをみつめた。

(ダーンの塔4階の宝箱から入手した、ストーンofゲートを使用)

落し穴に入って、君たちは門の石を投げつけた。すると、煙は白い火炎になった。

(増殖する悪魔が出現)

灼熱の薪から地獄の子供が飛び出してきた。

その拳は、白熱する炎のごとく熱を発していた。

そしてその頭の上には、悪魔の角が生えていた。

ついに、この増殖の落し穴から解放され、

再び人間の世界に呼び覚まされたぞ!

死せる定めの者どもよ、この私がお前らを

地獄へ送り込んでやろう!

(*スポーン*と戦闘)

戦いの最後の一撃で、悪魔の頭上についていた角は、折れて落し穴の深みに落ちていった。そして地獄の底から黒い火炎が吹き上がってきた。

落し穴の外から、泣き叫ぶ声が響いてきた。

急げ我が子よ。角を取るのだ!

(降りるコマンドで78へ落下する)

79.

落し穴に降りて行くと、壁には、地獄の業火に焼かれたかのような、黒い煤が厚くこびりついているのが見て取れた。

君たちは灰になった塊を見つけ、あわてて地面に飛び上がった。

それは焼かれた骨だったのである。

(77で*スポーン*を召喚、撃破した)

炎によって黒こげになった地獄の子供の落し穴の中に、悪魔の角がくすぶっているのが見えた!

(デーモン・スポーンの角を入手)

上の方から、マグナ・ダーンであるトーケサーデのヒステリックな声が聞こえてきた。

殺せ、奪え、我に角を持て!!

その様子は、取り引きを申し出ている感じではなかった。

実際に、その声は抑制というものを欠いていた。

80.

(降りるコマンドで6階81へ落下する)

81.

(80からの落下先)

82.

(レバーを下げるとhの壁が無くなる)

83.

(東西の鉄格子)

門の上には黒い鉄で鋳造された、不気味な顔がついていた、それはまるで、冥土の世界の生き物のようだった。

顔の額のところには大きな穴が開いていた。おそらく、太い蝋燭をさす場所なのだろう。

門の格子の向こうに、封がされた箱があるのが見えた。だが、その中身がなんなのかはここからではわからなかった。

(デーモン・スポーンの角を使用)

黒い鉄の頭に悪魔の角をさし、君たちは一歩退いた。そして武器を構え、呪文を用意した。

(・・・何も起こらない)

84.

(南の壁のボタンを押すと、壁がアーチに変わって通れる)

85.

(南の鉄格子)

門の上には黒い鉄で鋳造された、不気味な顔がついていた、それはまるで、冥土の世界の生き物のようだった。

顔の額のところには大きな穴が開いていた。おそらく、太い蝋燭をさす場所なのだろう。

門の格子の向こうに、封がされた箱があるのが見えた。だが、その中身がなんなのかはここからではわからなかった。

(デーモン・スポーンの角を使用)

黒い鉄の頭に悪魔の角をさし、君たちは一歩退いた。そして武器を構え、呪文を用意した。

(鉄格子が開く)

P.

(宝箱を開ける)

宝石が散りばめられた絹のクッションの上で、ヘビがより合わさった形の が黄金の輝きを放っていた。

(悲しみの海南西、ドラゴン連峰の入り江で夜に使う、コイルofサーペントを入手)

86

”出口はこちら”

87.

(ダーンの塔1階88へワープ)

Wiz7 データベース トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする