Wizardry7の敵モンスター・甲虫のデータ

このページでは、Wizardry7で登場する敵モンスター甲虫の主要なデータを掲載しています。

Wiz7モンスター・甲虫のデータ

基本能力値

LV HP スタミナ 出現数 EXP 先制 逃走率 窒息 即死
バイターバグ 1 3~6 62~104 1~3 162 11 0% 1 1
スタッグウィービル 2 6~12 63~112 1~4 380 14 0% 1 1
ボアリングビートル 2 6~12 63~112 2~4 550 14 0% 1 1
ベノムウィービル 5 25~40 108~192 1~3 2068 19 0% 2 1
ホッグビートルA 35~56 63~112 2~6 2676 19 0% 4 3
ホッグビートルB
7 35~56 63~112 9 2676 19 0% 4 3
ボアウィービルA
10 50~80 63~112 1~3 6349 53 0% 7 6
ボアウィービルB 9 45~72 63~112 1~2 5808 23 0% 7 6
ベアウィービル 16 80~128 175~308 1~2 21850 30 0% × 12

補足説明

  • 窒息 アスフィジェーションで倒すのに必要な呪文パワーレベル(以下PL)
  • 即死 デス・ウィッシュ、デス・クラウドで倒すのに必要な呪文PL。

必要PLが8以上の場合は、デス・クラウドの重ね掛けでのみ実現。

即死・窒息の調査対象はSteam英語版で、Wizardryコレクション(日本語版PC9801)とは必要即死PLが異なる。

属性抵抗

電撃 冷気 麻痺 睡眠 超能 生命 魔法
バイター・バグ 5 25 0 5 10 0 5 15 5 10 0 0 0
スタッグ・ウィービル 15 25 5 15 25 15 25 15 5 10 5 5 5
ボーリング・ビートル 15 25 5 15 25 15 25 15 5 10 5 5 5
ベノム・ウィービル 20 35 10 20 35 20 35 20 10 15 10 10 10
ホッグ・ビートル 24 43 14 24 43 24 43 24 14 19 14 14 14
ボアウィービルAB 24 43 14 24 43 24 43 24 14 19 14 14 14
ベア・ウィービル 29 53 19 29 53 29 53 29 19 24 19 19 19

睡眠属性に弱いのでスリープの魔法で足止めするのが基本。

一方、電撃の抵抗力が微妙に高いので、ブラインディング・フラッシュで無力化を狙うなら複数で使うと良い。

攻撃呪文を使う場合は、気・地属性以外の魔法なら大体ダメージを与えられる。

個別解説

バイター・バグ

序盤に戦うであろうモンスターの中では逃走しないので、安心して忍術スキルや発生術スキルを鍛える練習台に出来る。

とはいえ、時として駆け出しの冒険者を葬る事もあるので、レベルが上がるまで油断は禁物。

スタッグ・ウィービル

バイター・バグに毛が生えた程度の能力で、冒険スタート直後に遭遇する事も出来るが、レベル1で戦うのは少々危険な相手である。

ボーリング・ビートル

上記に2体と比較すると攻撃力が高くて10程度のダメージを食らう事がある。

低レベルでスターター・ダンジョンの地下2階を探索する時は、正体不明の甲虫をバイターバグやスタッグビートルと勘違いしないように。

ベノムウィービル

ベノムとは毒の事で名前に違わず毒攻撃を持っているが、攻撃力はあまり高くなくて出現数も少なく、分布場所では他のモンスターよりも弱い方なので、あまり強い相手ではない。

ちなみに英語版と日本語版ではモンスターの即死魔法必要PLが異なっていて、日本語版はオリジナルの英語版より全体的に低いパワーで即死するのだが、ベノムウィービルは例外で日本語版の方が即死PLが高くなっている。

ホッグビートルA

後述のボアウィービルよりも弱いのだが、こちらの方が登場時期が遅い事もあって苦戦する事は珍しい。

ドラゴンルークの後続として出現した場合は、とりあえず眠らせてしまえばドラゴンルークのグループに攻撃を集中できる。

ホッグビートルB

こちらはニクタリンスの教会跡地でのみ出現する個体で、基本的なデータはほとんど同じ。

パーティー平均レベルが11以上だと5グループで襲い掛かってくるため、非常に鬱陶しく感じられるが、全体即死魔法を覚えていればあっさり片がつく。

ボアウィービルA

毒攻撃だけでなくマヒ攻撃も持っているので、1人が集中攻撃を食らってしまうと命が危ないかも。

ガーディア中で広く分布しているモンスターだが、ニューシティー近辺ではあまり見かけない種である。

ただ、ニューシティーの監獄やミュルデミオンの花粉地帯など特殊なケースで出会う事はあるので、低レベルの内に戦う事になったら注意しよう。

ボアウィービルB

こちらは、オルコグレの牢獄でのみ出現する特殊な個体。

Aに比べると能力値は低いのでお供のモンスターも変わり映えしないので、Aとそれなりに戦えるならそこまで苦戦する事は無い。

ベアウィービル

最高ランクの甲虫類ながら呪文は効きやすく、相変わらずスリープの呪文に弱い。

ただ、HPや攻撃力が高くてマヒ攻撃を持っており、倒し切れなければ手痛い反撃を受ける可能性もあるので、決して油断しないように。

Wiz7 データベース トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする