Wizardry7の敵モンスター・スケルトンのデータ

このページでは、Wizardry7で登場する敵モンスタースケルトンの主要なデータを掲載しています。

Wiz7モンスター・スケルトンのデータ

基本能力値

LVHPスタミナ出現数EXP先制逃走率窒息即死
スケルトンA420~3699~1803~5104813011
スケルトンB420~3699~1803~6116813011
ミノスケル630~54121~2203~5221716032
ゾンビスケル840~72143~2603~5420016054
フェイティドコープス1060~100165~3001~21409622076
スケルトンロードA1060~100195~3301~21268522076
スケルトンロードB1277~125195~3301~214621220×8
ラーセレテップ436~4099~1801183513011
ユムー12132~180187~340127388230×8
ビレッドカネベ14154~210209~380142967230×10

補足説明

  • 窒息 アスフィジェーションで倒すのに必要な呪文パワーレベル(以下PL)
  • 即死 デス・ウィッシュ、デス・クラウドで倒すのに必要な呪文PL。

必要PLが8以上の場合は、デス・クラウドの重ね掛けでのみ実現。

即死・窒息レベルは英語版(Steam版)のもので、日本語版(Wizardryコレクション PC9801)は全体的に敵レベルが少し抑えられているので、即死させるのに必要なパワーレベルが異なる。

属性抵抗

電撃冷気麻痺睡眠超能生命魔法
スケルトンA3550752012012010151201202055
スケルトンB3550752012012010151201202055
ミノスケル657585401201202545120120504025
ゾンビスケル657585401201202545120120404025
フェイティドコープス657585401201202545120120505050
スケルトンロードA657585401201202545120120505050
スケルトンロードB657575401201202545120120505050
ラーセレテップ355075201201201015120120201050
ユムー859595501201203565120120858585
ビレッドカネベ859595501201203565120120858585

骸骨系は地属性を共通の弱点としているので、ブレーズやクラッシュなどの呪文があれば戦いやすいが……。

前者では最高パワーでスケルトンをどうにか倒せる威力しかなく、後者は単数魔法なのでHPが高い相手が一度に複数出られると厳しい。

アンデッドなのでディスペルアンデッドの呪文が有効だが、上級の骸骨ともなると生命力の抵抗力が高いので、思ったような効果が出ない事もある。

 

死んでいるモンスターながら即死魔法が有効なので、スケルトンなどは低パワーのデスウィッシュで簡単に一掃出来る。

意外にも麻痺属性への耐性が薄いので、単体で出現した場合はパラライズやウェブの魔法を使ってみるのも良い。

個別解説

スケルトンA

HPがそこそこ高くてマヒ攻撃を持っているので、オールドシティーを早期に探索する場合は注意が必要である。

なかなかタフなモンスターなのに経験値があまり美味しくないので、対処法に乏しいなら逃げてしまうのも手か。

早期にデスウィッシュを覚える事が出来れば、一瞬で全滅させられる楽なモンスターになるが。

スケルトンB

こちらは召喚によって出現するスケルトンで、通常遭遇は他モンスターの後続だけとなっている。

能力値に関しては全く同じで得られる経験値が若干違う程度なので、ほぼ同じモンスターと考えて構わない。

ミノスケル

スケルトンよりも全体的な能力が高まっていて、地属性の攻撃以外が通用し辛くなっている。

ディスペルアンデッドもレベルが互角の程度だと思ったように倒せないので、そこそこ高いHPを地道に削るしかない。

ミノスケルもオールドシティーで出現する可能性があるので、ダンジョンの宝箱を早く手に入れたいプレイヤーの壁となる。

ゾンビスケル

ミノスケルよりも全体的な能力が高まっているのに、出現数は全く同じなのでかなり厄介。

それに加えて吐き気ブレスまで使ってくるので、放っておくと行動ストップをかけられて長期戦になってしまう。

かなりの強敵なのに得られる経験値が少ないので正に骨折り損。

フェイティドコープス

フェイティドコープスは呪文を操る骸骨で、通常攻撃のダメージが高く疾病の追加効果まで織り交ぜてくる。

幸い出現数が少ないので油断しなければそれほど問題では無いが、ゾンビスケルをお供として連れているのがむしろ厄介かもしれない。

フェイティドコープスに意識を集中させればゾンビスケルが野放しになるし、そこそこタフなゾンビスケルを倒そうとすれば、中途半端になって倒し切れず大惨事になる。

スケルトンロードA

こちらは後続としてスケルトンやスペクトラルレイヴンを従えているスケルトンロード。

デスの呪文はレベル20程度でも効いてしまう事があるので、生命力の攻撃に抵抗力が無いとあっさり死人が出てしまう。

他の呪文も攻撃呪文や状態異常、呪文妨害と嫌な効果の魔法が揃っている強敵となっている。

 

後続のモンスターが雑魚なので、スケルトンロードへ集中攻撃をかけられるのが救い。

召喚呪文によって出現するスケルトンロードは、こちらの個体を呼び寄せるようになっている。

スケルトンロードB

ムンクハラマ地下の霊廟で出現するボス敵だが、シナリオ終盤・過去の神殿においても出くわす事がある。

スケルトンロードBはAよりも全体的な能力が高く、スケルトンロードB自身をお供として連れている。

1グループだけでも手間取るのに5グループも出現するのだから厳しい。

 

ダーンの塔1階でジョンガパウダーを買い込んで、パーティー全員に持たせるくらいの対策をしておこう。

もっとも、こちらのレベルが低い内はなかなかディスペルアンデッドが効かないので、そんな時は地道にダメージを重ねていくしかない。

ラーセレテップ

スターターダンジョンのボス敵と言って差し支えないモンスターで、レベルが低い内は単体での出現でもかなりの強敵になる。

お供そしてナイトルークを連れているので、まずはそちらを眠らせてしまうと良い。

動ける敵がラーセレテップだけになったら、有効な攻撃魔法と武器攻撃で一気に畳みかけてしまおう。

ちなみに、シナリオのの終盤でも何故か中ボスとして登場するが、能力値は全く同じなので軽く撃破して部屋のお宝を頂いてしまおう。

ユムー

ニクタリンスの墓地を掘り返すと襲い掛かってくる謎のアンデッド。

クラッシュの魔法が使えれば何てことない敵だが、呪文がほとんど効かないゴーストをお供として連れているので注意したい。

戦利品として手に入るユムーズポーは呪われているが、なかなか高性能で最終装備の候補にあがる補助武器なので、とりあえず入手しておいて損は無い。

ビレッドカネベ

ニクタリンスの奥地に埋葬されている骸骨で、恐怖のライフスティールを含めた数々の呪文を使ってくる。

ユムーと同様にゴーストを従えているため、大した実力も無しにビレッドカネベの墓を暴くべきではない。

ゴーストをどうにか倒せる実力があるなら、ビレッドカネベはクラッシュの呪文を連発してさっさと倒す戦法を取ろう。

 

Wiz7 データベース トップへ戻る

WizardryWizardry7
スポンサーリンク
kai_lioをフォローする
kai_lio ブログ

コメント