Wizardry7 バルブラク関連のメッセージ・テキスト集

このページではWizardry7の非交渉NPC、バルブラク軍曹に関連したメッセージやテキストを掲載しています。

Wiz7NPC・バルブラクのメッセージ集

”募兵局 入隊者受付”

(募兵局の内部へ)

入隊者受付の建物の壁には、軍服に身を固めたたくましいアンパニ兵の、実物よりも大きな顔のアップのポスターが貼られていた。そしてそこにはこう記されていた。

義務! 力! 勝利!! 今こそIUFへ!

そのポスターは、まるでそこに入れば日常の雑事や面倒ごとから縁が切れるというような印象を与えた。しかし、それがどれほど多くのものを代償とするのかは、入隊するまでは気づかないのである。

そこには自由などはない。

と、その時、太った男が自分の存在を知らしめるように鼻を鳴らした。

これは大変なチャンスだぞ。

家に帰れるなんて考えたこともなかっただろう?

だが、外地での探索任務に出れば特例もあるのだ。もちろん、諸君がSTFに興味があればの話だが。

知っての通り、STFとは特殊戦術部隊のことだ。

(質問)どうかね、アンパニ帝国軍の偵察隊員に志願するかね?

いいえ/ノー

実に残念だ。諸君にはうってつけだと思ったのだが…

だが、IUFは常に才能があるものを求めている。

気が変わったら来てくれたまえ。いつでも歓迎する。

はい/イエス

私はバルブラク軍曹。今から諸君の直属士官だ。

STFの志願者として、これから特別な指示を与える。

給与は任務に比例して払われる。これからしばらくの間、諸君は私の指揮下に入る。

アクパイルに滞在中は、NEPS兵舎を使用すること。これは新入隊者個人宿舎の略である。

この手紙をもって兵站部のカボム軍曹のところに行け。そこで装備をもらい、次の指示を受けるように。

(指令書#1を受け取る)

ところで…まあ、よい。

IUFに来た事を、歓迎しよう。

(指令書#3を入手するまで)

兵站部へ行けと命じたはずだぞ。

なにをしに戻ってきたんだ?

さぁ行ってこい。基礎訓練が終わらないと、実戦への参加はありえんぞ。

射撃訓練を終えた後

さてさて、候補生の気分はどうかね?

装備も整い、訓練も終了したようだな。

では、最初の任務に移ってもらう。

アクパイルの北に位置するトラモンテンの森に、正体不明の一団が侵入したとの情報が入った。

一般人かもしれない。だが、スパイの可能性もある。

ティーラングではないという保証もない。

そこで、諸君らへ指令を言い渡す。

(指令書#4を受け取る)

トラモンテンの森を偵察し、脅威の存在を確認せよ。

周辺の偵察終了後は、ただちに帰還し報告せよ。

もしティーラングを発見した場合は確実に仕留め、報告せよ。

IUFのモットーを忘れるな! 義務! 力! 勝利!!

(偵察をする・しないに関わらず、以下のセリフになる)

ちょうど心配し始めていたところだ。

さあ、報告したまえ。

(質問)ティーラングを発見したかね?

いいえ/ノー

では、情報は誤報ということか…

偵察任務終了につき、200GPを支払う。

では、新しい指令を与える。

(指令書#5を受け取る)

今度は、諸君にはニュー・シティーに行ってもらう。

派遣隊の事務所まではハンパワーマーで直に行ってもらう。

この許可書でハンパワーマー・ステーションに入れる。

(ハンパカードをもらう)

諸君は追跡者のロダン・レワークスの所へ行き、

この文書を渡して欲しい。

(ヤモの書簡を受け取る)

ヤモ将軍から彼に宛てたメッセージだ。

任務終了次第、ただちに戻って私に報告するように。

これは重要な任務であるから、心してかかれ。

慎重に、かつ速やかに行動せよ。よけいな行動は取るな。

それから、ロダンの周りでティーラングという言葉を使うな。

その言葉を聞くと、ロダンは手がつけられなくなるぞ。

(会話終了)

はい/イエス

(質問)撃破したか?

いいえ/ノー

なに?!?

生きたまま逃した???

それでは意味がないではないか!

それでは任務は失敗だ。

もう一度行って奴らを捜してこい。

今度は逃がすなよ!

はい/イエス

(ケーボラを倒していない)

本当か?

我々の追跡者は、お前らがティーラングから逃げたところを目撃しているぞ!

それでは任務は失敗だ。

もう一度行って奴らを捜してこい。

今度は逃がすなよ!

(ケーボラを倒している)

よくやった。

私はすぐにこれをヤモ将軍に報告する。

偵察任務成功の報酬として500GP支払われる。

ティーラングのスパイの撃破は5000GPのボーナスだ。

では、新しい指令を与える。

(指令書#5を受け取る)

今度は、諸君にはニュー・シティーに行ってもらう。

派遣隊の事務所まではハンパワーマーで直に行ってもらう。

この許可書でハンパワーマー・ステーションに入れる。

(ハンパカードをもらう)

諸君は追跡者のロダン・レワークスの所へ行き、

この文書を渡して欲しい。

(ヤモの書簡を受け取る)

ヤモ将軍から彼に宛てたメッセージだ。

任務終了次第、ただちに戻って私に報告するように。

これは重要な任務であるから、心してかかれ。

慎重に、かつ速やかに行動せよ。よけいな行動は取るな。

それから、ロダンの周りでティーラングという言葉を使うな。

その言葉を聞くと、ロダンは手がつけられなくなるぞ。

(ロダンの所へ行かなくても下記のメッセージに)

そろそろ戻る時間だと思っていた!

(質問)ロダン・レワークスにメッセージを渡したか?

いいえ/ノー

それは帝国軍にとって重要な書類だぞ!!

すぐに届けてこい!!!

はい/イエス

諸君がこうして無事に戻ってきたところを見ると、ロダンはニュースを喜んだようだな。

この任務に志願するものは他にいなかったのだ。だから諸君が派遣された。

諸君にとっては幸運なことに、この任務を逃れるためにいくらか払ったものもいる。

諸君に対する正規の支払いは350GPだ。

それに”有志”からの寄付が7820GPある。

合計で、支払いは8170GPだ。

ロダンが、動くなという命令にいつまで従うものやら…

さて、諸君の次の目的だ。

ヤモ将軍がロダンに関する報告を直接聞きたいそうだ。

これが新しい指示だ。

(指令書#6を受け取る)

司令部の守衛にこれを見せれば、案内してくれる。

もしヤモ将軍から新しい指示がなかった場合、ただちに戻って私に報告するように。

行きたまえ、将軍がお待ちだ。

(アンパニ族との友好度が低い)

侵入者だ!

警報を鳴らせ!!

(バルバラクと戦闘になる)

Wiz7 データベース トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする