Wiz7 オープニング 新規開始・Wiz6アレスエイデスEND

Wiz7新規開始・Wiz6アレスエイデスEND

Wiz7新規開始

君たちは捨て去られた寺院の廃墟に、宝物と冒険を求めてやってきていた。

”私はアレスエイデス。コズミック・フォージ、運命の手のペンを取り戻しに来たものだ!

コズミック・フォージは、盗んだものたちによって、まさにこの部屋に隠されていた。

Wiz6アレスエイデスENDから転送

見よ! コズミック・フォージを!

君はペンに近付いた。

”それは私がもらっておこう!”と不思議な声がした。

”私はアレスエイデス。コズミック・フォージ、運命の手のペンを取り戻しに来たものだ!

コズミック・サークルのロードたちは、これの戻りを待っている。なにしろ宇宙の秩序を維持し、世界の運命をコントロールしているのはこのペンなのだから。

※以後、どちらでもオープニングテキストは同じ

コズミック・フォージが盗まれ、それと共に、天国の運命を司ってきた、コズミック・サークルが著す定めの力も失われた。

そして、フォージがなくなって以来、様々な災難がまき起こり、それは今や宇宙の存亡にも関わる事態となった。

ガーディアと言う名の小さな世界が、宇宙の遥か彼方で、長いこと外界から隠されて存在していた。

その世界に秘められた偉大な力を守るため、コズミック・サークルが隠していたのだ。

ところが、コズミック・フォージがなくなり、ガーディアも秘密ではなくなってしまった。

この宇宙で最も強力な品、アストラル・ドミナの隠し場所が明らかになってしまったのだ!

こうして話している間にも、邪悪な存在が惑星に近付いている、日に日に、その力は強くなっている。

黒い船、破壊の船、その名はブラック・シップ。

その黒き船のうちには、破滅の使者、コズミック・サークルへの挑戦者が乗っているのだ。

ダーク・サヴァントだ。

彼はコズミック・サークルを打ち破り、星々の運命を護っているその支配に終止符を打とうとしている。

神の力を自分一人の手に握って。

彼はアストラル・ドミナの偉大な力を探っている。

そして、すでに秘密を解く鍵の一部は手に入れている。

ダーク・サヴァントの船には若い女性が乗っている。その名は、ヴィ・ドミナ。

彼女の内には、アストラル・ドミナにつながるなにかがある。彼女自身それがなにかは知らないが、彼女なしにあの力を得ることはできない。

そして他にも、これを狙うものがいる。

ティーラング

アンパニ

いそがなければ時間がない。

私はコズミック・フォージをサークルのロードに持っていかねばならない。

君たちは私と一緒にガーディアにいって、私が戻るまでアストラル・ドミナを守って欲しい。”

小さい鋼鉄の鳥の中で、君たちは遥か宇宙の彼方へ旅した。

数ヶ月の間旅は続き、アレスエイデスは狭く陰気な船室の居心地をよくするようなことはほとんど話さなかった。

そしてついに、君たちは着いた。

惑星ガーディア

”到着だ!”アレスエイデスは、そう叫ぶと同時に、君たちが数カ月前にこの船に乗ったときのようにテレポーテーション装置を作動させた。

君たちは、近くに散らばっていた持ち物すべて手にする間もなく、不思議な光に包まれて新しい世界に立っていた。

共にミュルデミオンの道から冒険が始まるが、スタート場所は以下の通り

Wiz7新規開始 南部からスタート

Wiz6アレスエイデスEND 北部からスタート

Wiz7 データベース トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする