Wizardry7・戦闘時の呪文による±補正のまとめ

このページではWizardry7の戦闘時における、呪文による能力補正のプラス・マイナス値についてまとめてみました。

Wiz7・能力補正呪文の一覧(効果別)

AC(回避率)に関わる呪文

AC(アーマークラス)は数値が低ければ低いほど良いの、補正がマイナスの方が有利な効果である。

ACは攻撃の回避率と言うよりは、敵の命中率を下げる意味合いがあると考えた方が良いかも。

効果範囲 PL1 PL2 PL3 PL4 PL5 PL6 PL7 他の補正
ブレス 味方全員 -1 -1 -2 -2 -3 -3 -4 命中率
アーマーシールド 味方1人 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 なし
スーパーマン 味方1人 -1 -1 -2 -2 -3 -3 -4 命中率・ダメージ・先制速度
アーマーメルト 敵1グループ +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 なし

上記の呪文は重ねがけが無効で、違う種類の魔法だとしても同じ事で、「数値が増減する」のではなく「その数値にする」と考えよう。

リフレクションのスキルにもAC(回避率)-補正効果があるが、呪文の補正と合算される事は無い。

リフレクションを極めたキャラに、ACを低下させる呪文を唱えても無意味となる。

リフレクションのスキルが低い時にACを下げた場合は、スキルの効果自体が無くなる。

例外として、常駐魔法のアーマープレートによって、更にAC(回避率)を向上させる事が出来る。

命中率に関わる呪文

効果範囲 PL1 PL2 PL3 PL4 PL5 PL6 PL7 他の補正
ブレス 味方全員 +1 +1 +2 +2 +3 +3 +4 AC
スーパーマン 味方1人 +1 +1 +2 +2 +3 +3 +4 AC・ダメージ・先制速度
ウィークン 敵3+PL -1 -1 -2 -2 -3 -3 -4 ダメージ

上記の呪文は重ねがけが無効で、違う種類の魔法だとしても同じ事で、「数値が増減する」のではなく「その数値にする」と考えよう。

イーグルアイのスキルにも命中率の+補正効果があるが、呪文の補正と合算される事は無い。

そのため、イーグルアイを極めたキャラに命中補正の呪文を唱えても無意味。

例外として、常駐魔法のエンチャンテッドブレードによって、更に命中率の補正を高める事が出来る。

ダメージ補正に関わる呪文

ダメージ補正は、武器で攻撃した時のダメージ量に影響する。

効果範囲 PL1 PL2 PL3 PL4 PL5 PL6 PL7 他の補正
スーパーマン 味方全員 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 AC・命中率・先制速度
ウィークン 敵3+PL -1 -1 -2 -2 -3 -3 -4 命中

上記の呪文は「数値が増減する」のではなく「その数値にする」と考えよう。

パワーストライクにも同様の効果があり、スーパーマンと+補正が重複する事は無い。

例1

パワーストライクのスキルは極めるとダメージ補正が+12になる。

そこにスーパーマンをPL7で唱えても補正は+19にはならず+12のまま。

例2

パワーストライクを習得したばかりだと補正は+2だが、ここにスーパーマンPL7を使っても補正は+9にならず+7止まり。

先制速度に関わる呪文

先制速度は「SPD+レベル(最高20)」で基本値が決まり最高は40である。

この基本値に呪文やスキルの補正を加えた数値で、戦闘の行動順が決定する。

効果範囲 PL1 PL2 PL3 PL4 PL5 PL6 PL7 他の補正
ヘイスト 味方全員 +2 +4 +6 +8 +10 +12 +14 なし
スーパーマン 味方1人 +2 +4 +6 +8 +10 +12 +14 AC・命中率・ダメージ
スロー 敵3+PL -2 -4 -6 -8 -10 -12 -14 なし

上記の呪文は重ねがけが無効で、違う種類の魔法だとしても同様で、「数値が増減する」のではなく「その数値にする」と考えよう。

スネークスピードスキルによる先制速度の補正も、呪文と同じ扱いなので重複はしない。

例1

ヘイストとスーパーマンをPL7で同じターンに使っても、先制速度の+補正は28ではなく14止まりである。

例2

スネークスピードスキルを極めたキャラは、戦闘開始直後から+12の先制速度補正がかかっている。

このキャラクターにスーパーマンをPL7で唱えたとしても、先制速度の補正が+26にはならず、+14までしか上がらない。

先制速度の補正だけはターン終了ごとに1ずつ下がっていき、これはスネークスピードでも同様。

Wiz7攻略・システムTOPぺージへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする