Wizardry7における呪文データリスト【地の領域編】

このエントリではWizardry7で使う事が出来る、地領域の呪文をリスト化した物を載せます。

呪文ごとの特徴や、私自身の評価についてまとめたので、よろしければご覧ください。

別領域の呪文に関しては、以下のリンクからどうぞ

Wizardry7における呪文データリスト【炎の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【水の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【気の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【心の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【聖の領域編】

各項目の説明 ※長文注意

呪文レベル

戦闘時における魔法の成功率や、呪文の習得に必要なスキル値に関わっている。

成功率に関しては詳細な数値が不明な上、能力が未熟だと簡単な呪文でも失敗する為、魔法の熟練者を基準とした失敗の境界線を載せた。

呪文レベル 必要スキル 失敗境界
1 0 全レベル成功
2 18
3 36
4 54 レベル7
5 72 レベル6以上
6 90 レベル5以上
7 98 レベル4以上

※アンチ・マジックを使われた場合はこの限りでは無い

高レベルの呪文を覚えられるかは該当スキルの値が影響し、どんなにレベルを上げようともスキルが低ければ初歩的な魔法しか覚えられない。

習得系統

レベルアップ時に呪文を習得するには、それぞれ下記の職業である必要がある。

  • メイジ系    メイジ(Mage) バード(Bard) 侍(Samurai) ビショップ(Bishop)
  • プリースト系  プリースト(Priest)  バルキリー(Valkyrie) ロード(Lord) ビショップ
  • アルケミスト系 アルケミスト(Alchemist) レンジャー(Ranger) 忍者(Ninja)
  • サイオニック系 サイオニック(Psionic) モンク(Monk)

太字の職業に関しては、キャラクター作成時にも呪文を2つ習得し、ビショップの場合はメイジ系とプリースト系の呪文を1つずつ覚え、レベルアップ時にも呪文を交互に習得する(偶数レベルでメイジ系、奇数レベルでプリースト系)

対象スキル

PC版の場合は下記の通り英語表記になるが、若干スキル名が紛らわしいので2系統を扱うビショップや、転職を繰り返すプレイスタイルの場合は注意。

呪文系統 PS版 PC版
メイジ系 魔術(マジュツ) Thaumaturgy
プリースト系 神学(シンガク) Theology
サイオニック系 精神学(セイシンガク) Theosophy
アルケミスト系 錬金術(レンキンジュツ) Alchemy

ちなみに転職によってスキルだけ持っていても、該当の職業でないと呪文は覚えられない。

下記に例を挙げてみた。

  • 神学100のプリーストから侍に転職した
  • キュア・ストーン(該当スキル90必要)を習得し忘れたので、レベルアップ時に覚えようとした
  • しかし、では神学スキルは無関係なので覚えられない。

攻撃属性

攻撃属性は下記の12種類に分かれている。

炎(Fire) 冷気(Cold) 気(Air) 地(Missiles) 睡眠(Hypnosis) 生命力(Lifeforce)
電撃(Light) 麻痺(Paraiysis) 毒(Poison) 酸(Acid) 超能力(Psionic) 魔法力(Magic)

呪文のイメージと実際の攻撃属性が食い違うケースや、属している領域とは関連が薄いケースもあるので要注意。

例. ホールド・モンスターズは敵を麻痺状態にするが、攻撃属性は睡眠(Hypnosis)だし、デスの呪文は心の領域の呪文だが、イメージ通り生命力(Lifeforce)属性である。

ダイス表記(○D○)について

ダメージや回復量の数字に付いたカッコ内は、ダイス形式による表記で、左側の数字がサイコロを振る回数、右側の数字はサイコロの面数を表す。

簡単に説明すると、一般的な六面体のサイコロ(Dice)を2回振ったら、ダイス形式では(2D6)と表記され、目の合計パターンを表にまとめると、

2 1+1
3 1+2 2+1
4 1+3 2+2 3+1
5 1+4 2+3 3+2 4+1
6 1+5 2+4 3+3 4+2 5+1
7 1+6 2+5 3+4 4+3 5+2 6+1
8 2+6 3+5 4+4 5+3 6+2
9 3+6 4+5 5+4 6+3
10 4+6 5+5 6+4
11 5+6 6+5
12 6+6

となり、中間の7が一番出やすくて、最低値の2や最高値の12が出にくい事が分かる。

Wiz7の地領域呪文(全14種)

アシッド・スプラッシュ/Acid Splash

  • 呪文系統  アルケミスト系
  • 対象スキル 錬金術(Alchemy)
  • 呪文レベル 1
  • 消費MP 2×パワーレベル
  • 攻撃属性 酸(Acid)
  • 効果範囲 敵1体
  • 主な効果 パワーレベル×1~7(1D7)のダメージを与える

酸の呪文は、ニューシティーで出現するサヴァント系に有効だが、対象は1体だけなので多数出現されると、この魔法だけで倒しきるのは困難。

酸よりは効きにくくとも、他の属性の攻撃呪文に頼るしかないのが実情か。

イッチング・スキン/Itching Skin

  • 呪文系統  アルケミスト系
  • 対象スキル 錬金術(Alchemy)
  • 呪文レベル 1
  • 消費MP 2×パワーレベル
  • 攻撃属性 酸(Acid)
  • 効果範囲 敵2体+パワーレベル
  • 主な効果 対象を痒み状態にする

痒み状態は足止めの効果が無く、攻撃が当たりやすくなる実感も薄いので、気休め程度にしか使えない呪文。

アーマー・シールド/Armor Shield

  • 呪文系統  メイジ系
  • 対象スキル 魔術(Thaumaturgy)
  • 呪文レベル 1
  • 消費MP 2×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方1体
  • 主な効果 対象の回避率や貫通抵抗を高める

回避率や貫通抵抗を高める効果は、心領域のブレスや、パーソナルスキルのリフレクションの効果とは重複せず、一番高い物の効果が優先されるので注意。

ディレクション/Direction

  • 呪文系統  メイジ系
  • 対象スキル 魔術(Thaumaturgy)
  • 呪文レベル 1
  • 消費MP 3×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方全体
  • 主な効果 パワーレベル×100(ゲーム時間)の間、魔法のコンパスで方角を表示し続ける

マップキットを使えばパーティーがどの方角を向いているか分かるため、常に方角を表示させたい時以外は、あまり使い道が無い。

PS版に至っては、マップキットを使う事でミニマップが常に表示されて、パーティが向いている方角も分かるため、死に呪文といっても差し支えない。

ノック・ノック/Knock-Knock

  • 呪文系統  メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 呪文レベル 2
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 宝箱/鍵のかかった扉
  • 主な効果 宝箱の罠を無効化したり、扉の鍵を開錠する。罠の強さや鍵の複雑さによって、必要なパワーレベルが変化

中盤までの宝箱であれば、この呪文をフルパワーで唱える事で、ほとんど安全に開ける事が出来る。

一方、後半の宝箱は罠の力が非常に強いせいか、この呪文で安全に開けるのは不可能に近い。

ブレーズ/Blades

  • 呪文系統  プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 呪文レベル 3
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 地(Missiles)
  • 効果範囲 敵3体+パワーレベル
  • 主な効果 パワーレベル×2~8(2D4)のダメージを与える

同レベルのファイアーボールと比較すると威力が劣るが、それでも性能が良い呪文で、プリーストやサイオニックにとっては主力となる攻撃魔法。

アーマー・プレート/Armorplate

  • 呪文系統  プリースト系
  • 対象スキル 神学(Theol)
  • 呪文レベル 3
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方全体
  • 主な効果 パワーレベル×50(ゲーム時間)の間、回避率と貫通抵抗を上げる

ウェブ/Web

  • 呪文系統  メイジ系/アルケミスト系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/錬金術(Alc)
  • 呪文レベル 3
  • 消費MP 7×パワーレベル
  • 攻撃属性 麻痺(Paralysis)
  • 効果範囲 敵1体
  • 主な効果 対象の麻痺状態にする。

対象が1体なので足止め効率は低い。

単体で出てくる強敵に効けば強力だが、そういった敵は麻痺(Paralysis)に対して強い抵抗力を持っているので、この呪文が活躍する場面は少ない。

ホイッピング・ロック/Whipping Rocks

  • 呪文系統  メイジ系/アルケミスト系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/錬金術(Alc)
  • 呪文レベル 3
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 地(Missile)
  • 効果範囲 敵1グループ
  • 主な効果 パワーレベル×1~6(1D6)のダメージを与える

1レベル下のシュリル・サウンドと威力がほとんど変わらないのに、消費MPや習得に必要なスキルが倍なので、イマイチ頼りない呪文。

アシッド・ボム/Acid Bomb

  • 呪文系統  アルケミスト系
  • 対象スキル 錬金術(Alchemist)
  • 呪文レベル 4
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 酸(Acid)
  • 効果範囲 敵1グループ
  • 主な効果 パワーレベル×1~6(1D6)のダメージを与える雲を作り出す。雲が持続するターン数はパワーレベルにより、ダメージ自体もターン毎に弱まっていく

この呪文があれば序盤の強敵である、サヴァント・トルーパーを倒しやすくなる。

ただ、威力を引き出す為には数ターンを要するので、パーティー全員が隠れられないと効果を活かせない。

アーマーメルト/Armormelt

  • 呪文系統  メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 呪文レベル 4
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 敵1グループ
  • 主な効果 対象の回避率や貫通抵抗を下げる。

攻撃が命中しない、当たっても貫通しなくてダメージを与えられない、といった時にこの呪文は活躍する。

クラッシュ/Crush

  • 呪文系統  メイジ系/アルケミスト系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/錬金術(Alc)
  • 呪文レベル 4
  • 消費MP 9×パワーレベル
  • 攻撃属性 地(Missiles)
  • 効果範囲 敵1体
  • 主な効果 パワーレベル×6~30(6D5)のダメージを与える

ディープ・フリーズより呪文レベルが低いのに、ダメージはこちらの方が若干高いので、結構お得に感じられるかもしれない。

ただ、消費MPは高いし、そもそも単体にしかダメージを与えられないので、使い勝手はそれほど変わらないか。

クリエート・ライフ/Create Life

  • 呪文系統  アルケミスト系
  • 対象スキル 錬金術(Alchemy)
  • 呪文レベル 5
  • 消費MP 10×パワーレベル
  • 攻撃属性 無し
  • 効果範囲 術者のパーティー
  • 主な効果 戦闘中だけ術者の仲間として戦うモンスターを召喚する。

最高レベルで召喚できるゴジリはかなり強力で、HPが高い上に完璧な属性抵抗を持っており、攻撃能力も高ダメージと最高ランクの命中性能を誇る。

キュア・ストーン/Cure Stone

  • 呪文系統  プリースト系/アルケミスト系
  • 対象スキル 神学(Theol)/錬金術(Alc)
  • 呪文レベル 6
  • 消費MP 18×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方1体
  • 主な効果 対象の石化状態を回復する。パワーレベル不足だと失敗し、治療と同時に死亡状態となるケースもある

Wiz7攻略・システムTOPぺージへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする