Wizardry7における呪文データリスト【心の領域編】

このエントリではWizardry7で使う事が出来る、心領域の呪文をリスト化した物を載せます。

呪文ごとの特徴や、私自身の評価についてまとめたので、よろしければご覧ください。

別領域の呪文に関しては、以下のリンクからどうぞ

Wizardry7における呪文データリスト【炎の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【水の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【気の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【地の領域編】

Wizardry7における呪文データリスト【聖の領域編】

各項目の説明 ※長文注意

呪文レベル

戦闘時における魔法の成功率や、呪文の習得に必要なスキル値に関わっている。

成功率に関しては詳細な数値が不明な上、能力が未熟だと簡単な呪文でも失敗する為、魔法の熟練者を基準とした失敗の境界線を載せた。

呪文レベル 必要スキル 失敗境界
1 0 成功
2 18
3 36
4 54 レベル7
5 72 レベル6以上
6 90 レベル5以上
7 98 レベル4以上

※アンチ・マジックを使われた場合はこの限りでは無い

高レベルの呪文を覚えられるかは該当スキルの値が影響し、どんなにレベルを上げようともスキルが低ければ初歩的な魔法しか覚えられない。

習得系統

レベルアップ時に呪文を習得するには、それぞれ下記の職業である必要がある。

  • メイジ系    メイジ(Mage) バード(Bard) 侍(Samurai) ビショップ(Bishop)
  • プリースト系  プリースト(Priest)  バルキリー(Valkyrie) ロード(Lord) ビショップ
  • アルケミスト系 アルケミスト(Alchemist) レンジャー(Ranger) 忍者(Ninja)
  • サイオニック系 サイオニック(Psionic) モンク(Monk)

太字の職業に関しては、キャラクター作成時にも呪文を2つ習得し、ビショップの場合はメイジ系とプリースト系の呪文を1つずつ覚え、レベルアップ時にも呪文を交互に習得する(偶数レベルでメイジ系、奇数レベルでプリースト系)

対象スキル

PC版の場合は下記の通り英語表記になるが、若干スキル名が紛らわしいので2系統を扱うビショップや、転職を繰り返すプレイスタイルの場合は注意。

呪文系統 PS版 PC版
メイジ系 魔術(マジュツ) Thaumaturgy
プリースト系 神学(シンガク) Theology
サイオニック系 精神学(セイシンガク) Theosophy
アルケミスト系 錬金術(レンキンジュツ) Alchemy

ちなみに転職によってスキルだけ持っていても、該当の職業でないと呪文は覚えられない。

下記に例を挙げてみた。

  • 神学100のプリーストから侍に転職した
  • ロケート・パーソン(該当スキル98必要)を習得し忘れたので、レベルアップ時に覚えようとした
  • しかし、では神学スキルは無関係なので覚えられない。

攻撃属性

攻撃属性は下記の12種類に分かれている。

炎(Fire) 冷気(Cold) 気(Air) 地(Missiles) 睡眠(Hypnosis) 生命力(Lifeforce)
電撃(Light) 麻痺(Paraiysis) 毒(Poison) 酸(Acid) 超能力(Psionic) 魔法力(Magic)

呪文のイメージと実際の攻撃属性が食い違うケースや、属している領域とは関連が薄いケースもあるので要注意。

例. ホールド・モンスターズは敵を麻痺状態にするが、攻撃属性は睡眠(Hypnosis)だし、デスの呪文は心の領域の呪文だが、イメージ通り生命力(Lifeforce)属性である。

ダイス表記(○D○)について

ダメージや回復量の数字に付いたカッコ内は、ダイス形式による表記で、左側の数字がサイコロを振る回数、右側の数字はサイコロの面数を表す。

簡単に説明すると、一般的な六面体のサイコロ(Dice)を2回振ったら、ダイス形式では(2D6)と表記され、目の合計パターンを表にまとめると、

2 1+1
3 1+2 2+1
4 1+3 2+2 3+1
5 1+4 2+3 3+2 4+1
6 1+5 2+4 3+3 4+2 5+1
7 1+6 2+5 3+4 4+3 5+2 6+1
8 2+6 3+5 4+4 5+3 6+2
9 3+6 4+5 5+4 6+3
10 4+6 5+5 6+4
11 5+6 6+5
12 6+6

となり、中間の7が一番出やすくて、最低値の2や最高値の12が出にくい事が分かる。

Wiz7-心領域呪文(全21種)

メンタル・アタック/Mental Attack

  • 呪文レベル 1
  • 習得系統      サイオニック系
  • 対象スキル 精神学(Theosophy)
  • 消費MP 3×パワーレベル
  • 攻撃属性 超能力(Psionic)
  • 効果範囲 敵1体
  • 主な効果 パワーレベル×1~7(1D7)のダメージを与え、追加で混乱状態にする

この呪文を覚えるとリストの先頭に来てしまうので、スリープをよく使う場合は呪文選択が面倒かもしれない。

スリープ/Sleep

  • 呪文レベル 1
  • 習得系統      メイジ系/アルケミスト系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/錬金術(Alc)/精神学(Theos)
  • 消費MP 3×パワーレベル
  • 攻撃属性 睡眠(Hypnosis)
  • 効果範囲 敵3体+パワーレベル
  • 主な効果 対象を眠り状態にする

序盤の段階では、攻撃魔法で敵の数に対抗するのが難しいので、まずはこの魔法で行動を封じるの定石。

ただ、早い段階でスライムやサヴァント兵、敵ムンクといった、眠りの呪文に抵抗がある敵が出てくるので、当てにしすぎないよう。

また、唱えるパワーレベルが低いとすぐに目覚めてしまうので、敵の数が少なくとも高レベルで唱えた方が良い。

ブレス/Bless

  • 呪文レベル 1
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 4×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方全体
  • 主な効果 対象の攻撃命中率を上昇させ、全体ACを下げる(回避率を上げる)。

敵の攻撃が当たりにくくなるので便利だが、呪文レベルが低い事もあって、中盤以降は気休めの意味合いが強い。

また、命中率を上げる効果は、水領域のスーパー・マンや、パーソナルスキルのイーグル・アイの効果とは重複せず、一番高い物の効果が優先される。

AC(回避率)を下げる効果も、地領域のアーマー・シールドや、パーソナルスキルのリフレクションの効果とは重複せず、一番高い物の効果が優先される事に注意。

チャーム/Charm

  • 呪文レベル 1
  • 習得系統      プリースト系/アルケミスト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/錬金術(Alc)/精神学(Theos)
  • 消費MP 5×パワーレベル
  • 攻撃属性 睡眠(Hypnosis)
  • 効果範囲 敵1体/NPC会話時
  • 主な効果 敵1体を麻痺状態にする。NPCに効いた場合は交渉が有利に運びやすい

戦闘中は1体にしか効果が無いので、あまり使えない。

NPC(ノン・プレイヤー・キャラ)の有効度が低い場合は、まずこの呪文を使ってみるのが良いが、確実に成功する訳では無いので注意。

キュア・レッサー・コンド/Cure Lesser Cnd

  • 呪文レベル 2
  • 習得系統      プリースト系/アルケミスト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/錬金術(Alc)/精神学(Theos)
  • 消費MP 4×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方1人
  • 主な効果 恐怖・眠り・目潰し・吐き気・痒み状態を治療する。パワーレベルが足りない場合は完全に治せないが、症状自体は唱えた分だけ改善されている

これらの状態異常はすぐに治るケースが多いので、休息で治したい所だが、奇襲の可能性を考えるとこの呪文頼った方が良い。

一方、宝箱の罠による状態異常は気合が入っている事が多く、最大レベルで唱えても治療しきれない場合がある。

ディバイン・トラップ/Divine Trap

  • 呪文レベル 2
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 4×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 宝箱
  • 主な効果 宝箱の罠を調査・開錠する難度が下がる。

指先業のスキルが高くない場合は、確実性は担保されないのでこの呪文を頼りたい。

とはいえ、後半に出てくる宝箱は「指先業100+ディバイン・トラップPL7+シーフの職業補正」を持ってしても、罠を確実に外す事は出来ない。

ディティクト・シークレット/Detect Secret

  • 呪文レベル 2
  • 習得系統      メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 消費MP 5×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方全体
  • 主な効果 パワーレベル×50(ゲーム時間)の間、隠された物を感知する魔法の眼を創り出す。

初見のプレイではほぼ必須と言える呪文だが、一度クリアした事があるなら要らない呪文。

また、クリアした事があるならこの呪文が全ての異変に対応してくれる訳では無い、と言う事実も分かってしまうし。

アイデンティファイ/Identify

  • 呪文レベル 2
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 移動中・1アイテム/戦闘中・敵1グループ
  • 主な効果 アイテムを識別したり、敵の正体を判別したりする。成功率は識別難度とパワーレベル次第

戦闘中に唱えるのはあまり意味が無い。ヤバそうな敵なら始めから全力で攻撃した方が良いので。

移動中ならアイテムの鑑定に使えるほか、鑑定コマンドでは分からない事も調べられる(魔法アイテムの使用回数や魔法の抵抗力など)。

コンフュージョン/Confusion

  • 呪文レベル 2
  • 習得系統      アルケミスト系/サイオニック系
  • 対象スキル 錬金術(Alc)/精神学(Theos)
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 超能力(Psionic)
  • 効果範囲 敵1グループ
  • 主な効果 対象を混乱状態にする

攻撃属性が超能力(Psionic)で混乱の効果があるので、なかなか貴重な呪文である。

サイオニック系の専用呪文と思いきや、何故か錬金術師系の職業でも覚えられるので、何だか立場が無いような気がする。

ウォッチベル/WatchBells

  • 呪文レベル 5
  • 習得系統      メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 消費MP 5×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 味方全体
  • 主な効果 眠り状態から覚めさせる。起きるかどうかはパワーレベル次第

唱えられる者以外全て眠りこけているなら、この呪文は効果を発揮するかもしれない。

が、起きるタイミングは、唱えた瞬間ではなくターン終了時なので、敵に散々殴られて起こされたので、ウォッチベルを使った意味が無かった、というケースも。

ホールド・モンスターズ/Hold Monsters

  • 呪文レベル 3
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 6×パワーレベル
  • 攻撃属性 睡眠(Hypnosis)
  • 効果範囲 敵1グループ
  • 主な効果 対象を麻痺状態にする

効くかどうかの判定は、麻痺(Paralysis)ではなく睡眠(Hypnosis)で行われるので注意。

麻痺状態は何度か攻撃をすると治ってしまうので、一気にトドメを刺すか呪文をかけ直すかしよう。

マインドリード/Mindread

  • 呪文レベル 3
  • 習得系統      サイオニック系
  • 対象スキル 精神学(Theosophy)
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 NPC
  • 主な効果 NPCとの交渉時に使うと会話で聞ける、様々なキーワードを読み取れる。

PS版であればイベントをすっ飛ばしてしまう事が出来る。ファザー・ルラエ…儀式を学んだ……。

PC版の場合はあまり要らない呪文で、シナリオクリアには関係無い情報を得られるくらいか。

セーン・マインド/Sane Mind

  • 呪文レベル 3
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 10×パワーレベル
  • 攻撃属性 無し
  • 効果範囲 味方1体
  • 主な効果 対象の混乱状態を治療する。治療できるかはパワーレベルや混乱の強さによって決まる

強力な武器を装備していたり、斬り術スキルが高い者が混乱状態になると危険なので、この呪文でいち早く治したい所。

ちなみに、ニューシティーにある回復の泉(全額寄付)では、石化や死亡状態ですら治せるのに、混乱状態は治療出来ないので気を付けよう。

サイオニック・ブラスト/Psionic Blast

  • 呪文レベル 4
  • 習得系統      サイオニック系
  • 対象スキル 精神学(Theosophy)
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 超能力(Psionic)
  • 効果範囲 敵4体+パワーレベル
  • 主な効果 パワーレベル×1~7(1D7)のダメージを与え、追加でパワーレベルに応じた強さの混乱状態にする

追加効果で混乱に出来るのは嬉しいが、ダメージ自体が貧弱なので、物足りなく感じてしまうかもしれない。

一応、混乱の強度はなかなか強力なようで、コンフュージョンの倍近い強さの混乱に陥れる事が可能ではある。

イリュージョン/Illusion

  • 呪文レベル 4
  • 習得系統      サイオニック系
  • 対象スキル 精神学(Theosophy)
  • 消費MP 10×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 術者のパーティー
  • 主な効果 戦闘中だけ術者の仲間として戦うモンスターを召喚する。

最高レベルで召喚出来る可能性が高い、ファンタズマゴラはかなり強力で、戦闘で役に立つ呪文に乏しいサイオニック系の魔法の中では、なかなか便利な呪文と言える。

ウィザード・アイ/Wizard Eye

  • 呪文レベル 4
  • 習得系統      メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 消費MP 10×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 移動中
  • 主な効果 移動中に唱えると周辺のマップを表示する。表示されるマップの大きさや鮮明さは、パワーレベルに左右される。

パワーレベル6~7で召喚できる悪魔、ファンタズマゴラは終盤まで通用する位なので、冒険の中盤辺りで召喚すればかなりの強さを発揮してくれる。

スプーク/Spooks

  • 呪文レベル 4
  • 習得系統      メイジ系/サイオニック系
  • 対象スキル 魔術(Thau)/精神学(Theos)
  • 消費MP 7×パワーレベル
  • 攻撃属性 超能力(Psionic)
  • 効果範囲 敵全体
  • 主な効果 対象を恐怖状態にする

全体を状態異常にする珍しい呪文なのだが、いかんせん恐怖状態なのであまりアテに出来ない。

これもサイオニック系専用ではなく、メイジ系も覚える事が出来るので、たとえ役立つ効果だとしても微妙か……。

デス/Death

  • 呪文レベル 5
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 10×パワーレベル
  • 攻撃属性 生命力(Lifeforce)
  • 効果範囲 敵1体
  • 主な効果 対象を即死させる

1体にしか効果が無いので、活躍の場面は限られてしまう。

むしろ敵に乱発されるのが怖いので、生命力(Lifeforce)に対する抵抗が低い職業は注意が必要。

ロケート・オブジェクト/Locate Object

  • 呪文レベル 6
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 8×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 移動中
  • 主な効果 周辺に隠されたアイテムがあれば、その位置を表示する

ディティクト・シークレット同様、初見のプレイで活用すべき呪文…なのだが、空振りに終わるケースが大半なので、相応の根気が必要な魔法。

マインド・フレイ/Mind Flay

  • 呪文レベル 7
  • 習得系統      サイオニック系
  • 対象スキル 精神学(Theosophy)
  • 消費MP 18×パワーレベル
  • 攻撃属性 超能力(Psionic)
  • 効果範囲 敵全体
  • 主な効果 パワーレベル×4~16(4D4)のダメージを与える。

追加で混乱状態に出来そうだが、そんな事は無いダメージを与えるだけの魔法である。

ロケート・パーソン/Rocate Person

  • 呪文レベル 7
  • 習得系統      プリースト系/サイオニック系
  • 対象スキル 神学(Theol)/精神学(Theos)
  • 消費MP 16×パワーレベル
  • 攻撃属性 なし
  • 効果範囲 移動中
  • 主な効果 NPCが生きていればどこにいるかを表示させる。表示されるNPCの人数は、パワーレベルの強さに比例する。

NPCがいる地名が表示されるが「そのマップのどの辺りに居るか」までは分からないので、実際に行ってみてもなかなか会えない事がある。

とりあえず、マップを8×8区間に分けた内で、いずれかの区域に居るのは間違いないようだが……。

Wiz7攻略・システムTOPぺージへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする