SFC版・ウィザードリィ5 【災禍の中心】 転職無しプレイ動画 10~11

このページでは、スーパーファミコン版・ウィザードリィ5(災禍の中心)の転職無しでプレイした動画10~11を載せています。

SFC・ウィザードリィ5 転職無しプレイ動画10~11

プレイ動画10 地下6階の探索開始、アイテム稼ぎとマップ埋め

地下6階のモンスター

人間系の敵は呪文が効きやすいので大きな問題は無いが、強力な呪文を使う者もいるので決して油断は出来ない。

他のモンスターも一筋縄でいかない敵が多く、呪文が全く効かなかったり異様なHPを持っていたりと、シナリオ終盤に差し掛かっている事をうかがわせる。

「フロストジャイアント」は珍しく攻撃呪文よりも状態異常魔法が効きやすいので、「モーリス」や「ロクド」で動きを止める戦法が有効。

沼に巣食う者

地下6階の東部にあるダークゾーン地帯を抜けた先の小部屋には、「淀んだ沼」がある。

この沼の階層Bでは潜るたびに「スワンプシング」との戦闘になるが、この敵はそこまで強くない割にランクの高い宝箱を残すので、何度も戦って装備を整える事にした。

一番の目玉は悪魔系に大ダメージを与えられる「ファウストハルバード」で、その強力さと言ったら他の武器が霞むほどである。

 

不要な物は識別せずにNPCへ売却するが、買取額の高い「ロード・ハインマイティ」の所に行くのは面倒だったので、地下5階のランダムNPC「ロイヤルレディ」に売る事にする。

手に入れたアイテムはそこそこ高価な物が多いので、買取レート50%の「ロイヤルレディ」でもそれなりの額になり、実はボルタック商店に売った時と同じ価格である。

 

プレイ動画11 地下6階のイベント進行、探索の終了

イビルアイズ

地下6階のマップをほぼ埋めたのでこの階の主要なイベントをこなしていく。

まずはNPC「イビルアイズ」に会って「4枚のカード」「儀式とソーン」についての情報取集と、NPC「マイティヨグ」を封印を解く鍵となる「

「イビルアイズ」からロケットを奪えずに捕まると戦闘に突入するので、逃走失敗でHPの低い魔法使いが犠牲になる可能性があったが、早い段階で盗めたので良かった。

 

ただ、「イビルアイズ」に会う過程で呪文封じの部屋に入っているので、呪文封じが解ける歩数を歩く前にランダム戦闘になるとやはり危険。

死者が出た時の事を想定して、地下5階にある生き返りの泉へ向かいながら歩数を消費していった。

レディネプチューン

「イビルアイズ」のいた場所からそう遠くない場所にある深い井戸では、彼の占い通りここに4枚のカードの1枚である「ハートのクイーン」が手に入る。

カードを護るボス「レディネプチューン」は「打撃力・呪文・ブレス攻撃」どれを取っても強烈なので、HPが40台の魔法使いはどれを喰らっても死亡する可能性があったが、幸いにも死亡する事なく勝利を収めて「ハートのクイーン」を入手できた。

ここで魔法使いのHPが低い問題を解決するため、「ハートのクイーン」を入手した後も井戸に潜って「レディネプチューン」狩りを敢行、レベルアップに励んで耐久力の補強をした。

マイティヨグとマネキン

NPC「マイティヨグ」を封印から解く「金のメダリオン」片手に、ガラスシリンダーの元へ向かう。

彼から聞く情報は氷のフェリーと連動しているマネキンの組み立て方で、すでに知っていれば特に聞く必要もない物だが、情報を入手してからイベント遂行を行うのでしっかり聞きに行く。

ここで注意しなければならない点は、分解されたマネキンを見つけていない状態で「マイティヨグ」に会っても、マネキンについてパーティーが知らないので話が進まない事。

氷のフェリーと氷の城

NPC「マイティヨグ」から聞いた情報を元に、マネキンを組み立てて氷のフェリーを起動させた。

この船の行き先は「氷の城」で、地下6階北部の「ホービュル」から手に入れた「氷の鍵」を行き止まりの鍵穴に使えば、「ダイヤのキング」の所有者である「氷の王ロブナ」と対決する事が出来る。

ロブナ自体は「レディネプチューン」より弱いので大した相手ではなく、お供も「ティルトウェイト」と「マバリコ」で大体倒せるので苦戦させられる事は稀。

唯一の懸念材料は攻撃呪文が効きにくい「フロストジャイアント」がいる場合だが、これは状態異常魔法攻めにすれば動きを止めつつ戦える。

 

プレイ動画12に進む プレイ動画08~09に戻る Wizardry 総合TOPに戻る

SFC-災禍の中心 Wizardry5
スポンサーリンク
カテゴリー
投稿記事一覧

管理人:kai_lio(カイリオ)

以前はちょっとした生活の知恵や心構えなど、日々の生活で実践した事を書いていましたが、今は本家Wizardry、特に#7の攻略情報や動画などをブログに載せています。

当ブログはエックスサーバーのサービスを利用しています
kai_lio ブログ

コメント