【Wiz6】 不遇職パーティー 攻略動画20 【SFC版】

このページでは、スーパーファミコン版【ウィザードリィ6】を能力的に不利な職業のパーティーで攻略した動画「20」と、冒険の主な記録を載せています。

 

【*ゾーフィタス*戦】

ゾーフィタスやグレーター・デーモンは炎属性の呪文を多用してくるので、ファイアー・シールドの呪文を使えば受けるダメージをかなり減らせる。

これはSFC版特有の仕様であり、パソコン版ではマジック・スクリーン含め軽減効果がイマイチなので、SFC版のような絶大な効果を得られない。

唯一怖いのは大ダメージや石化、即死効果のあるプリズミックミサイルで、グレーターデーモンも使用してくる事を考えると、油断せずさっさと戦闘を終わらせた方が良い。

ゾーフィタスは物理攻撃でダメージを与えやすいし、グレーター・デーモンも通常の個体と同様アストラルゲートが効果的なので、速攻をかけるのは難しくない。

【ドラキュラ、レベッカとの決戦】

*ゾーフィタス*戦後の選択肢ではわざと間違えようとしたが、ここまでノーゲームオーバーで来たのと、レベルが上がってラスボス戦の難易度が下がる事を考えてこのまま進む事に。

SFC版ではドラキュラ、レベッカ両方に普通の武器が通るので、アベンジャーやバルカンハンマーでダメージを与えられれば有利に戦える。

ここで問題なのはサイオニックブラストやマインドフレイで発狂させられる事で、この時はセーンマインドの習得者が少なかったので、混乱をまき散らされるとかなり危なかった。

事前のレベルアップで覚えさせれば良かったのだが、クリスタルキーパー対策にパラライズの呪文を覚えさせる事に気を取られたのが不味かった(クリスタルキーパーを麻痺させてお供のマインドフレイヤーに集中する戦略だったが結局出ず)。

結果的には混乱攻撃で壊滅させられる事も無く、レベル18以下のキャラを即死させるアスフィクシエイションも使われなかったので、理想的な形で勝利を収める事ができた。

【隠しボスと対決】

シナリオ上はエンディングを迎えられる段階に入ったが、最後に隠しボスとも戦う事にする

この敵がいる部屋に入るには最高難度の鍵開けを行う必要があり、鍵穴を詰まらせてしまえば開けられなくなるので、その場合は普通に祭壇でエンディングを迎える予定だった。

鍵開けにはなかなか苦戦させられたが、何とかどうしようもなくなる前に扉を開ける事に成功、ブラックドラゴン*ベラ*との戦闘に突入する。

 

このモンスターは目潰し攻撃の耐性に若干の綻びがあるので、レンジャーと盗賊に目潰しを持たせて投げさせて弱体化を狙う。

呪文攻撃は盲目状態の行動キャンセルを掻い潜ってくるのが脅威だが、SFC版のマジックスクリーンは軽減効果が万能なので強気に戦っていける。

早い段階で目潰しが通った甲斐もあって*ベラ*の撃破に成功、周囲のマップを埋めてエンディングを迎えた。

【攻略を終えた感想】

能力的に不利な職業のパーティーでクリアしてみた感想だが、そこまで辛いとは感じなかった。

戦闘において力負けや長期化は避けられないのを覚悟していたが、基本的には状態異常の魔法アイテムを活用する事で、呪文が覚えられない戦士や盗賊もそれなりに機能させる事ができた。

5グループに渡ってモンスターが出てくると流石に厳しかったが、このパーティー構成でもそれなりに対処できると分かったのが収穫だった。

 

一番の誤算は盗賊の罠外しが思いの他失敗した事で、一番適正を持っている盗賊の腕がこれでは、もうノックノックの呪文で済ませれば良い事になってしまう。

PS版#7では指先技100なら高難度の罠でもほぼ確実に成功していたが、SFC版#6に関しては全く信用できなかったのは本当に意外だった。

【クリア時の主なステータス】

職業レベルHP速さ主要スキル
ロード14→16134→15518メイス81→91・短刀78→98・発生術100・神学98
戦士18→20177→19718剣99・工芸学100・書術67
レンジャー14→16109→13018短刀100・杖97・錬金術76→94
盗賊19→21108→11919指先技100・忍術39・工芸学100・書術50→62
サイオニック15→1694→10116→17発生術100・精神学98・工芸学96
ビショップ14→1562→8518発生術100・魔術98神学58→68

 

不遇職動画19へ戻る Wizardry 総合TOPに戻る

SFC-禁断の魔筆 Wizardry6
スポンサーリンク
カテゴリー
投稿記事一覧

管理人:kai_lio(カイリオ)

以前はちょっとした生活の知恵や心構えなど、日々の生活で実践した事を書いていましたが、今は本家Wizardry、特に#7の攻略情報や動画などをブログに載せています。

当ブログはエックスサーバーのサービスを利用しています
kai_lio ブログ

コメント